共有設定「ネットワークのファイルとフォルダーの共用」のRSS 共有設定「ネットワークのファイルとフォルダーの共用」の説明を印刷する

「共用設定」をすれば任意のフォルダーを、他のパソコンからネットワーク経由で、読み書きができるようになります。また、設定にて読み込みだけを許可して、ファイルの変更を行わせないこともできます。
Winsows 共用設定は、Windows 7、Windows Vista、Windows XPなど違うバージョン 同士でも、ファイルの共有ができます。

1. 共用したい任意のフォルダー上で右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
共用設定

2.「フォルダーのプロパティ」ウィンドが開きますので、「詳細な共用」をクリックします。
(備考1.)プロパティウインド内の「共用」でも設定は可能です。
フォルダー プロパティ

3.「このフォルダーを共用する」にチェックマークを付け、「アクセス許可」をクリックしてください。
詳細な共用

4.「Everyone」が選択されていることを確認します。
デフォルトでは「読み取り」のみにチェックマークが付いています。この状態は、他のパソコンからは「読み取り」のみを許可する設定です。
他のパソコンからも、ファイルの書き換えを許可する場合は「変更」に追加チェックマークをつけます。さらにフォルダー内のファイルなどの削除を許可する場合は、「フルコントロール」にもチェックマークを付けてます。
共用アクセス許可

5.開いている共用設定のウインドの「OK」をクリックして閉じます。下部にあるフォルダーの詳細に「共用」と表示されていれば完了です。
共用フォルダ

Notes:windows 7共有設定「ネットワークのファイルとフォルダーの共用」

共用設定で「Everyone」にて設定しましたが、「Everyone」とは全てのユーザーアが対象になります。「詳細な共用」ではダイレクトに「Everyone」の設定ができるため、本項ではこちらの設定を使用しました。
ユーザー別にアクセス許可を設定する場合は、「共用」の設定でユーザーを選択するか、新しくユーザーを作成して共用フォルダーに、アクセスの許可ができるように追加します。

このページのアドレス: http://www.pasoble.jp/windows/7/08816.html