パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows VPNのメリット/デメリット 有料/無料VPNの紹介

公開日

リモートワークやテレワークの拡大に伴い、遠隔地から社内システムに安全にアクセスできる VPN のニーズが高まりを見せています。  デスクトップパソコンやノートパソコンでは、Windows のシェアが7割以上占めていて、多くの人が Windows PC からリモートワークや公衆Wi-Fiへの接続を行っています。VPN を利用することで通信内容の漏洩防止など、より安全なネット接続を構築することができます。  このページでは、Windows で VPN を利用するメリット/デメリット、Windows で利用できる有料/無料の VPN などを紹介しています。


VPN とは

VPN の利用イメージ
VPN とは「Virtual Private Network」の略語で、日本語では「仮想専用線」を意味します。インターネット上に仮想の専用線を設定し、特定のユーザーが利用できる専用ネットワークが VPN です。  VPN は「トンネリング」「暗号化」「カプセル化」という3つの技術を用いて、安全にデータをやりとりすることができます。そのため、通信データの盗み見や盗聴を防止可能です。  VPN の使用により、業務で利用するシステムやNASなどに、何処から接続してもVPNサーバーを通しているので、固定化されたIPアドレスでのアクセスが可能になり、IPアドレスの制限が必要な場合にも利用されいます。
VPN への接続の説明図
また、上図のようにVPNサーバーのIPアドレスが日本のものなら、海外からのIPアドレスを規制している、動画視聴やWebサイトなどのサービスも利用が可能になります。  現在、公衆Wi-Fiや自宅からのリモートアクセスなどで安全に通信するため、VPN のニーズがより高まっています。

Windows でVPNを利用するメリット/デメリット


WindowsでVPNを利用するシーンには、以下のようなものが考えられます。
  • 自宅から社内システムにリモートアクセス
  • ノートパソコンで公衆Wi-Fiに接続
  • 海外からノートパソコンで日本国内のコンテンツにアクセス
ここでは、Windows で VPNを利用することのメリット/デメリットについて紹介していきます。

VPN のメリット

メリット1 通信内容を暗号化してセキュリティ向上

リモートワークやテレワークが浸透するにつれて、社外や外出先、自宅から社内サーバーや社内システムにアクセスする機会が増えました。インターネットで社内システムに外部から接続するのは、情報漏洩などのリスクがあります。  そこで、VPNによる接続が求められるようになりました。  VPNを利用すれば通信が暗号化されるため、他者に盗み見られたり盗聴されたりする危険性がありません。社外から社内に接続する場合だけでなく、公衆Wi-FiからもVPNなら安全に接続することができます。  VPN接続を活用すれば、安全に通信データのやりとりが可能になるメリットがあります。

メリット2 複数拠点に接続可能

VPNと比較される仕組みとして専用線があります。  専用線は自社のみで通信回線を独占するため、ほかのユーザーの影響を受けずに常に高速な接続が可能です。ただし、専用線には以下のような欠点があります。
  • 物理的な距離に比例してコストが上がる
  • 拠点と拠点を一対一でしかつなげない 
しかし、VPNなら物理的な距離に関係なく、複数拠点に直で接続することが可能です。また、専用線は拡張が困難ですが、VPNなら柔軟に拡張することができるメリットがあります。

メリット3 導入コストが低い

VPNは導入コストが低いこともメリットの1つです。自社で独自のVPNを構築する場合でも、初期費用は数万円ですみます。  また、有料のVPNプロバイダを利用すれば、月額料金は1000円程度とリーズナブル。個人で導入できる点も大きなメリットです。

メリット4 海外から日本のコンテンツにアクセス

海外の接続から、日本国内のネットコンテンツにアクセスできないことがあります。  一部の動画配信サイトやWebサイトは、海外のIPアドレスを規制しています。そのため、海外からアクセスすることができません。  たとえば、Netflixを海外で視聴しようとした場合、日本国内向けのコンテンツを見られません。そのほかにも、YouTubeは動画によって接続できませんし、Huluの場合はログイン不可となります。VPNを利用するば、この問題を解決できるメリットがあります。
これらの規制を回避するには、日本国内のIPアドレスから接続するしかありません。そのためには、VPN接続で日本国内のVPNサーバーを利用するようにしましょう。

メリット5 海外のネット規制を回避

海外ではインターネットが制限、監視されているケースがあります。  たとえば、中国では地方政府やインターネットプロバイダが検閲を実施。また、中国国内で規制されて接続できないコンテンツも多いです。一例を挙げるならLINEやTwitter、YouTube、Facebook、Instagram、Googleに中国国内からはアクセスできません。  これらの規制を回避するためには、VPNで接続するのが有効です。VPN接続することで海外のネット規制を回避するメリットがあります。

VPN のデメリット

デメリット1 速度が低下

VPN接続はVPNサーバーを通して行われます。  VPNサーバーを中継すると、どうしても通信速度の低下が起こります。くわえて、セキュアな通信を行うために、VPNでは通信を暗号化することが避けられません。通信を暗号化するとパケットが肥大化し、通信データが増加します。  さらに、VPNサーバーに多くのユーザーが接続すると、接続の共有量がオーバーして通信速度が低下することがあります。  特に無料VPNでは、一台のVPNサーバーの共有量が多くスペックも低いため、通信速度の低下が頻繁に発生するデメリットがあります。 通信速度を低下させたくないなら、高品質なVPNサーバーを設置している有料VPNの利用を推奨します。

デメリット2 情報漏洩のリスクがすべてなくなるわけではない

VPNは高いセキュリティを誇り、安全な通信を確立します。しかし、完全に情報漏洩のリスクがなくなるわけではありません。  たとえば、無料のVPNはセキュリティが甘いことがあります。「通信が暗号化されていない」「ログデータが保存されている」といった場合、情報漏洩するリスクのデメリットがあります。  情報漏洩のリスクを限りなくゼロにしたいなら、ノーログポリシーを謳っている有料VPNを利用するようにしてください。

デメリット3 VPN(無料)は制限がある

無料VPNはコストゼロで利用できますが、いろいろな制限があります。 
  • サーバー数やロケーション数(国数)が非常に少ない
  • 無料のデータ通信量が制限されている
  • 速度が遅く接続が不安定
  • 動画配信サービスが視聴できない
VPNサーバーの数が少ないと、サーバーが混雑して通信速度が低下したときに、他のサーバーへ切り替える余裕がありません。ほかにも、無料VPNではデータ通信量が制限されていることが多いです。また、動画配信サービスが視聴できないこともあるデメリットがあります。  無料VPNは、VPNを体験するために利用するなら問題ないですが、業務や本格的にVPNを活用したい人には不向きです。

有料VPNと無料VPNの違い

上記 VPNのメリット/デメリットでも紹介しているように、Windowsで利用できるVPNには、以下のように有料VPNと無料VPNがあり、それぞれ特徴が違います。 

■ 有料VPNの特徴

  • 暗号化のセキュリティレベルが高い
  • ノーログポリシーで情報漏洩のリスクが少ない
  • 信頼性の高いプロトコルを採用している
  • 月額料金は一般的に1000円程度
  • 通信量や帯域幅が無制限
  • 高速で安定した通信
  • サーバー数やロケーション数が豊富
  • Windows用のアプリがある
  • アプリで初期設定が簡単
 

■ 無料VPNの特徴

  • 暗号化のセキュリティレベルが高い
  • ノーログポリシーで情報漏洩のリスクが少ない
  • 信頼性の高いプロトコルを採用している
  • 月額料金は一般的に1000円程度
  • 通信量や帯域幅が無制限
  • 高速で安定した通信
  • サーバー数やロケーション数が豊富
  • Windows用のアプリがある
  • アプリで初期設定が簡単
「VPNを試してみたい」「コストゼロでVPNを使いたい」という人には無料VPNがおすすめ。「本格的にVPNを活用したい」「快適にVPNを使いたい」なら有料VPNを推奨します。

Windows で利用できる有料 VPN 5選

ここでは、Windowsで利用できる有料VPNを5つ紹介します。

NordVPN

NordVPN のWebサイト
NordVPN は、2012年に設立されたVPNプロバイダです。 

1 NordVPN の特徴

  • サーバー数5500以上、ロケーション数60カ国以上
  • 通信速度が速い
  • 同時接続できるデバイスが6台
  • 暗号化強度が高くしっかりとセキュリティができる
  • ノーログポリシー
  • 月額料金が安くリーズナブルに利用できる
  • Windows用のアプリが提供されていて、初期設定が簡単
NordVPN は長期契約することによって、月額料金が470円ととてもリーズナブルになります。サーバー数やロケーション数が多く、高品質なVPNサーバーを設置しているために通信速度の低下も起こりにくいことが特徴。  暗号化強度が高く、脅威対策機能を備えていて広告やマルウェアを自動でブロック。Windows用のアプリも提供されている、簡単な初期設定でVPNに接続できます。

2 ExpressVPN の特徴

ExpressVPN のWebサイト
ExpressVPN は、イギリス領ヴァージン諸島の企業であるExpress VPN International Ltdが提供しているVPNサービスです。 

ExpressVPN

  • VPNプロバイダの中で最高クラスの通信速度
  • 軍用レベルの高いセキュリティ
  • 94カ国に3000台以上のVPNサーバーを設置
  • ノーログポリシー
  • 対応デバイスが豊富でWindowsにも対応
ExpressVPNの最大の特徴は、VPNプロバイダの中でも最高クラスの通信速度です。VPN最速との評判もあります。  セキュリティも非常にしっかりしており、軍用レベルの暗号化強度を誇ります。料金プランは1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月から選択することが可能です。  快適な通信速度でVPNを利用したいなら、おすすめのVPNプロバイダです。

3 Millen VPN

Millen VPN のWebサイト
Millen VPN は、月額360円から使える国産のVPNプロバイダです。 

Millen VPNの特徴

  • 1つの契約で10台のデバイスを同時接続できる
  • 月額360円からと非常にリーズナブル
  • 74カ国に1300以上のサーバーを設置
  • ノーログポリシー
  • 国産VPNなのでサポートが日本語で安心
Millen VPNはアズポケット株式会社が運営しているVPNで、完全国産サービスです。そのため、信頼性や安全性が高く安心して利用できます。  また、1契約で10台のデバイスから利用できる点も大きな特徴です。Millen VPNのVPNアプリはWindowsのほかにMac、IOS、Androidにも対応。  日本語サポートや、国産サービスを使いたい人におすすめです。

4 Surfshark

Surfshark のWebサイト
Surfshark は、オランダにあるVPNプロバイダです。 

Surfshark の特徴

  • 1つの契約で同時接続できるデバイスが無制限
  • ノーログポリシー
  • 365日24時間サポート
  • 広告やマルウェアを削除
  • 強力なセキュリティ機能
Surfsharkの最大の特徴は、1つの契約で無制限にデバイスが同時接続できることです。家族や恋人と契約をシェアすることで、リーズナブルにVPNを利用することができます。  また、年中無休で24時間サポートなので、何かのトラブルがあっても安心。広告やマルウェアを削除する機能がついているため、安全で快適なインターネットを楽しめます。

5 AtlasVPN

AtlasVPN のWebサイト
AtlasVPN は、2019年に設立された新しいVPNプロバイダです。 

Surfshark の特徴

  • 1つの契約で台数無制限に同時接続可能
  • VPNプロバイダの中でトップクラスに価格が安い
  • 無料プランも提供している
AtlasVPNには1ヶ月プラン、1年プラン、3年プランがあり、3年プランでは月額が約270円と非常にリーズナブルです。  「24時間サポートが受けられない」「使用できるサーバーが3つしかない」といった制限はあるものの、無料プランも提供しています。  リーズナブルに有料VPNを利用したいなら、AtlasVPNもよいサービスだと思います。

Windows で利用できる無料 VPN 3選

ここでは、Windowsで利用可能な、無料プランのあるVPNを3つ紹介します。

1 ProtonVPN

ProtonVPN のWebサイト
ProtonVPNは、スイスで2017年に設立されたVPNプロバイダです。  無料VPNは一般的に通信制限がありますが、ProtonVPNには通信制限がありません。サーバーはオランダ、アメリカ、日本の3カ所が利用できます。セキュリティの強度も高く、安心して接続することが可能です。  通信速度の低下も少なく、無料VPNの中ではもっともおすすめのサービスです。ただし、無料プランでは動画配信サービスに接続することができません。

2 Windscribe

Windscribe のWebサイト
Windscribeはカナダに拠点を置くVPNプロバイダです。  Windscribeは優れたセキュリティ強度と、同時接続数無制限という特徴があります。無料VPNですが通信速度は高速で、動画配信サービスにアクセスすることも可能です。  無料版では10カ国、15カ所のサーバーに接続できます。通信制限も毎月10GBまでとかなり大容量。無料プランでも広告やマルウェアのブロック機能を利用できます。  無料VPNで動画配信サービスをスムーズに活用したい人におすすめです。

3 hide.me

hide.me のWebサイト
hide.meはトレントと利用する場合には便利な無料VPNです。  無料VPNにしては通信速度が高速で、ファイルのダウンロードもスムーズに行えます。毎月10GBまで利用できる大容量。また、日本語にも対応しているため利用しやすい無料VPNです。  NetflixやHulu、Amazon Prime Videoなどの動画配信サービスにもアクセス可能。無料プランでは5カ所のサーバーに1台のデバイスで接続できます。  ファイルのダウンロードや、動画配信サービスの視聴に向いている無料VPNです。

VPN 利用のまとめ

VPN とは仮想専用線のことで、「トンネリング」「暗号化」「カプセル化」といった技術によって成り立っています。  Windows でVPNを利用するメリットは「セキュリティの向上」「導入コストが安い」「海外から日本のコンテンツにアクセスできる」などです。  多くのVPNプロバイダはWindows用のVPN接続アプリを用意しています。VPNの専用アプリを利用すれば接続できない問題もほとんど無く、簡単にVPNに接続することが可能です。  Windows PCを、安全かつ快適にインターネットを利用するなら、VPNを活用をするのがよいでしょう。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報