PCサポート  

パソブル

Windows7 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 7 Aero の主な機能

  • Aero Shake:ウィンドウのタイトルバーをクリックしたまま振ると、それ以外のウィンドウがすべて最小化される
  • Aero Snap:ウィンドウを画面上部にドラッグすると、デスクトップ全体に半透明のフレームが表示され、そのままドロップすることで全画面表示に切り替わり、またデスクトップの端にウィンドをドラックすると、画面の半分位のウィンドにる
  • Aero Peek:「Windows」 +「Space」キー ですべてのウィンドウを透明にすることができる
  • フリップ:[Alt]+[Tab]キーでウィンドウを切り替えるときに、使用中のウィンドウをサムネイル(縮小)で表示する
  • Aeroグラス:ウィンドウの枠が半透明になって、下のウィンドウやデスクトップが透けて見える
  • タスクバーサムネイル:タスクバーを使ってウィンドウを切り替えるときに、使用中のウィンドウをサムネイル(縮小)で表示する
  • フリップ3D:[Windows]+[Tab]キーを押すことで、使用中のウィンドウを3D表示しながら切り替える

Aeroの機能は、見栄えも良く慣れれば使い勝手もよいのですが、パソコンに負担をかけることもあります。
また、スペックに低いPCでは「Aero」機能が自動で無効になっている場合もあります。
必要でない場合「Aero」機能を無効にする事ができます。またいつでも「Aero」機能を有効にする事もできます。
スポンサーリンク

1.デスクトップのアイコンやガジェットなど、何もないところで右クリックし、「個人設定」をクリックします。
ファイル名を指定して実行

2.無効作業:Aero テーマにあるもの以外を選択し(何を選択すればわからなければ、”Windows 7 ベーシック”)、クリックします。
コントロールパネル

3. 有効作業:Aero テーマにあるものを選択し、クリックします。
※無効から有効にする場合は、このウィンドは表示されずに、すぐに「デザインの設定」ウインドが開きます。
デスクトップのカスタマイズ

スポンサーリンク

参考:Aeroを快適に使うために
  • CPU:2GHz以上
  • メモリー:2Gbyte以上
  • ビデオカード: DirectX9以上対応、搭載メモリ256MB以上
上記のマシーンスペック以下、PCが重くなったり、動作がスムーズに動かないなど、Aeroの機能を有効にしてPCを使用するのには無理があると思われます。
また、起動しているソフトなどの環境によっては上記スペック以上でも、動作がスムーズに動かない場合もあります。

その他 Windows 7 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 7 のサポートコンテンツ

広告と関連