パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windowsvista IPアドレスを設定する「ネットワークのIPアドレスを任意に指定したい」

Latest update
Windows Vista ルーターなどで、DHCP(IPアドレスの自動設定)を使用して、パソコンが起動するたびにIPアドレスを取得するより、IPアドレスを設定することによって起動の「高速化」につながる場合もあります。
例えば、アンチウイルスソフトは通常であれば起動時に、ワクチンなどをアップデートします。またメッセンジャーなども起動時にネットワークを使用してログインします。起動時にネットワークのIPアドレスを自動取得に設定していると、取得が完了してからこれらの作業が行われるので、多少のロスタイムはでている。

1. タスクバーの通知領域のネットワークアイコンを右クリックして、「ネットワークと共用センター」をクリックします。
通知領域ネットワーク

2.「ネットワークと共用センター」ウィンドが開きますので、「ネットワーク接続の管理」をクリックします。
ネットワークと共用センター

3.「ローカルエリア接続」のアイコン上で右クリックして、「プロパティ」をクリックしてください。
ここではデフォルトの「ローカルエリア接続」にて設定していますが、ネットワークカードが複数の場合や、ワイヤレスネットワークカードがセットされいるパソコンでは、「ローカルエリア接続2」などの表示で複数のアイコンがあります。また、PPPoE接続の設定をしていればそのアイコンも存在します。IPアドレスを設定したい、目的のネットワークカードのアイコンを選択してください。
詳細な共用

途中「ユーザーアカウント制御」のメッセージウインドが現れ、続行するかどうか尋ねてきますので、「続行」をクリックします。 UAC(ユーザー アカウント コントロール)の設定を「無効」にしている場合はこのウインドは現れません。
参考:「ユーザーアカウント制御」のポップアップウインドを無効にして効率よく作業をする。
ユーザーアカウント制御

4.「Internet Protocol Version 4 (TCP/IPV4)」を選択して、「プロパティ」をクリックしてください。
ここでは「Internet Protocol Version 4 (TCP/IPv4)」にて説明しています。環境に合わせてIPv4またはIPv6を選択してください。
ローカルエリア接続のプロパティ

5.「次のIPアドレスを使う」を選択クリックすると、IPアドレスの「入力エリア」が入力可能になりますので、任意のIPアドレスを入力します。
開いている全プロパティウインドの「OK」をクリックして完了です。

(TCP/IPV4)プロパティ

スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windowsvista の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windowsvista サポートコンテンツのリスト