「自動 ログオン|サインイン」起動時にパスワードの入力を省略するのRSS 「自動 ログオン|サインイン」起動時にパスワードの入力を省略するの説明を印刷する

Windows 8 に自動ログオンするには、設定しているパスワードを削除するか、パスワードは削除せずに自動ログオンする。この二種類の設定が可能です。
一人専用(一つのアカウント設定)で使用して、セキュリティを気にせず、リモートデスクトップなどの利用もしないなら、パスワードの削除による自動ログインが簡単です。
パスワードを設定しなおかつ起動時に自動ログオンする場合は、パスワードを忘れないよう注意する必要があります。ログオフした場合(スクリーンセーバーの設定で再開時ログオン画面に戻るなど)パスワードの設定が必要なアプリケーションなど、パスワードの入力が必要になります。起動時にパスワード無しに自動ログオンできるので忘れがちになります。パスワードは忘れないでください。

このページでは「パスワードを設定し起動時に入力を省略する」方法を紹介しています。

Windows 8 起動時にパスワードの入力を省略する(自動ログオン、パスワードは設定する)

キーボードの「Windows」キーを押しながら「X」キーを押します。画面の左下にメニューが現れますので「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
マウス操作では、ディスプレイのアイコンが無い場所で右クリックします。「全てのアプリ」をクリックし「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
Windows 8 ファイル名を指定して実行

名前の欄に「control userpasswords2」 と入力し[OK]をクリックし、ユーザーアカウントウインドを開きます。
Windows8 自動ログオン ユーザーアカウントウインド

「このコンピューターのユーザー」のフレーム内にて、自動ログインしたいユーザーをクリックし選択します。
Windows8 自動ログオン ユーザーアカウントウインド

「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックマークをは外します。作業を確認し、間違えがなければ「適用」をクリックします。
Windows8 コントロールパネル 自動ログオン ユーザー名とパスワードの入力が必要のチェックマークをは外す

「パスワード」「パスワードの確認入力」に同じパスワードを入力して、「OK」をクリックして完了です。次回の起動より、パスワードの入力が省略されます。
Microsoft アカウントで自動ログオンする場合は、ユーザー名には「Microsoft アカウントのメールアドレス」パスワードには「Microsoft アカウントのパスワード」を必ず入力してください。
※「パスワードは必ず入力してください」ここで入力するパスワードは、現在使用しているパスワードが良いでしょう。設定済みのパスワード以外でもかまいませんが、「control userpasswords2」でパスワードを設定した場合、現在使用している「パスワードは破棄され」今後ここで入力設定したパスワードに変更されます
パスワードを入力せず空白のまま設定を終了し再起動すると、管理者制限が無くなりユーザーの権限のみでしかパソコンが利用できなくなり、最悪の場合はログオンできないこともあます。
パスワードの削除で自動ログインする場合はこちらのページを参考にしてください。
Windows 8 に自動ログオン「パスワードを削除してログオンする」
Windows8 コントロールパネル 自動ログオン パスワードの設定

「OK」をクリックして、ユーザーアカウントウインドを閉じます。
再起動をし、パスワードを入力せずにログインできる事を確かめます。

Windows8 コントロールパネル 自動ログオン 設定終了

もし設定ミスをし、管理制限がなくなった場合は以下の方法で回復できる場合もあります。

PCをセーフモードで起動します。

通常のようにログオンします。

シャットダウンではなく「ログオフ」する

「ログオフ」をしたら「Administrator」をクリックし再度ログオンする
Administratorのパスワードを設定している場合は、パスワードを入力してログオン。 ↓
自動ログオンの設定と同じように「ファイル名を指定して実行」にて control userpasswords2 を入力して「OK」をクリック。

自動ログオンの設定を解除します
プロパティ → グループメンバーシップと進み
「管理者」にチェックマークを付ける。
「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードが必要」にチェックマークを付ける。
パスワードの入力要求があれば、パスワードを入力する。

再起動し、先ほど入力したパスワードでログオン。
「自動ログイン」を設定したい場合は、再度「自動ログイン」の設定をする。

NOTE:
この「自動ログオン」の設定をした状態で、コントロールパネルのアカウントユーザー及び、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」のメニューなどからパスワードを変更した場合、「自動ログイン」で設定したパスワードが破棄され、次回起動時に「ユーザー名またはパスワードが正しくありません」と表示され、パスワードの入力を求められるようになります。再度「自動ログイン」をしたい場合は、このページの方法で最初から設定をする必要があります。