株価のガジェットを表示の説明を印刷する


現在この設定による「ガジェットの株価」の表示はできないようです。

Windows 7はガジェットの株価がありません。Windows Live Gallery から株価ガジェットをダウンロードして、インストールできるものの「サービスに接続せきません」を表示され、株価は表示されません。

Windows7でガジェットの株価を表示する方法は、公式ガジェットでは現在Windows7対応の株価ガジェットは用意されいませんので、非公式のガジェットをインストールして株価のガジェットを表示します。

非公式の代表的な株価ガジェットは二つあるようですが、〔Stocks3〕〔Stocks for Windows 7〕どちらも言語は英語です、しかもインストールが簡単な「Stocks3」では日本の個別株価の表示ができないのであまり意味がありません。しかし、ブログサイトの「とあるソニー好きなエンジニアの日記」にてStocks for Windows 7 の良い方法を示されていますので、さらに詳しく設定方法を説明します。

1.Stocks for Windows 7 のダウンロード
Stocks for Windows 7 をダウンロードします。Stocks for Windows 7 ダウンロードページ
「ダウンロード」のボタンをクリックすると、メッセージが現れますので「インストール」をクリックします。

Windows7の株価表示ガジェットのダウンロード
Windows Virtual PC
注意:ダウンロードの選択にて「開く」をクリックして「インストール」をクリックしても、インストールは完了しません。ダウンロードファイルは「保存」をクリックして保存します。

2.Windows公式のガジェット株価をインストールします。
ダウンロードをクリックします。こちらは公式なのでメッセージはでません。

公式ガジェット株価のダウンロード
公式ガジェット株価のインストールは、保存せずに「開く」をクリックして直接インストールします
株価ガジェットのダウンロードを開く
セキュリティのメッセージが出たら「実行する」をクリックします。
セキュリティーメッセージ
このガジェットをインストールしますかと、メッセージウインドが現れますので「インストール」をクリックします。
株価ガジェットのインストール
インストールが完了すると、デスクトップ上に「株価ガジェット」がサービスはご利用になれませんとメッセージがでますので、このガジェットを閉じてください。
デスクトップにある株価ガジェット

3.Stocks for Windows 7 のインストールの準備
先ほどダウンロードした「StocksForWin7」ファイル名をStocksForWin7.gadget から StocksForWin7.zip に変更します。
名前の変更は、目的のファイル上で右クリックして「名前の変更」をクリックします。 StocksForWin7のファイルの拡張子をZIPに変更
「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります」と警告がでますが、「はい」をクリックして変更します。
gadgetから拡張子をZIPに変更
名前の変更が済みましたら、StocksForWin7.gadgetをダブルクリックして、圧縮(zip)ファイルを展開します。
次に「en-US」のフォルダーをダブルクリックして開きます。
次に「js」フォルダーをダブルクリックして開きます。とりあえず、この状態のまま(開いたフォルダーを閉じずに)次の作業を行います。

[スタート]-[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
ココカラ AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets\Stocks_Windows_SideShow_ja-jp.gadget\js ココマデをコピーして、名前の欄に貼り付けて、[OK]をクリックします。
公式株価ガジェットのフォルダーを開く

[ファイル名を指定して実行] が見当たらない場合は、こちらをクリックしてください。

[スタート]右クリック →[プロパティ] をクリックします。
スタート プロパティ

[カスタマイズ]をクリックします。
タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ

[ファイル名を指定して実行]にチェックマークを付け、[OK]をクリックします。
タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ のウインドも[OK]をクリックし閉じます。これで[ファイル名を指定して実行] がスタートメニューに追加されます。
スタートメニューのカスタマイズ

またはエクスプローラーで、ローカルディスクCユーザーアカウント名のフォルダーAppDataLocalMicrosoftWindows SidebarGadgetsStocks_Windows_SideShow_ja-jp.gadgetの順でフォルダーを開いてもかまいませんが、隠しファイルを表示する設定をしていないと、目的のファイルにたどり着けません。
参考:隠しファイル、隠しフォルダーの表示
公式株価ガジェットのフォルダーが開いたら、次は最終作業に進みます。

4.Stocks for Windows 7 のインストール
先ほど開いたままにしてある、StocksForWin7の「js」フォルダー内にある、「docked.js」「stocks.js」「undocked.js」「util.js」ファイルをコピーします。
次に、ファイル名を指定して実行して開いた、公式株価ガジェットの「js」フォルダー上に四個のファイルを上書保存します。
Windows7で株価ガジェットを表示する
コピーしの確認ウインドがでますので「コピーして置き換える」をクリックします。
Windows7でガジェットの株価をStocks for Windows 7で表示する
これで、Stocks for Windows 7 のインストールは終了です。

5.Windows 7 に株価のガジェットを表示する
開いているフォルダーを閉じて、アイコンなど何もないデスクトップ上で右クリックして、メニューにある「ガジェット」をクリックします。
ガジェットの設定
ガジェットの一覧ウインドが、現れますので「Side Show 用株価」をダブルクリックするか、クリックしたままデスクトップにドラッグします。

ガジェットの株価の設定
これで、株価のガジェットの表示ができるようになります。
デスクトップにある株価のガジェット
Question:
Windows7の製品販売前の、RC版(無料お試し版)では、株価ガジェットがあり、通常に動いていたのですが、RTM版(製品の開発最終版)では既に株価ガジェットは消えており、製品版にも株価ガジェットはありません。Winodwws Vistaでは現在でも通常通り株価ガジェットが利用できるのに、なぜWindows7では利用できないのか疑問です。