PCサポート  

パソブル

Windowsvista のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows Vista 子供の間では、パソコンは必須になっています。勉強やコミュニケーションに役立てているなかで、パソコンによる情報収集など安全に使えるように、考えなければなりません。インターネットには有害な情報も沢山あり簡単にアクセスができてしまい、保護者は子供のパソコンの使用に不安を感じることがあるかもしれません。Windows の「保護者による制限」機能を設定すれば、子供の年齢や用途に合わせて、多少なりとも安心してパソコンを使用させることができます。
スポンサーリンク

1. [スタート]→[コントロールパネル] をクリックします。
スタート→コントロールパネル

2.[ユーザーアカウントと家族のための安全設定]をクリックします。
コントロールパネル

3.[保護者による制限]をクリックします。
ユーザーアカウントと家族のための安全設定

途中「ユーザーアカウント制御」のメッセージウインドが現れ、続行するかどうか尋ねてきますので、「続行」をクリックします。 UAC(ユーザー アカウント コントロール)の設定を「無効」にしている場合はこのウインドは現れません。
参考:「ユーザーアカウント制御」のポップアップウインドを無効にして効率よく作業をする。
ユーザーアカウント制御

4.既に子供が使用するアカウントを作成しているならば、そのアカウントをクリックします。ココの例では(ユーザー2)を子供用アカウントに設定しています。
もし、子供用のアカウント作成されていなければ、「新しいユーザーアカウントを作成します」をクリックして、「標準ユーザー」の権限でアカウントを作成します。
もし、子供用専用のパソコンなら、「新しいユーザーアカウントを作成します」をクリックして、「管理者権限」で保護者のアカウントを作成し、パスワードも作成しておきます。また、子供用のアカウントの権限は「標準ユーザー」であること確認してください。
アカウントの作成やパスワードの設定は、下記の関連情報で詳細を確認してください。
保護者にほる制限のセットアップ STEP1

5.「有効、現在の設定を強制します」をクリックします。
活動記録レポートは、どのような使用でどれだけの時間利用していたのか、頻繁にみる好きな Web サイトもわかる、レポートを作り見ることができます。不必要な場合は「無効」にマークをつけます。
レポート見るには、「3.」の説明の画像で[保護者による制限]フレームの内にある、「操作レポートの表示」で確認できます。
保護者にほる制限のセットアップ STEP2

「Windowsの設定」各制限の設定をします。初期状態では全て「無効」になっています。その項目が必要であればクリックして設定をします。

「Windows Vista Web フィルター」の設定をする。
Webサイトのアドレス指定で禁止または許可、ポルノや麻薬に関するサイトを禁止などができます。

「基本設定」Web フィルターの設定をするかどうか。
「全てのWebサイトとコンテンツを許可する」を選択した場合は、詳細設定はできません。

「特定のWebサイトを許可及び禁止します」の設定。
この設定は、かなり正確な設定になります。ただし「許可一覧にあるWebサイトのみ許可します」を選択した場合は、かなり制約されてしまい、役立つ情報も取れない状況がおこります。有意義な情報もあるインターネットを家のパソコンで使う事自体しなくなるおそれもあります。もしこの設定をするならば、保護者が禁止したいアドレスを収集し、入力に力をいれたほうが良いと思います。この設定項目が不必要なら設定しなくてもかまいません。
保護者にほる制限のセットアップ「Webサイト」

「Webコンテンツを自動的に禁止します」の設定。
「高」「中」「なし」「カスタム」の4種類が設けてあります。「高」では「カスタム」で設定できる項目に全てチェックが入っている状態です。
ここでは、「カスタム」を選択して、禁止する項目にどのようなものがあるのか確認しながら、設定していくほうが理解しやすいので、カスタム設定をクリックします。
禁止したい項目をクリックして、チェックマークを入れます。
Webコンテンツを自動的に禁止


「時間制限」の設定をする。
時間制限の設定は、一週間単位で「子供用アカウント」がパソコンの使用可能な時間帯を設定できます。パソコンの使用を可能にさせるマスを曜日ごとにクリックして、青色をつけます。無選択(白色)は使用不可の時間です。
保護者にほる制限のセットアップ「時間制限」


「ゲーム」の設定をする。
①ゲームの許可、不許可基本的にゲーム許可するか、しないかを設定します。
保護者にほる制限のセットアップ「ゲーム」

②ゲームレーティングの設定。レーティングとは、ゲームソフトの表現内容により、対象年齢等を表示する制度です。国内で販売される家庭用ゲームソフトの全てを対象に年齢区分の情報をゲームソフトに埋め込むものです。
レーティングの情報が無いゲームソフトについて、プレイを許可するか、しないかの選択をします。
許可を選択した場合は、年齢対象の選択をします。
保護者にほる制限のセットアップ「レーティング」

③特定のゲームを禁止または許可。 既にパソコンにインストールされている、ゲームソフトの一覧にて、さらにゲームごとに設定をする。
「ユーザーレーティングの設定」をマークすると、レーティングで設定した方法で許可、不許可を決める。
「常に許可」をマークすると、レーティングの設定では、不許可でもゲームができるようになる。
「常に禁止」をマークすると、レーティングの設定では、許可でもゲームができないようになる。
保護者にほる制限のセットアップ「ゲームし制御」


特定のプログラムを禁止または許可。
既にパソコンにインストールされている、プログラムの一覧にて禁止または許可の設定をする。 「全てのプログラムのを使用してよい」をマークすると、パソコンにインストールされているプログラムは、「ゲーム」の設定で禁止されていないもの以外、全て使用ができます。
「許可されたプログラムのみを使用しても良い」をマークすると、パソコンにインストールされている、プログラムの一覧が表示され、使用を許可するプログラムにチェックを入れる。
保護者にほる制限のセットアップ「プログラム制御」

以上で、設定は完了です。設定で使用した開いているウインドは「OK」をクリックして閉じてください。再起動後に設定が有効になります。設定の修正が必要であれば、この説明の最初から進み、再度設定をします。

スポンサーリンク

NOTES:
現在の環境では、子供が自分の専用パソコンをもっている状況も多いと思われます。保護者の前ではなく、自分の部屋でパソコンを自由に使用して、有害なサイトや、悪影響をまねきそうなプログラムの使用、または長時間の使用など、保護者は心配が耐えないことも聞かされます。
そのような不安を抱えて子供と接し、変なサイトを見ているのではないかなど問うようなことで、家族のコミュニケーションを壊す恐れもあります。
子供が安全にパソコンを使用できるような環境を作ることも、保護者の大切な役目になっています。

その他 Windows vista の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows vista のサポートコンテンツ

広告と関連