PCサポート  

パソブル

Windows7 のその他の設定はコチラからご覧になれます


システムに登録されている、自動起動するソフトなどの止め方を紹介します。
自動起動のソフトを止める設定は、再起動が必要になります。
こちらで紹介している方法で目的のソフトなどが見当たらない場合は、レジストリをチェックします。
自動起動をレジストリで止める方法はこちらかご覧ください
Windows10の自動起動するソフトの止めかたはこちらです

スポンサーリンク

1. [スタート]-[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
ファイル名を指定して実行

[ファイル名を指定して実行] が見当たらない場合

[スタート]右クリック →[プロパティ] をクリックします。
スタート プロパティ

[カスタマイズ]をクリックします。
タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ

[ファイル名を指定して実行]にチェックマークを付け、[OK]をクリックします。
タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ のウインドも[OK]をクリックし閉じます。これで[ファイル名を指定して実行] がスタートメニューに追加されます。
スタートメニューのカスタマイズ

2.名前の欄に「msconfig」と入力し、[OK]をクリックします。
コントロールパネルを開く
「ユーザーアカウント制御」のメッセージウインドが現れ、続行するかどうか尋ねてきますので、続行をクリックします。 UAC(ユーザー アカウント コントロール)の設定を「無効」にしている場合はこのウインドは現れません。

3.「システム構成ユーティリティ」ウインドが開きましたら、スタートアップをクリックしてください。
自動起動が必要ないアプリケーション(ソフト)があれば、スタートアップ項目のチェックマークを外してください。
スタートアップ項目の名前の内容がわからないときは、コマンドの欄の幅をずらして大きくし、C¥Program Files¥~~実行ソフトの名前などで確認します。
それでもわからない場合はGoogleなどの検索エンジンで検索してみましょう。

システム構成ユーティリティ」ウインド
[OK]をクリックしたら、再起動を促すメッセージウインドが現れますので、都合の良いほうをクリックします。
また、再起動後にもメッセージウインドもしくはメッセージが現れますが、問題ありません。
システム構成 再起動

スポンサーリンク

その他 Windows 7 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 7 のサポートコンテンツ

広告と関連