PCサポート  

パソブル

Windows8 のその他の設定はコチラからご覧になれます



スポンサーリンク

Windows 8 のログオン(サインイン)時に「Metro」ではなく従来通りデスクトップを表示する方法があります。従来のWindowsの操作性が好きな方はかなり使い勝手がよくなると思います。 レジストリの設定やタスクなどでも出来ますが設定の失敗などによるトラブルも無いとはいえません。今回「Skip Metro Suite」というアプリケーションのインストールで簡単に変更できる方法を紹介します。

Windows 8 「Skip Metro Suite」でログオン時にデスクトップを表示

Skip Metro Suiteのダウンロード
Skip Metro Suiteこちらから「DOWNLOAD」「Skip Metro Suite」のダウンロードをします。 もしダウンロードページにアクセスできない場合は、WinAeroトップページから、上部メニューの「Downloads」をクリックしソフトのリストページに行き、リストより「Skip Metro Suite」を探してください。
ダウンロードが完了したら、ファイルを開きます。 Windows8 デスクトップを表示 Skip Metro Suite ダウンロード

ダウンロードファイルは圧縮されていますので「Skip Metro Suite-xxxxxx」をダブルクリックします。 「ユーザーアカウント制御(UAC)」UACを無効にしていない場合は警告ウインドが現れますの「はい」をクリックします。
参考:ユーザーアカウント制御(UAC)を無効にする
Windows8 デスクトップを表示 Skip Metro Suite インストール開始

Skip Metro Suite のウインドが現れますので「Next」をクリック。
Windows8 スタートメニュー表示  Skip Metro Suite セットアップ ウイザード

インストールする場所のウインドが現れますがそのまま「Next」をクリックします。
Windows8 スタートメニュー表示  Skip Metro Suite インストールする場所

デスクトップにショートカットアイコンを作成するかの確認、これもそのままで「Install」をクリックします。ショートカットアイコンが不要なら後で削除できますので、ここではショートカットアイコンを作成することを推薦します。
Windows8 スタートメニュー表示  Skip Metro Suite デスクトップにショートカットを作成

インストールの作業状況が表示され、インストールが終了すると「completing the Skip Metro Suite」のウインドが開きますので「Finish」をクリックして、セットアップを完了します。
Windows8 スタートメニュー表示  Skip Metro Suite セットアップを完了します

デスクトップに作成された「Skip Metro Suite」ショートカットアイコンをダブルクリックしてSkip Metro Suite の設定画面を開きます。
初期設定では、チェックマークがすべて入っています。Skip Start Screenにチェックマークが入っていれば、ログオン時にMetro画面がスキップされ、デスクトップが表示されます。 他のチェックマークは、チェックが入っていればその機能が表示されなくなるようです、取り合えずチェックマークは全て外しておいた方が良いでしょう。
スタートメニューのセットアップが未だな場合「Charms Bar」にチェックを入れ無効にしてしまうと、プログラムを探すのが困難になったりマウスでの再起動やシャットダウンなどができなくなることがありますので注意してください。
Skip Start Screenにチェックマークが入っていることを確認し「Save Settings」をクリックしてウインドを閉じます。
「設定を反映させるには、再起動が必要になります」再起動をして、ログイン後にデスクトップが表示されることを確認します。
再度設定を行う場合は「Skip Metro Suite」ショートカットアイコンをダブルクリックして設定画面を開きます。
Windows8 スタートメニュー表示  Skip Metro Suite の設定

NOTE:
Windows 8 ではタブレット、スマートフォン、ノートブック、デスクトップPC 全ての端末で同じOSを使用することを前提として作られているようです。発想的には良いと思いますが、デスクトップに限っては、Windows 8 自体の設定に「デスクトップ環境で使う」というような変更する設定があっても良いと思います。マイクロソフト側は慣れれば....と考えているようですが、実際画像処理やプログラムの制作、パワーポイントによるコンテンツの作成などタブレットやタッチスクリーンでの作業はとんでもない話だと思います。Windows8が不評なのも理解できますね。次世代Windowsはこのあたりの事を反省してそれなりのもが出来上がるよう期待しています。


スポンサーリンク

 

その他 Windows 8 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 8 のサポートコンテンツ