シングルクリックの説明を印刷する

Windows 8 アプリやファイルをシングルクリックで開く

Windows 8 のデフォルトでは、拡張子を表示しない設定になっています。
拡張子とは、ファイル名のドット「.」以降に付属するもので、ファイルタイプを認識し、その拡張子をどのプログラムで開くかなど、関連付けられています。
縮小画像で表示されている画像は、全て同じように表示されますが、この画像にも幾つかの種類があり、種類べつに拡張子が違います。
代表的な画像の拡張子「.jpg」「.bmp」「.gif」「.png」

キーボードの「Windows」キーを押しながら「X」キーを押します。画面の左下にメニューが現れますので「コントロールパネル」をクリックします。
マウス操作では、ディスプレイのアイコンが無い場所で右クリックします。「全てのアプリ」をクリックし「コントロールパネル」をクリックします。
Windows 8 メニュー表示

「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。
Windows8 フォルダーオプション デスクトップのカスタマイズ

「フォルダーオプション」をクリックすれば、フォルダーオプションウインドが開きます。
Windows8 コントロールパネル フォルダーオプション

「クリック方法」にある「ポイントして選択し、シングルクリックで開く」にチェックマークを入れる。
Windows8 コントロールパネル フォルダーオプション