パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows11 ダウングレード期限を10日以上に延長する方法

公開日
最新更新日

Windows11 から Windows10 にダウングレードできる期間は10日以内ですが、期間内であればダウングレードを10日以上に延長することができます。延長方法は Dism コマンドの実行で戻す日数を自由に変更するこができます。   このぺーじでは、Windows11 のダウングレードができる期間を、10日以上に延ばす方法を紹介しています。
ダウングレードするやり方は、下記のページをご覧ください。
Windows11 を Windows10 に戻すダウングレードの方法

スポンサーリンク

Windows11からWindows10に戻せる日数を10以上に変更する

Windows11 から Windows10 にダウングレード可能な日数を10日以上にする変更と、ダウングレードできる期限の確認は、Windows ターミナル(PowerShell)で Dism コマンドを使用します。  このコマンド操作により、変更した日数までアップグレードで作成された「Windows.old(アップグレード前のバックアップ)」は削除されず、そのような仕組みでダウングレードを10日以上に延長されるようになっています。  ダウングレードできる10日以上にする変更は、アップグレード後10日を過ぎると変更するこはできません。


Windows11 からダウングレードができる日数を変更する

1. Windows ターミナルを開く

スタートボタンを右クリックしたメニューの、「Windows ターミナル(管理者)」をクリックします。
スタートボタンの右クリックメニューでターミナルを開く  ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックすると、「Windows ターミナル」が起動します。
ターミナルを開く際に表示されるユーザーアカウント制御 

2. ダウングレードができる日数を変更する

  • ここでは、ダウングレードができる10日の期限を、コマンドで10日以上の60日間に変更する方法を紹介しています。
  • コマンドの後方にある「Value:60」の60が変更する日数です。
DISM /Online /Set-OSUninstallWindow /Value:60
と入力して、キーボードの「Enter」を押します。
Windows11 を戻す日数を変更するコマンド  「操作は正常に完了しました。」を表示されれば、Windows10 のダウングレード可能な日数の10以上にする変更は完了です。  コマンドエラーで実行できない
スペースに注意してください「Dism(スペース)/Online(スペース)/Set-OSUninstallWindow(スペース)/Value:日数」スペースを忘れるとエラーになり実行できません。  エラー「1168」で、ダウングレード期間の日数変更のコマンドが失敗する場合は、既に10日以上経過しているか、「Windows.old(アップグレード前のバックアップ)」が存在しない状況ですので、期間の変更はできません。
Windows11ダウングレード期間の日数変更のコマンドが失敗

Windows10 にダウングレードができる日数を確認する

ダウングレード期限の日数確認は、変更と同様に Windows ターミナルからコマンドの操作で行います。 
DISM /Online /Get-OSUninstallWindow
と入力して、キーボードの「Enter」を押します。
ダウングレードできる日数を確認するコマンド  Uninstall Window:の後の数字が変更した日数になっていれば、Windows10 にダウングレードできる期間の日数変更は完了です。  スペースに注意
Dism(スペース)/Online(スペース)/Get-OSUninstallWindow スペースがないとエラーになり実行できません。  ダウングレード期限の日数確認のコマンドも、10日以上経過しているなど期限が過ぎている場合は、「1168」エラーが表示され実行できません。
スポンサーリンク

ダウングレードの期間を10日以上に変更した後に注意すること

ダウングレード期間の日数変更しても、Windows.old(アップグレード前のバックアップ)フォルダを削除すると、Windows10に戻す事ができなくなります。
Windows.oldアップグレード前のバックアップデータ 

1. ディスクのクリーンアップ機能に注意

容量が少なくなったので、削除する選択をせずにクリーンアップ機能を実行しても、 Windows.old が削除されることがあるので注意してください。 

2. ストレージセンサー機能に注意

ストレージセンサーとは、設定した日数単位やディスクの空き容量よって、自動的にディスクのクリーンアップが実行できディスクの空き容量を増やす機能です。
任意で削除していないくても、「ストレージセンサー」を「オン」にしていると、設定に従い自動でアップグレードファイルなども削除されることがあります。 
  • ストレージセンサーを有効にしている場合は、設定を確認しておいてください。
  • 「ストレージセンサー」の設定は、「設定」→「システム」→「記憶域」にあります。また、設定の対処法は下記を参考にしてください。
対処法「1」
ストレージセンサーを「オフ」にする。
ストレージセンサーをオフにしてWindows.oldの削除を防ぐ  対処法「2」
一時ファイルの設定で、「Windows Update のクリーンアップ」と「Windows アップグレードファイル」の選択を解除しまます。
クリーンアップでアップグレードデータを除外してWindows.oldの削除を防ぐ  ダウングレードの実行には Windows.old(アップグレード前のバックアップ)フォルダを使用しまので、削除しないように注意してください。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報
スポンサーリンク
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト