パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 ロック画面を無効化して非表示にする方法

公開日

Windows11 のロック画面の非表示はレジストリの編集で Home Pro 版とも無効化が可能です。Pro版ならグループポリシーの設定でも非表示にできます。 ロック画面を無効化して非表示にすると、起動やスリープ復帰、ロック解除な後など、直接サインイン画面が表示さるのでロック画面での操作が省略できます。 このページでは、Windows11 のロック画面を非表示にする方法を紹介しています。


Windows11 のロック画面を非表示にする手順


1. レジストリエディタを開いてPoliciesに移動


  • キーボードの「Windows」を押して「regedit」と入力して「Enter」キーを押す
  • スタートメニューの検索結果の「レジストリエディター」をダブルクリック
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリック
Windows11 レジストリエディタを開く width=
ファイル名を指定して実行から開く場合
  • キーボードの「Windows」と「R」押します。
  • 「ファイル名を指定して実行」が開いたら、テキストボックスに「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックします。
  レジストリエディタが開いたら、「〉」をクリックして順に展開して、「Policies」に移動して「Microsoft」キーをクリックします。 キー名の「〉」アイコンをクリックして展開していきます。
  • 〉HKEY_LOCAL_MACHINE
  • 〉SOFTWARE
  • 〉Policies
  • 〉Microsoft
  • Windows をクリック
Windows11 レジストリのPoliciesに移動してMicrosoftを選択

2. レジストリキー(Personalization)を作成


「Microsoft」にある「Windows」キーを右クリックしたメニューの、「新規」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「キー(K)」をクリックします。
Windows11 レジストリのMicrosoftにロック画面の表示キーを作成 新しいキー #1」が作成されるので、名前を「Personalization」に変更します。 Windows11 レジストリのロック画面の表示キーの名前の変更 キー名の変更状態が解除されても、キー名をクリックして選択した状態でキーボードの「F2」を押せば名前が変更できる状態になります。

3. 値(NoLockScreen)を作成してデータの変更


Personalization」キーを右クリックしたメニューの、「新規」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「DWORD(32ビット)値(D)」をクリックします。
Windows11 レジストリのロック画面の表示キーに値を作成 新しい値 #1」が作成されるので、名前を「NoLockScreen」に変更します。
Windows11 レジストリのロック画面の表示キーの値の名前を変更 名前の変更状態が解除されても、値の名前をクリックして選択した状態でキーボードの「F2」を押せば名前が変更できる状態になります。
  • 名前を変更した「NoLockScreen」をダブルクリックすると「値の編集」開きます
  • 値のデータ」を「0」から「 1 」に変更して、「OK」をクリックします。
Windows11 レジストリのロック画面の表示キーの値のデータを変更  データの表示が「0x00000001 (1)」になっていることを確認して、レジストリエディタを閉じます。
Windows11 レジストリのロック画面の表示キーの値のデータをチェック

3. ロック画面の非表示の完了

  • ロック画面の非表示を反映する為に、パソコンを再起動します。
  • 再起動後に、ロック画面が表示されずサインイン画面が表示されれば、ロック画面の非表示は完了です。
Windows11 ロック画面の非表示の設定完了

Pro版のグループポリシーで非表示にする設定

グループポリシーでロック画面の非表示の設定は Pro 版 のみ可能です。  1. グループポリシーを開く
  • キーボードの「Windows」と「R」押します。
  • 「ファイル名を指定して実行」が開いたら、テキストボックスに「gpedit.msc」と入力し、「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックします。
Windows11 グループポリシーを開く  2. グループポリシーが開いたら、フォルダアイコン横の「〉」ボタンをクリックし展開して行き「個人用設定」をクリックします。
  • 〉コンピューターの構成
  • 〉管理用テンプレート
  • 〉コントロールパネル
  • 〉個人用設定
Windows11 グループポリシーの個人用設定の設定を開く  3. グループポリシーの「個人用設定」にある「ロック画面を表示しない」をダブルクリックします。
Windows11 グループポリシーのロック画面の表示設定を開く  4.「ロック画面を表示しない」設定画面が表示されたら、「有効」をクリックして選択し、「OK」をクリックします。
Windows11 グループポリシーのロック画面の非表示を有効に設定  5. ロック画面の非表示を反映する為に、パソコンを再起動します
Windows11 ロック画面の非表示の設定完了 再起動後に、ロック画面が表示されずサインイン画面が表示されれば、ロック画面の非表示は完了です。ロック画面が表示するならレジストリの編集で、ロック画面を非表示にしてください。

サインイン画面の背景のロック画面を非表示

サインイン画面の背景のロック画面も非表示にするせってもできます。  1. デスクトップ(ホーム)画面のアイコンなど何もないところで、右クリックしたメニューの「個人用設定」をクリックします。
Windows11 個人用設定を開く  2. 個人用設定が表示されたら「ロック画面」をクリックしてロック画面の設定を開きます。
Windows11 ロック画面の設定を開く  3.「サインイン画面にロック画面の背景画像を表示する」のスイッチボタンをクリックして「オフ」にします。 Windows11 サインイン画面の背景のロック画面の非表示設定  これで、サインイン画面の背景のロック画面の非表示は完了です。
Windows11 サインイン画面の背景のロック画面が非表示の状態
スポンサーリンク
筆者 監修 Yukiko Mishima
著者/ Yukio Mishima
主に企業や組織のPCサポートとシステム構築のPCエンジニアリング。現場で経験した問題解決や設定など紹介しています。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト