IPアドレスを設定する「ネットワークのIPアドレスを任意に指定したい」の説明を印刷する

ルーターなどで、DHCP(IPアドレスの自動設定)を使用して、パソコンが起動するたびにIPアドレスを取得するより、IPアドレスを設定することによって起動の「高速化」につながる場合もあります。
例えば、アンチウイルスソフトは通常であれば起動時に、ワクチンなどをアップデートします。またメッセンジャーなども起動時にネットワークを使用してログインします。起動時にネットワークのIPアドレスを自動取得に設定していると、取得が完了してからこれらの作業が行われるので、多少のロスタイムはでている。

1. タスクバーの通知領域のネットワークアイコンを右クリックして、「ネットワークと共用センター」をクリックします。
通知領域ネットワーク

2.「ネットワークと共用センター」ウィンドが開きますので、「アダプターの設定の変更」をクリックします。
ネットワークと共用センター

3.「ローカルエリア接続」のアイコン上で右クリックして、「プロパティ」をクリックしてください。
ここではデフォルトの「ローカルエリア接続」にて設定していますが、ネットワークカードが複数の場合や、ワイヤレスネットワークカードがセットされいるパソコンでは、「ローカルエリア接続2」などの表示で複数のアイコンがあります。また、PPPoE接続の設定をしていればそのアイコンも存在します。IPアドレスを設定したい、目的のネットワークカードのアイコンを選択してください。
詳細な共用

4.「Internet Protocol Version 4 (TCP/IPV4)」を選択して、「プロパティ」をクリックしてください。
ここでは「Internet Protocol Version 4 (TCP/IPv4)」にて説明しています。環境に合わせてIPv4またはIPv6を選択してください。
ローカルエリア接続のプロパティ

5.「次のIPアドレスを使う」を選択クリックすると、IPアドレスの「入力エリア」が入力可能になりますので、任意のIPアドレスを入力します。
開いている全プロパティウインドの「OK」をクリックして完了です。

(TCP/IPV4)プロパティ

Notes:windows 7IPアドレスを設定する「ネットワークのIPアドレスを任意に指定したい」

IPv6アドレスは16進数で表示し,コロンで4桁ごとに区切られています。
IPv6のIPアドレスの例:FFDC:0011:0002:0000:0000:0A11:0000:0001 先頭の「0」は省略して記述することもできます。連続してコロン内が「0」であれば一度だけ省略できます。「0000:0000 = 無記述」
省略結果:FFDC:0011:2::A11:0:1