パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 バージョンアップデートで起動できない時の対処法

公開日

Windows11 の大型アップデートのバージョンアップデートの実行で、起動できなっくなったときは、修復機能でPCを立上げ「機能更新プログラムのアンインストール」で、アップデート前のバージョンに戻すことで、起動することができる場合があります。  このページでは、Windows11 のバージョンアップデートで起動しない時の対処法を紹介しています。

スポンサーリンク


Windows11 のバージョンアップデートで起動できなくなった時の解決方法


Windows11 のバージョンアップデートを実行して、正常に起動できなくなったときは、修復機能でPCを立上げて、バージョンアップデートをキャンセルすることで、正常に起動できる可能性があります。

1. 修復機能でPCを起動

修復機能を起動させる方法は、電源操作による強制終了、インストールメディア、回復ドライブ、3種類あります。ここでは、メディアを必要としない電源操作による回復機能の起動を紹介しています。 
  • パソコンの電源スイッチを入れ、起動画面(くるくる回る)が表示されたら電源ボタンをシャットダウンするまで、押し続けて「強制終了」します。
    ※強制終了は二回以上続けて行う必要があります。
    強制終了の電源ボタンの押すタイミングは、起動画面または「くるくる回る」画面が表示されたら、電源ボタンんの長押で電源をきります。
    ※ パソコンによっては、Windows のロゴが表示されず、メーカのロゴや何も表示されない場合もあります。
    ※ パソコン本体は起動しているけど、Windows の起動画面すら表示されない場合も「強制終了」を試してみてください。

    Windows11 修復機能の起動
    強制終了を二回以上続けて行い、「自動修復を準備しています」または「お待ちください」と表示されれば、そのまま待ちます。  バージョンや環境により、「お待ちください」と表示され、下記の自動修復が実行されず、直ぐに「回復」画面が表示される場合がありますが、問題ありません。 自動修復が起動された場合は、起動画面に「自動修復を準備しています」と表示され、次に「PCを診断中」と表示されます。「回復」が表示されたなら、次の(2)へ進んでください。
    診断中は、かなり時間がかかる場合もありますが、そのまま待ちます。
    Windows11 自動修復実行中 
  • 「自動修復」の画面が表示されたら「詳細オプション」をクリックします。
    Windows11 修復の詳細オプション
    ※ PC の環境により、「回復」画面が表示される場合がありますが、「詳しい詳細オプションを表示する」をクリックしてください。
    Windows11 回復の詳細オプション  
  • 「トラブルシューティング」をクリックして、次の画面で「詳細オプション」をクリックします。
    修復機能のオプション表示 
修復機能の立上げが成功したら、次は、アップデートをアンインストールして、バージョンを戻す操作を行います。

2. アップデート前のバージョンに戻す


1. 詳細オプションが表示されたら、「更新プログラムのアンインストール」をクリックします。
windows11 修復機能の更新プログラムのアンインストール  エディションや修復機能の実行環境により、管理者ユーザーの選択と「パスワード」の入力が必要になることがあります。
アカウントの選択画面が表示されたら、管理者権限のユーザーを選択し、パスワードを入力して「続行」をクリックします。
修復機能を実行するためのパスワード入力
2. 更新プログラムのアンインストール画面の、「最新の機能更新プログラムをアンインストールする」をクリックします。
windows11 修復機能で機能更新プログラムのアンインストール  3. 「最新の機能更新プログラムをアンインストールする」が表示されたら、「機能更新プログラムをアンインストールする」をクリックします。
※ここでクリックすると、アンインストールのキャンセルはできなくなります。
windows11 修復機能で機能更新プログラムのアンインストールの実行  4.「以前のバージョンに戻す理由をお聞かせください」が表示されたら、理由をクリックしてチェックマークを入れます。意見がある場合などは、メッセージボックスに内容を記入します。
Windows11 のバージョンを戻す理由
操作が完了したら「次へ」を、クリックします。  5.「アップデートをチェックしますか?」と表示されたら、ここではバージョンを戻す目的なので「行わない」をクリックします。
Windows11 のバージョンを戻すときに更新プログラムをチェックしない  6.「知っておくべきこと」ことが表示されたら、内容を確認して「次へ」をクリックします。
Windows11 バージョンに戻すときに知っておくべきことの確認
バージョンを戻す準備が始まります。結構時間がかかる場合がありますが、強制終了するようなことは避けてください。  7.「ロックアウトされないようにご注意ください」と表示されます。
  • ロックアウトとは、間違ったパスワードを何度も入力して、アカウントが一時的に無効になること
  • 内容は、アップデート後にパスワードを変更している場合は、アップデート以前に使用していたパスワードで、サインインするという意味です。
  • 内容を確認して「次へ」をクリックします。
Windows11 バージョンに戻すときのロックアウトの注意書き  8.「このビルドをお試しいただきありがとうございます」表示されます。
  • アップデート前のバージョンに戻す場合は「以前のビルドに戻す」をクリックし、実行します。
  • クリックすると、処理が始まり暫くすると再起動します。
  • 操作の取り消しはここで、「キャンセル」してください。開始後は取り消すことはできません。
Windows11 バージョンに戻すときに知っておくべきことの確認  9. 以前のバージョンに復元する作業が始まります。かなり時間がかかる場合もありますが、強制終了するようなことはしないでください。
Windows11 前バージョンに戻す最終構成  再起動後に正常に起動して、サインイン後にホーム画面が表示されれば完了です。 

現在のバージョンの確認

バージョンの確認は、「設定」→「システム」にある「バージョン情報」をクリックすれば確認できます。
Windows11 バージョンの確認
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報
スポンサーリンク
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト