XP モードの使い方「Windows 7でXP用アプリを実行」の説明を印刷する


Windows XP Modeは、Windows 7上でVirtual PC(仮想マシーン)を利用したWindows XPマシンを動作させ、その上でWindows XP用アプリケーションプログラムを動作させることができる。Windows 7 非対応のアプリケーションプログラムは、もちろんWindows 7で動作しない。それをXP モードを使うことによって、Winodws XP 対応Winodows 7非対応のアプリケーションプログラムを、あたかもWindows 7 上で作業をしているような感覚で、プログラムを起動し作業できることが特徴です。
マイクロソフトが用意されている、通常の「Virtual PC」では、あくまでも仮想マシーンを立ち上げたウインド内でアプリケーションプログラムの、起動および作業となる。

XP mode のインストールはこちらのページ〔XP モードのインストール
XP mode の使い方「設定編」はこちらのページ〔XP モードの使い方「設定編」

2.Windows XP モードにプログラムをインストール
仮想マシーン(XP モード)にプログラムをインストールして、Windows XP 対応 Windows 7 非対応のアプリケーションプログラムを、Windows7 のデスクトップ上で実行する。
XP モードを起動します。
仮想マシーン XP Mode の起動
起動した、XPモード 仮想マシーンのウインド
XP Mode のウインド

CD/DVDドライブにインストールディスクをセットします。自動再生が実行されない場合は仮想マシーンウインド内の「スタート」→「マイコンピューター」を開き、CD/DVDドライブをダブルクリックまたは、ディスクを開いてセットアップを実行します。
仮想マシーン CD/DVDドライブを開く(実行)
通常にインストール作業を進めます。ここでは、見本として「Inter Video の Win DVD」をインストールしています。

XP Mode へプログラムのインストール

インストールが終了したら、ドライブからディスクを取り出し、XP モードを終了します。
Windows7 の「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows Virtual PC」→「Windows XP Mode アプリケーション」と進めば、XPモードでインストールした、プログラム名のフォルダーがあります。ここでは見本として「InterVideo WinDVD 4」を使用しています。
目的のフォルダーをクリックして、目的のプログラムアイコンをクリックすると、仮想マシーンの別ウインド内ではなく、Windows7のデスクトップ上でプログラムが開きます。
XP Mode へインストールしたプログラムの実行
※もしXPモードを終了していない状態では「仮想マシーンを終了する必要がある」とメッセージがでますので「続行」をクリックしてください。
仮想マシーンの終了リクエストメッセージ
アプリケーションプログラムの実行、ここで通常と違うのが、タスクバー「」にあるように、起動しているプログラムのアイコンは、XP モードのアイコンになっている事に注意してほしい。
プログラムの終了は、通常通りの終了方法でよい。プログラムが終了するとタスクバーにあるXPモードのアイコンも消える。
XP Mode へインストールしたプログラムの起動状態

NOTE:
Windows XP Modeとは、Windows Virtual PC(仮想マシーン)上で動作させるWindows XP SP3である。日本語Windows 7上では日本語のWindows XP SP3が利用できる。また、このWindows XPを利用するために追加のOSライセンスは不要であり、利用者は自由にXPモード用のXP SP3をダウンロードし、Windows 7にインストールができる。また、Windows XP Mode の仮想化環境はユーザーごとに独立して設定し利用ができる。