ファイルが共有できないの説明を印刷する


Windows 7 ファイルのが共有できなくなった

この前までファイルの共有ができていたのに、突然ファイルの共有ができなくなったような場合など、レジストリの編集で修復できる場合があります。
※レジストリを編集しますので慎重に作業を進めてください。またあくまでも自己責任でお願いします。

1. [スタート]-[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
ファイル名を指定して実行

[ファイル名を指定して実行] が見当たらない場合

[スタート]右クリック →[プロパティ] をクリックします。
スタート プロパティ

[カスタマイズ]をクリックします。
タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ

[ファイル名を指定して実行]にチェックマークを付け、[OK]をクリックします。
タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ のウインドも[OK]をクリックし閉じます。これで[ファイル名を指定して実行] がスタートメニューに追加されます。
スタートメニューのカスタマイズ

2.名前の欄に「 regedit」と入力し「OK」をクリックし、「レジストリエディタ」を開きます。
レジストリエディタ
途中「ユーザーアカウント制御」のメッセージウインドが現れ、実行の許可を尋ねてきますので、「はい」をクリックします。 UAC(ユーザー アカウント コントロール)の設定を「無効」にしている場合はこのウインドは現れません。
参考:「ユーザーアカウント制御」のメッセージを無効にして効率よく作業をする。
ユーザーアカウント制御

3.レジストリエディタの[HKEY_LOCAL_MACHINE¥System¥CurrentControlSet¥Control¥Lsa]を開きます。「HKEY_LOCAL_MACHINE」をクリックし、キー名「System」→「CurrentControlSet」→「Control」→「Lsa」を順にクリックし展開します。
空白部分を右クリックし、新規にマウスををかざすとメニューが出ますので「DWORD(32ビット)値」をクリック。

レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE¥System¥CurrentControlSet¥Control¥Lsa

3.新たに作られた値のの名前「新しい値 #1」を「LmCompatibilityLevel」に変更します。
名前の変更が完了したらダブルクリックして、値の編集用ウインドを開きます。
値を「2」に変更して「OK」をクリックしウィンドを閉じ完了です。
レジストリエディタを閉じ、パソコンを再起動します。

ファイル共有 レジストリ編集

NOTES:
まだファイル共有ができない場合は、ネットワークと共有センターを開きネットワークの設定をやり直すと解決する場合があります。