パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows11 Microsoft ユーザー アカウントを作成する方法

公開日

Windows11 の Microsoft アカウント ユーザーのの作成方法は、設定のアカウントで家族とその他のユーザーにあるアカウントの追加で作成します。  Microsoft ユーザーの作成で、既存のマイクロソフトのメールアドレスを使用するか、ない場合はユーザーの作成時に新規に取得して、作成することができます。  このページでは、Microsoft アカウント ユーザーの作成方法を紹介しています。

スポンサーリンク

Microsoft アカウント ユーザーの追加

マイクロソフト ユーザー作成して、必要であれば権限の変更をし、作成したユーザーでサインインして、基本設定が済めば Microsoft ユーザーの追加が完了します。

Microsoft ユーザーの作成

1. アカウントの設定を開く


「スタート」ボタンをクリックして、スタートの「設定」をクリックします。 スタートから設定アプリを開く  「アカウント」をクリックすると、アカウントの設定画面が表示されます。
設定のアカウントを開く 

2. ユーザーを作成する画面を開く


アカウントの設定で「家族とその他のユーザー」をクリックします。
アカウント設定の家族とその他のユーザー  「その他のユーザーを追加する」にある「ユーザーの追加」ボタンをクリックします。
アカウント設定のユーザーの追加を実行

3. Microsoft ユーザーの作成


Microsoft ユーザーの作成には以下のように、2つのパターンがあります。
  • Microsoft ユーザー作成時に、新規でマイクロソフトサービスのメールアドレスを取得する。
  • 既に Windows や Skype、Outlook メールの利用をしていて、マイクロソフトのアカウントがあり、既存のアカウントを使用する。

ここでは、下記の二つに分けて説明しています。

Microsoft アカウントを新規で作成
1. Microsoft アカウント画面が表示されたら、「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。
マイクロソフトのアカウントを新規で作成  2. 「アカウントの作成」が表示されたら、「新しいメールアドレスを取得」をクリックします。
マイクロソフトのアカウントのメールアドレスの取得をリクエスト  3. メールアドレスを設定する画面が表示さるので、アドレスの名前を入力して「次へ」をクリックします。
  • メールアドレスの「ドメイン」は、3種類から選択できます。
  • 入力のができる文字は半角英数字と(-)、短い名前や一般的な単語は登録できません。
  • 入力した名前に問題がある場合は、エラーの内容のメッセージが表示されるので、別な文字を入力して「次へ」をクリックします。
マイクロソフトのアカウントのメールアドレスの名前を設定
下図は入力した名前が使用できないときの一例です。
マイクロソフトのアカウントのメールアドレスの名前のエラーメッセージ  4. メールアドレスの名前に問題が無ければ、パスワードを設定する画面が表示されるので、パスワードを入力して「次へ」をクリックします。
マイクロソフトのアカウントのメールアドレスのパスワードを設定
5.「お名前の入力」が表示されたら「姓|名」を入力して、「次へ」をクリックします。漢字ひらがなローマ字も設定できます。
マイクロソフトのアカウントの名前の設定  6.「生年月日の指定」が表示されたら、国と生年月日を設定して「次へ」をクリックします。
マイクロソフトのアカウントの生年月日の設定  7.「家族とその他のユーザー」の設定画面が表示され、「他のユーザー」に作成した Microsoft ユーザーのメールアドレスが追加されていれば、Microsoft ユーザーの作成は完了です。
マイクロソフトアカウントユーザーの作成完了


既存の Microsoft アカウントで作成
1. マイクロソフトのサービスに使用している、メールアドレスまたは電話番号を入力して、「次へ」をクリックします。
既存のマイクロソフトのアカウントでマイクロソフトユーザーを作成  2. 「準備が整いました。」と表示されたら「完了」をクリックして、Microsoft ユーザーの作成は完了です。
既存のマイクロソフトのアカウントでマイクロソフトユーザーの作成完了  3. 「家族とその他のユーザー」の設定画面が表示され、「他のユーザー」に作成した Microsoft ユーザーのメールアドレスが追加されていれば、Microsoft ユーザーの作成は完了です。
マイクロソフトアカウントユーザーの作成完了


作成した Microsoft ユーザーの権限の設定


作成した Microsoft ユーザーの権限は、初期値で「標準ユーザー」になっています。「管理者」に変更するなら「アカウントの種類の変更」から、操作するこができます。  1. 追加した Microsoft ユーザーの名前のボックスをクリックすると、設定項目が表示されるので「アカウントの種類の変更」をクリックします。
マイクロソフトユーザーの権限の種類の変更画面を開く  2. 「アカウントの種類の変更」が表示されたら、「アカウントの種類」の選択ボックスをクリックして、権限の種類を選択し、「OK」をクリックします。
マイクロソフトユーザーの権限の種類の変更  3. 権限を変更したユーザー名のボックスに、現在の「権限」が表示されているので確認して完了です。
マイクロソフトユーザーの権限の確認
・「標準ユーザー」に設定した場合は、何も表示されません。


作成した Microsoft ユーザーの追加を完了


Microsoft ユーザー アカウント を作成しただけでは、まだ完全なユーザーではありません。追加した Microsoftト ユーザーで Windows11 にサインインし、ユーザー固有のプライバシーや PIN などの基本設定をしてユーザーの追加が完了します。  1. スタートメニューの「アカウント」をクリックして、追加した Microsoft ユーザーの名前をクリックします。
追加したマイクロソフトユーザーでサインインの呼び出し  2. 画面が表示されたら「サインイン」をクリックします。
追加したマイクロソフトユーザーで初回サインイン  3. パスワードの入力画面が表示されるので、パスワードを入力して「サインイン」をクリックします。
追加したマイクロソフトユーザーでパスワードを入力してサインイン  4.「PINを作成します」が表示されます。
  • PIN を作成しない場合は閉じるボタンをクリックします。
  • PIN を作成する場合は「次へ」をクリックします。
追加したマイクロソフトユーザーでサインイン PIN の作成
PIN を作成する場合は、PIN を確認用とも入力して「OK」をクリックします。
追加したマイクロソフトユーザーでサインイン PIN の作成完了
PIN とは
パスワードのかわりに PIN(暗証番号)を設定します。PIN は作成したパソコンに保存され、マイクロソフトユーザーのパスワードと PIN が紐づけられます。PIN は、設定し PC に保存されるので、設定したパソコン(端末)のみ利用可能で安全性が向上します。
5.「OneDrive 使用してファイルをバックアップ」が表示されます。
  • OneDrive ことがわからない場合は「この PC のみファイルを保存する」をクリックします。
    OneDrive は、後からでも設定の変更ができます。
  • OneDrive を理解していて、使用する場合は「次へ」をクリックします。

追加したマイクロソフトユーザーでサインイン OneDrive の設定  6. プライバシーの設定
  • 位置情報や、Windows11 の利用状況などをマイクロソフト社に送信するなどの設定かできます。スイッチボタンをクリックして無効(いいえ)、有効(はい)の設定ができます。
  • 設定が終われば「同意」をクリックします。
  • ボタンが表示されたらクリックします。クリックすると再起動して最終設定が開始されます。
windows11 初期設定プライバシーの設定  7.Microsoft ユーザー追加の最終設定
  • 「これには数分かかる場合があります。」と表示され、別のメッセージが表示された後に、「もう少しで完了です」と表示さるので暫くそのまま待ちます。
  • 環境により自動で再起動する場合もあります。また、なかなか進まないからと言って、強制終了するようなことはやめてください。
  • ホーム画面が表示されれば、Microsoft ユーザーの追加は完全に完了です。
windows11 初期設定の自動実行
この記事の注意事項:
この記事に記載されている、メールアドレスや姓名は仮のものです。くれぐれもメールの送信など行わないでください。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト