Aero 「エアロ」機能を「無効」「有効」にするのRSS Aero 「エアロ」機能を「無効」「有効」にするの説明を印刷する

Windows 7 Aero 機能

  • ウィンドウのタイトルバーをクリックしたまま振るとそれ以外のウィンドウがすべて最小化される「Aero Shake」
  • ウィンドウを画面上部にドラッグするとデスクトップ全体に半透明のフレームが表示され、そのままドロップすることで全画面表示に切り替わり、デスクトップの端にウィンドをドラックすると画面の半分位のウィンドにる「Aero Snap」
  • 「Windows」 +「Space」キー ですべてのウィンドウが透明にする「Aero Peek」
  • [Alt]+[Tab]キーでウィンドウを切り替えるときに、使用中のウィンドウをサムネイル表示する「フリップ」
  • ウィンドウの枠が半透明になって下のウィンドウやデスクトップが透けて見える「Aeroグラス」
  • タスクバーを使ってウィンドウを切り替えるときに、使用中のウィンドウをサムネイル表示する「タスクバーサムネイル」
  • [Windows]+[Tab]キーを押すことで使用中のウィンドウを3D表示しながら切り替える「フリップ3D」
見栄えも良く、慣れれば使い勝手もよいのですが、PCには結構負担になる場合もあります。また、スペックに低いPCでは「Aero」機能が自動で無効になっている場合もあります。
必要でない場合「Aero」機能を無効にする事ができます。またいつでも「Aero」機能を有効にする事もできます。

1.デスクトップのアイコンやガジェットなど、何もないところで右クリックし、「個人設定」をクリックします。
ファイル名を指定して実行

2.無効作業:Aero テーマにあるもの以外を選択し(何を選択すればわからなければ、”Windows 7 ベーシック”)、クリックします。
コントロールパネル

3. 有効作業:Aero テーマにあるものを選択し、クリックします。
※無効から有効にする場合は、このウィンドは表示されずに、すぐに「デザインの設定」ウインドが開きます。
デスクトップのカスタマイズ
参考:Aeroを快適に使うために

  • CPU:2GHz以上
  • メモリー:2Gbyte以上
  • ビデオカード: DirectX9以上対応、搭載メモリ256MB以上
上記のマシーンスペック以下であれば、PCが重くなったり、動作がスムーズに動かないなど、Aeroの機能を有効にしてPCを使用するのには無理があると思われます。
このページのアドレス: http://www.pasoble.jp/windows/7/08812.html