パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows11 レジストリのバックアップと復元のやり方

公開日

Windows11 のレジストリのバックアップと復元は、レジストリエディターの機能のエクスポートとインポートで、簡単に操作することができます。レジストリの操作で、編集する一部のレジストリをバックアップしておくと、より安全に作業が進められます。  このページでは、レジストリのバックアップと復元の方法を紹介しています。

スポンサーリンク

レジストリのバックアップと復元


レジストリのバックアップと復元は、レジストリエディターのエクスポートとインポート機能で操作します。  レジストリエディターの開き方
  • キーボードの「Windows」と「R」押します。
  • 「ファイル名を指定して実行」が開いたら、テキストボックスに「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックします。
Windows11 レジストリエディタを開く
「ファイル名を指定して実行」はスタートからも開けます。
Windows11 スタートからファイル名を指定実行
 

一部のレジストリをバックアップする

レジストリの編集などで、安全のためにバックアップする場合は、編集するレジストリ キー、またはメイン キーをバックアップすればOKです。  バックアップしたいレジストリ キーを右クリックし、メニューの「エクスポート」クリックすれば、レジストリファイルのエクスポート画面が表示されます。
レジストリキーをエクスポートでバックアップ  保存場所を指定し、名前を入力して「保存」をクリックします。
※ バックアップの名前は、日本語が入っていると復元の環境によっては「パス(場所)」のエラーが出ることもあるので、英数字にしてください。
レジストリキーのバックアップの保存
作成されたレジストリキーのバックアップファイル
作成されたファイルを確認し、部分的なレジストリのバックアップは完了です。 
NOTE:
  • レジストリ キーは、サブ キーがあれば、フォルダの構造と同じで、メイン キーの中にサブ キーがある階層になっています。メイン キーをバックアップすれば、サブ キーも含まれます。
    レジストリのメイン キーとサブ キー
  • サブ キーのバックアップでは、メイン キーは含まれません。
  • レジストリキーの中にある、値のみのバックアップはできません。
    レジストリの値はエクスポートが不可能

全てのレジストリをバックアップする

全てのレジストリをバックアップして復元する場合は、Windows11 を起動させない状態で、修復機能から復元する必要があります。主に、起動の問題などの修復目的のためにバックアップを作成します。  起動している状態で、レジストリエディタの「インポート」や、ファイルからの「結合」では、エラーが出て復元できません。

レジストリエディタから全レジストリをバックアップする

ここでは、レジストリキーのバックアップについて紹介しましたが、レジストリを完全にバックアップすることもできます。
方法は、レジストリエディターの「コンピューター」を右クリックし、メニューの「エクスポート」の実行です。
全レジストリのエクスポートでバックアップ
完全なバックアップファイルの作成には、少し時間がかかります。

レジストリの管理フォルダをコピーして全レジストリをバックアップする

レジストリが管理されている場所を開いて、レジストリのファイルをコピーして別の場所に貼付ければ、バックアップは完了です。  レジストリの場所
レジストリの場所は、「Windows」フォルダの「System32」にある「config」です。  フォルダ横の「〉」アイコンをクリックして展開します。
  • 〉ローカルディスク(C:)
  • 〉Windows
  • 〉System32
  • 〉config
レジストリが管理されている場所
C:¥Windows¥System32¥config  バックアップするレジストリのファイル
修復目的のバックアップに必要なレジストリは、以下のファイルです。その他のファイルやフォルダは、必要があればバックアップしてください。
  • DEFAULT
  • SAM
  • SECURITY
  • SOFTWARE
  • SYSTEM
バックアップに必要なレジストリファイル

バックアップしたレジストリを復元する

レジストリのバックアップの復元は、レジストリエディターの「インポート」または、バックアップ ファイルから直接「結合」する、二つの復元方法があります。  レジストリの復元は、レジストリキーが存在しなければ「追加」され、レジストリキーが既にある場合は上書き(復元)されます。

レジストリをインポートして復元する

レジストリエディターの「ファイル」をクリックして、メニューの「インポート」をクリックします。 バックアップ レジストリをインポートで復元完了  バックアップしたレジストリを選択して「開く」をクリックすると復元が開始します。 バックアップ レジストリをインポートで復元完了  「……に含まれるキーと値が、レジストリに正常に追加されました。」と表示されれば復元は成功です。「OK」をクリックします。
バックアップ レジストリの復元完了
これで、インポートでのレジストリの復元は完了です。

レジストリを結合で復元する

  • レジストリのバックアップファイルを右クリックし、「その他のオプションを表示」をクリックします。
  • オプションが表示されたら、「結合」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
バックアップ レジストリをファイルの結合で復元  レジストリの追加(復元)に関する確認画面表示されたら、「はい」をクリックすると復元が開始します。
レジストリの復元の確認メッセージ  「……に含まれるキーと値が、レジストリに正常に追加されました。」と表示されれば復元は成功です。「OK」をクリックします。
バックアップ レジストリの復元完了
これで、結合でのレジストリの復元は完了です。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト