パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 ユーザーアカウントを削除する

公開日

Windows11 のユーザーアカウントの削除は「設定」の「アカウント」から、ローカルアカウント、マイクロソフトアカウントともに操作することができます。システムトラブルなどで削除できない場合は、コマンドプロンプトからユーザーを削除することも可能です。ユーザーの削除には管理者権限が必要です。  このぺーじでは、ユーザーアカウントの削除方法を紹介しています。
ユーザーを削除せずフォルダやユーザーデータを保持したまま、アカウントを無効化する方法は、下記のページをご覧ください。
Windows11 ユーザアカウントの無効化と有効化

スポンサーリンク

ユーザーアカウントを削除する


アカウントの設定を開く


「スタート」ボタンをクリックして、スタートの「設定」をクリックします。
スタートから設定アプリを開く  「アカウント」をクリックすると、アカウントの設定画面が表示されます。
設定のアカウントを開く 

ユーザーの削除


アカウントの項目の「家族とその他のユーザー」をクリックします。 アカウント設定の家族とその他のユーザー  削除するユーザーアカウントをクリックします。 ユーザーを選択 
ユーザーの全てのファイルは削除される
ユーザーアカウントを削除すると、そのユーザーのフォルダは削除されます。必要なファイルやデーターがあるなら、ユーザーの削除前に移動などしてバックアップをとるようにしてください。
内容が表示されたら「削除」をクリックします。 ユーザーの削除をクリック  「アカウントとデーターを削除しますか?」と確認画面が表示されるので、「アカウントとデーターの削除」をクリックします。
ユーザーの削除を開始  ユーザーの削除が実行されるので、そのまま待ちます。
ユーザーの削除を実行中  「家族とその他のユーザー」画面表示され、削除したユーザーが消えていれば完了です。
ユーザーの削除の完了  ユーザーが削除できない場合は、次項のコマンドプロンプトで削除する方法を試してみてください。

ユーザーアカウントが削除できない


コマンドプロンプトからユーザーを削除


コマンドプロンプトからの削除は、ユーザーアカウントのフォルダーは削除されずに保持されます。ユーザーフォルダは、パソコンの再起動後に手動で削除する必要があります。 

1. コマンドプロンプトの起動

  • キーボードの「Windows」キーを押した後に、「cmd」と押します。
  • 検索画面が表示されたら、コマンドプロンプトの「管理者として実行」をクリックします。
※この操作は、検索で「cmd」と入力する操作と同じです。
Windows11 検索から管理者でコマンドプロンプトを起動 
スタートメニューから
スタートメニューから起動する方法は、「すべてのアプリ」をクリックして、一覧の「Windows ツール」をクリックするとエクスプローラーが開き、「コマンドプロンプト」を右クリックしたメニューの、「管理者として実行」をクリックします。
Windows11 スタートメニューから管理者でコマンドプロンプトを起動 

2. ユーザーアカウントの確認

最初にユーザーの確認をしてから、削除を実行します。Microsoftアカウントのユーザー名は、ID名の前から5文字が名前です。 net user」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
ここでは、ユーザーアカウント名「mario」の削除で説明しています。
net user コマンドで削除するユーザーを確認 

3. ユーザーアカウントの削除

net user 削除するユーザーアカウント名 /delete」と入力し、キーボードの「Enter」を押すと直ぐに削除されます。
net user marionet /delete
「コマンドは正常に終了しました。」と表示されれば削除は成功です。
net user コマンドでユーザーアカウントを削除 

4. パソコンの再起動(推奨)

ユーザーフォルダを削除する前にパソコンを再起動して、管理者権限のあるユーザーアカウントでサインインします。
再起動なしでユーザーフォルダを削除した場所、実行途中で一部のファイルが削除できないなどの警告が表示され、フォルダーを完全に削除することができなくなることがあります。 

5. ユーザーフォルダの削除

エクスプローラーの「〉」アイコンをクリックして、ユーザーフォルダを開きます。
  • 〉PC
  • 〉ローカル ディスク(C:)
  • ユーザー
ユーザーフォルダーを開く  削除したユーザー名のフォルダーを削除します。
フォルダを右クリックしたメニューの、ゴミ箱アイコンをクリックします。
ユーザーフォルダーの削除  削除したユーザー名のフォルダーが、ユーザーフォルダーから消えていれば完了です。
ユーザーフォルダーの削除の完了  これで、通常でのユーザーアカウントの削除ができないときに、コマンドと手動でユーザーフォルダーを削除する、ユーザーアカウントの削除は完了です。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報
スポンサーリンク
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト