Windows Vistaでは通常「サイドバー」内にガジェットを表示していましたが、Windows 7 ではデスクトップの好きなところに、ガジェットを表示します。 ※Windows7では株価のガジェットがなくなりました。
参考:windows 7 ガジェットで株価を表示

ガジェット(Gadget)には、通貨換算、天気予報、などが一定の間隔で更新されるものがあります。他にも時計やカレンダー、付箋(メモを貼る)などの機能もあります。
また、新しいガジェットが次々とネット上で公開されているので、お気に入りのガジェットを探して使えます。 お気に入りのガジェットを追加して、好きな場所に配置し、ユーザーにあった使いやすいデスクトップ環境を作るということがWindows ガジェット機能です。

1. デスクトップ画面のアイコンなどが何もない、ところを右クリックし、ショートカットメニューの「ガジェット」をクリックします。
デスクトップ ショートカットメニュー

2.追加するガジェットを選択(クリック)して、ダブルクリックすればデスクトップにガジェットが表示されます。
ガジェットの追加時の初期状態では、デスクトップの右側に表示されます。移動したい場合はアイコンを移動するように、ガジェットをクリックしたまま、ガジェットを動かして好きなところへ移動できます。
このイメージはWindows7のRC版につき、株価のガジェットがありますが、製品版から株価のガジェットは無くなりました。
ガジェット選択ウィンド

NOTES:
Vistaの、ガジェットは「サイドバー」のプロパティで表示、非表示などの設定をしていましが、Windows 7 では表示されている、ガジェットの「非表示」は個々のガジェットで行います。
Windows 7 でのガジェット非表示は、マウスポインターをガジェット上に移動し、メニューが表示されますので、閉じる[X]をクリックします。

その他 Windows 7 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 7 のサポートコンテンツ