- BitLocker ドライブ暗号化の有効無効の確認と解除方法-パソブル PC Tips
パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

BitLocker ドライブ暗号化の有効無効の確認と解除方法

最終更新日
公開日

Windows BitLocker が有効か無効かはローカルディスクのアイコンや、ディスクの管理で確認できます。BitLocker の暗号化の解除は、管理者でサインインしているなら、回復キー無しでコマンドプロンプト、または Pro 版ならコントロールパネルから簡単に解除ができます。   このページでは、BitLocker が有効か無効かの確認と、暗号化の解除方法を紹介しています。Windows11 の画面を利用していますが10も同じ操作や内容です。
BitLocker の回復キーの確認は下記のページをご覧ください。
Bitlocker 暗号化を解除する回復キーの確認方法

スポンサーリンク


Windows BitLocker とは

Windows BitLocker とは、ディスクドライブを暗号化して、ディスクドライブなら他のPCに接続しても回復キーが分からないと、中身が見えずコピーもできない状態になり、ドライブの紛失や盗難などにも有効的な機能です。また、USBメモリなどのリムーバブルドライブにも対応していて、中身を開くためのパスワードを設定することもできます。 BitLocker は Pro版のみ有効な機能ですが、Home版でもコマンドによる BitLocker の操作ができます。そのため、メーカー制のPCの機種によっては Home版 で知らずに BitLocker の暗号化が有効になっている場合もあります。BitLocker の有効/無効の確認はしておいた方が良いでしょう。

BitLocker のメリット

BitLocker の暗号化を有効にしている場合で、管理者パスワードが分かららずサインインできない状況なら、他のPCに接続しても「回復キー」が分からない限り、ドライブの中身を見る事は基本的に不可能で、セキュリティの強化対策ができます。  また、クリーンインストールで、Windows を復活させてもクリーンインストール前の暗号化されたデータを、見ることもできません。

BitLocker のデメリット

回復キーが分からない場合で、Windows が起動しなくなったり、何だかの不具合で Windows が起動する前に「回復キー」の入力を要求された場合、回復キーが分からなければどうしようもない状況になり、クリーンインストールの道しか残されておらず、以前のデータを復元することができなくなります。  回復キーが分かっていても、TPM(暗号機能)が搭載されていないマザーボードやパソコンでは、 BitLocker で暗号化されたドライブを接続しても中身は見れない。

USBメモリなどのリムーバブルドライブにパスワードをかける

BitLocker では、USBメモリなどのリムーバブルドライブを暗号化してパスワードを設定することができます。USBメモリを開くときに、パスワードが分からないと、ロックを解除することができないようにすることができます。
USBメモリにパスワードを設定して暗号化する BitLocker Windows


BitLocker ドライブ暗号化が有効か無効か確認する


BitLocker ドライブ暗号化が有効か無効かは、エクスプローラーや設定、コントロールパネルやディスクの管理で確認できます。ここでは、簡単に確認できるエクスプローラーディスクの管理から確認する方法を紹介しています。

エクスプローラーで BitLocker の有効無効を確認

BitLocker 暗号化が有効な場合の表示

エクスプローラーで「PC」を開いて、「ローカルディスクC:」に鍵のアイコンが表示されていれば、BitLocker の暗号化は有効になっています。
BitLocker が有効な場合のローカルディスクのアイコン 

BitLocker 暗号化がされていない場合の表示

BitLocker の暗号化が無効なら、ローカルディスクは通常のアイコンで表示されています。
BitLocker の暗号化されていない場合のローカルディスクのアイコン

ディスクの管理から BitLocker の有効無効を確認

「スタート」ボタンを右クリックしたメニューの「ディスクの管理」をクリックします。
BitLocker が有効な場合のローカルディスクのアイコン
Windows10 でもスタートを右クリックすれば、メニューが表示されます。  

■ ディスクの管理で BitLocker 暗号化が有効な場合の表示

ディスクの管理で、BitLocker の暗号化が有効なら、「BitLocker で暗号化済み」と表示されています。  ディスクの管理でBitLocker が有効な場合BitLockerで暗号化済みと表示 

■ ディスクの管理で BitLocker 暗号化が無効な場合の表示

ディスクの管理で、BitLocker の暗号化が無効なら、暗号化について何も表示されません。
ディスクの管理でBitLocker が無効な場合は何も表示されない


コマンドプロンプトで BitLocker 暗号化の解除 Home/Pro

管理者のユーザアカウントでサインインして、コマンドプロンプトを管理者で起動すれば、回復キーの入力無しで BitLocker の暗号化を解除することができます。   1. コマンドプロンプトを管理者で起動します。
  • キーボードの「Windows」キーを押した後に、「cmd」と入力します。
  • 検索画面が表示されたら、コマンドプロンプトの「管理者として実行」をクリックします。
  • ユーザアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックしてください。
※この操作は、検索で「cmd」と入力する操作と同じです。
Windows 検索から管理者でコマンドプロンプトを起動  2. コマンドプロンプトに
manage-bde –off C:
と、入力してキーボードの「Enter」を押します。コマンドのC: は暗号化を解除するドライブ文字です環境により変更してください。
BitLocker の暗号化を解除するコマンド
> manage-bde –off C:
3.「暗号化の解除は現在実行中です」と表示されれば、BitLocker 暗号化の解除の操作が開始しています。
BitLocker の暗号化解除の実行中 4. 暫く経ってから暗号化の解除が完了したか manage-bde –status C: と入力して確認します。
BitLocker の暗号化解除の完了
「変換状態」が 「暗号化は完全に解除されています」と表示されれば、BitLocker 暗号化の解除は完了です。
ドライブの使用容量など環境により、時間が掛かることがあります。完了していない場合は、再度 manage-bde –status C: コマンドで確認してください。
スポンサーリンク


コントロールパネルで BitLocker 暗号化の解除 Pro版

Windows Pro版 のコントロールパネルから、BitLocker の無効化して解除するには、管理者のユーザアカウントでサインインして、クリック操作で暗号化を完全に無効化、または一時的に無効化にすることができます。また、BitLocker を無効化しても何時でも有効化することができます

BitLocker を完全に無効化して暗号化を解除する

1. コントロールパネルを開く
  • キーボードの「Windows」キーを押した後に、「control」と押します。
  • 検索画面が表示されたら、「コントロールパネル」をクリックします。
※この操作は、検索で「control」と入力する操作と同じです。
Windows10/11でコントロールパネルを開く  2. コントロールパネルが表示されたら、「システムとセキュリティ」をクリックします。
コントロールパネルのシステムとセキュリティを開く  3. システムとセキュリティが表示されたら、「BitLocker ドライブ暗号化」をクリックします。
BitLocker ドライブ暗号化の設定を開く  4. 暗号されている目的のドライブの「BitLocker を無効にする」をクリックします。
BitLocker の無効化を実行  5. 確認画面が表示されたら「BitLocker を無効にする」をクリックします。
BitLocker の無効化実行の確認画面  6.「BitLocker が暗号化の解除中です」と表示されるので、PCの環境により時間がかかる場合がありますが、そのまま待ちます。
BitLocker の暗号の無効化を実行中  7.「BitLocker が無効です」と表示が変われば、BitLocker 無効化して暗号化の完全解除は完了です。
BitLocker の暗号化の完全無効化の完了
※BitLocker の暗号化を有効化するには、「BitLocker を有効にする」をクリックすれば簡単な操作で実行できます。

BitLocker を一時的に暗号化を無効にする

BitLocker の暗号化を一時的に無効化することができます。何かシステムに影響があるような操作など、BitLocker を一時的に無効化すれば、暗号化によるトラブルもなく安全度が高くなります。また、一時的に無効化された暗号化は、クリック操作で有効に戻せます。  1. 上述の、コントロールパネルから「BitLocker ドライブ安全化」を開きます。
BitLocker ドライブ安全化の設定を開く  2. 目的の暗号されているドライブの「保護の中断」をクリックします。
BitLocker の一時的に無効化を実行  3. 暗号化の中断の確認画面が表示されたら「はい」をクリックします。
BitLocker の一時的に無効化を実行の確認画面  4.「BitLocker が中断されました」と表示されれば、BitLocker 暗号化の一時的な無効は完了です。
BitLocker 暗号化の一時的に無効する操作の完了
無効化を有効化に戻す場合は、「保護の再開」をクリックすれば、BitLocker の暗号化が有効になります。

BitLocker 回復キーについて

もし回復キーが分からない状況なら、この機会に回復キーを保存するようにしてください。Windows の起動前にキーの入力が求められた場合、回復キーが分からないと詰みます。  Microsoftアカウントでなくても、回復キーをUSBメモリなどに保存したらりプリントアウトすることができるので、BitLocker の回復キーを保管しておきましょう。
BitLocker 暗号化の一時的に無効する操作の完了
保存する場合は、暗号化されているドライブにできません。別のドライブかUSBメモリなどに保存します。
スポンサーリンク
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴28年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア