PCサポート  

パソブル

Windows8 のその他の設定はコチラからご覧になれます


一台のWindows 8 パソコンに「ローカルアカウント」と「Microsoft アカウント」をそれぞれ設定し、用途により使い分けることができます。
Windows8には企業向けは別として、「ローカルアカウント」ユーザーが使用するパソコンのみでの作業(データーの保存などはPC)、「Microsoft アカウント」は、Windows Live側にデーターが保存できるので、違うWindows 8 のパソコンを利用しても「Microsoft アカウント」でログインすれば保存したデーターを簡単に共有できる仕組みになっています。

Windows 8 Microsoft アカウント ユーザーを追加

キーボードの「Windows」キーを押しながら「c」キーを押します。「チャーム(メニュー)」が現れますので「設定」クリックし「PC 設定の変更」をクリックします。
マウス操作では、画面の向って右下に、マウスポインターを移動すると「チャーム」が現れます。
Windows 8 チャームの表示 PC 設定変更

「PC 設定」画面が現れるので「ユーザー」を選択し「ユーザーの追加」をクリックします。
Windows 8 Microsoft アカウント ユーザーの追加

「ユーザーの追加」画面にて、Microsoftアカウントに使用するメールアドレスを入力し「次へ」をクリックします
入力したメールアドレスが、すでにMicrosoftアカウントに登録されている場合は「Microsoft アカウント(Live id)」のパスワードを入力し[次へ]をクリックします。
Microsoft アカウント のメールアドレスは「Microsoft」で入手したメールアドレスが必要です。
メールアドレが無いまたは、新しいメールアドレスで、ユーザーを作成したい場合は「メールアドレス新規登録する」をクリックして登録作業をします。
Windows 8 Microsoft アカウント メールアドレスを入力

メールアドレスの登録が不要な方は、下記の「セキュリティ追加情報」へ進んでください。
「メールアドレスの新規登録」必要事項を全て入力し「次へ」をクリックします。
Windows 8 Microsoft アカウント メールアドレスを入力

「セキュリティ追加情報」画面で「携帯電話のメールアドレス、または電話番号」か「連絡用メールアドレス」かの何れかひとつ入力します。
「秘密の質問」を選択し「答え」を入力し「次へ」をクリックします。
Windows 8 Microsoft アカウント セキュリティ追加情報

「完了」生年月日を選択し、メールを受け取るかどうか選択し、「表示されている文字を入力してください」の文字を入力し「次へ」をクリックします。
もし「表示されている文字を入力してください」の入力欄がなければ次のページで現れます。
Windows 8 Microsoft アカウント 完了確認

「完了」をクリックして作業は終わります。

Notes:windows 8ユーザー「Microsoft アカウント」を追加

Microsoft アカウントとは、"Windows Live ID" の後続のようなものです。Microsoft アカウントは(Hotmail SkyDrive Windows Phone、Xbox LIVE) などのサービスへのサインインに使用する「メール アドレス」と「パスワード」でデバイスを共有できる「アカウント」です。既に「Live ID」などで電子メールを使用している場合は、 Microsoft アカウントを持っていることになりますが、別途新しいアカウントを作成することができます。

Microsoft アカウントを使うと、ユーザーの設定などがWindows Live側にも保存されるため、他のWindows 8やWindows Phone で同一のMicrosoft アカウントを使うと、カスタマイズした設定やダウンロードしたアプリケーションなどが同期される。そのほかにも、Internet Explorerで保存したサイトのユーザー名やパスワードもパソコン間で同期される。また SkyDriveのようなWindows Liveの各種サービスも、パソコンが変わっても同一の環境で使える。iphoneでいう「iCloud」みたいなもののようです。


スポンサーリンク
 




その他 Windows 8 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 8 のサポートコンテンツ