フィルやフォルダーが表示されない「隠しファイル、隠しフォルダーの表示」のRSS フィルやフォルダーが表示されない「隠しファイル、隠しフォルダーの表示」の説明を印刷する

システム関連のファイルやフォルダーなど、通常使用するためのオペレーティングに必要のないものは、デフォルトでは表示されない設定になっています。
隠しフィルやフォルダーを表示されるには、フォルダーオプションの設定で表示させることができます。

1. 「スタート」→「コンピューター」をクリックします。「エクスプローラーを開く」
コンピューター

2. 「整理」をクリックし、「フォルダーと検索のオプション」をクリックしてフォルダーオプションを開きます。
コンピューター「整理」

3. 「表示」タブをクリックします。詳細設定ないの「隠しファイル、隠しフォルダー、または隠しドライブを表示する」クリックして選択マークをつけます。
マークをつけると「隠しファイル、隠しフォルダー、または隠しドライブを表示しない」についていた選択マークが外れます。 「OK」をクリックして完了です。
コンピューター「プロパティ」

Notes:windows 7フィルやフォルダーが表示されない「隠しファイル、隠しフォルダーの表示」

エクスプローラーで、隠しファイルの表示する設定をしても、全てのファイルが表示できるわけではありません。
さらに、起動関連ファイルのなどの「オペレーティング システムファイル」は非表示の状態です。
これらのファイルを表示させるには、フォルダーオプションん詳細設定にて「保護されたオペレーティング システムファイルを表示しない」の選択マークを外します。

このページのアドレス: http://www.pasoble.jp/windows/7/08847.html