ウインドウズ10を起動したら、起動画面でくるくる回ってる画面から先に進まなくなったり、起動画面で止まったまま起動しないなど「自動修復」で正常に起動ができる場合もあります。
Windows10が突然起動しなくなった時は、前回正常に起動し使っていた環境を思い出してみてください。
今回起動する前に、ドライバーのインストール、ソフトのインストール、新しい機器の接続など、環境が変わっていないか。
もし環境が変わっているのならそれが原因だとも考えられます。

1. 電源スイッチを入れ、起動画面が表示されたら電源ボタンをシャットダウンするまで押し続けて「強制終了」します。
パソコンの電源が切れましたら、再び電源を入れ再度「強制終了」をします。
「強制終了を2回」行う事で「自動修復」を呼び出す事ができます。

※強制終了の実行はハードディスクにダメージを与える事がありますので、緊急時以外は行なわないようにしてください。
Windows10 起動

2. 三回目の電源スイッチを入れると、起動画面に「自動修復を準備しています」と表示され、次に「PCを診断中」と表示されますので、そのまま待ちます。
ウインドウズ10 自動修復 起動

3. 「自動修復」の画面が現れますので「詳細オプション」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 詳細オプション

4. 「オプションの選択」の画面が現れますので「トラブルシューティング」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 トラブルシューティング

5. 「トラブルシューティング」の画面が現れますので「詳細オプション」をクリックします。
ウインドウズ10 自動修復 トラブルシューティング 詳細オプション

6. 「詳細オプション」の画面が現れますので目的の修復方法を選択(クリック)します。
Windows10の修復方法は、安全に作業ができる「システムの復元」を推薦します。
「システムの復元」をクリックすると復元作業のウインド開きますので作業を進めます。
復元の方法は「Windows 10 システムの復元でトラブル解消」を参考にしてください。
ウインドウズ10 自動修復 詳細オプション
ウインドウズ10 自動修復 システムの復元

「詳細オプション」の内容
・システムの復元
パソンコンを以前の状態に戻します。

・イメージでシステムを修復
別途バックアップのイメージを作製しておりその状態に戻す。

・スタートアップ修復
自動でスタートアップの不具合を修復するものですが、この作業には注意してください。
修復作業はかなり時間がかかりますので、途中で修復作業が止まってしまったと思い「強制終了」をする人もおられます。作業が終了するまでひたすら待ってください
修復作業中に強制終了した場合、最悪システムが壊れ修復できなくなる場合がありますので注意が必要です。
また「スタートアップ修復」での修復の完成確立も低いようです。

・コマンドプロンプト
その名のとおり「コマンドプロンプト」が立ち上がります。コマンドプロンプトが使える方はかなり便利ですが、一般ユーザーはあまり利用しないでしょう。

・スタートアップ設定
セーフモードの起動方法を設定します。スタートアップ設定を実行すると再起動され「セーフモード」が利用できます。
セーフモードでウインドウズ10が起動できるなら、起動後「システムの復元」や「ドライブのエラーチェック」や前回インストールしたドライバーのアンインストールなどできますので「スタートアップ設定」も安全に修復作業ができると思います。

・以前のビルドに戻す
ウインドウズ10のアップデートによる不具合にで起動障害が起こった時に、パソコンをアップデート前の状態に戻す修復作業です。
またアップデート後にインストールしたソフトなども削除されます。作製したファイルやフォルダーには削除されません。

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ