PCサポート  

パソブル

Windows の設定はコチラからご覧になれます

サイプレス、次世代USB-C電源アダプターや充電器のデザインを簡素化する高度に統合されたコントローラーを発表



サイプレス、次世代USB-C電源アダプターや充電器のデザインを簡素化する、

高度に統合されたコントローラーを発表

  

  プログラマブルなEZ-PD CCG3PAコントローラーはPower Delivery 3.0およびQuick Charge 4.0をサポートし、ファームウェア アップデートで規格変更への対応が可能サイプレス セミコンダクタ社(米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CY)は2017年5月31日(米国時間)、台湾の台北で開催中のCOMPUTEXにおいて、電源アダプターやモバイル充電器、車載充電器、電源バンクのデザインを簡素化する、Power Delivery (PD)機能搭載の新しいUSB-Cコントローラーの出荷開始を発表しました。このEZ-PD(TM) CCG3PA コントローラーは、Programmable Power Supply (PPS)およびQualcomm社のQuick Charge (QC)4.0プロトコルと共にPD3.0規格をサポートしており、これからの電源製品に求められる高速充電ユーザーエクスペリエンスを実現します。これら規格やUSB Type-C規格が進化し続けるにつれて適合性や相互運用性が絶えず問題となりますが、プログラマブルなCCG3PAコントローラーはファームウェアのアップグレードが可能なため、規格変更への対応や相互運用性の問題を解消します。サイプレスのEZ-PDCCG3コントローラーは、複数のディスクリート部品をシングルチップ ソリューションに置き換えることにより、比類のない高いレベルの統合性を実現し、部品コストの最小化とデザインの簡素化を可能にします。EZ-PDCCG3PA コントローラーの詳細はjapan.cypress.com/ccg3paをご覧ください。

  

  サイプレスのワイヤード コネクティビティ ビジネス ユニット担当副社長である Ajay Srikrishnaは、「今年はUSB-Cの普及拡大に伴い、USB-C電源に対する需要の増加が見込まれます。その結果、電源アダプターやモバイル充電器、車載充電器、および電源バンクのメーカー企業は、急速に変化するUSB規格に対応しながら、素早い市場投入を迫られることになります。高度に統合されたEZ-PD CCG3PAコントローラーは、必要な充電規格のサポートに加え、ファームウェアのアップグレードによって規格の変更に対応することが可能で、USB-C電源製品のデザインを簡素化するよう最適化されています」と述べています。

  EZ-PD CCG3PAコントローラーは、定電圧および定電流、PPSアプリケーション用の誤差増幅器や、VBUSからの直接オペレーションを可能にする30Vレギュレータ、VBUS-CC(Configuration Channel)短絡保護、高電圧パワーFET、ロー側電流検出アンプ、レガシー充電器検出プロトコル、およびシステムレベルの静電放電(ESD)保護を統合したワンチップソリューションです。また、プログラマブルな過電圧および過電流保護回路により電力過負荷やその他の異常動作条件からシステムを保護します。このコントローラーはまた、ARM(R) Cortex(R)-M0に加え、Read-While-Write機能によりファームウェアのアップグレードを可能にする64KBフラッシュを統合しています。携帯電話やノートパソコンなど幅広い製品において、USB-C電源アダプターを容易に統合できるようになります。

  

  

  

  CypressやCypressのロゴはサイプレスセミコンダクタ社の登録商標であり、EZ-PDはサイプレスセミコンダクタ社の商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

  

  

日本サイプレス(株)

http://www.cypress.com/?l=2

*記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。