パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows11 をインストールするディスクの設定方法

公開日
最新更新日

Windows11 のクリーンインストール(セットアップ)のディスクの設定で、フォーマット、パーティションの削除や作成、分割を、細かくディスクを設定することができます。  このページでは、インストール途中の「Windows11 のインストールする場所」での、ディスクの設定方法を紹介しています。
Windows11 のクリーンインストールの方法は、下記のページをご覧ください。
Windows11 のクリーンインストールのやり方


スポンサーリンク

インストールするディスクの設定


パーティション分割とは
1つのディスクドライブ内の領域を分けて、複数のドライブを作成する。1つなのに「C: D: 」のように、複数のディスクがあるように表示されて使用できます。
Windows11 のクリーンインストールでの、フォーマットやパーティション分割は、新規のディスクドライブ、または既存のディスクでは操作方法が異なるので分けて説明しています。 フォーマットやパーティションの説明図は、パソコンに、1つだけのディスクドライブが装着されている状態で紹介しています。

既存ディスクの初期化

既存のディスクのフォーマットでは、下記のように2つの状況があるので目的に合わせて実行してください。 
  • 現状のディスク構成を変更しないなら「フォーマット」を利用して、Windows11 をインストールするパーティションのみ、または別のパーティションもフォーマットしてデータを削除する。
  • 容量の調整や分割の数を変更するためなら、「削除」を実行して全てのパーティションを再構築する。
ディスクドライブの、「フォーマット」または「削除」を実行すると、ディスク内のファイルやデータは全て削除されるので注意してください。

既存ディスクのフォーマット

Windows11 がインストールされている、パーティションを選択状態にして「フォーマット」をクリックします。
Windows11のパーティションをフォーマット
フォーマットすると、ファイルやデータが削除される内容の確認画面が表示されるので「OK」をクリック。
Windows11のパーティション削除のメッセージ  Windows11 をインストールするパーティション以外の、分割されたディスクのファイルやデータを削除したくない場合は、他のパーティションをフォーマットしないでください。フォーマットすると全てのデーターが削除されます。  クリーンインストールを続けるには、Windows11 をインストールするパーティションを選択状態にして「次へ」をクリックしてください。

既存ディスクのパーティションの削除(再構築)

既存のディスクに新たにパーティションを作成し、分割して容量の調整や分割数を変更したい場合は、パーティションを削除した後に、再構築することができます。 
  • パーティションを選択状態にして「削除」をクリックします。削除が終了するとパーティションの名前が「割り当てられていない領域」に変わります。
  • この操作を全てのパーティションで、実行して完全に削除します。
Windows11 の全てのパーティションを削除  全てのパーテンションが削除できたら、下図のような状態になります。
Windows11 の全てのパーティションを削除完了
新たにパーテンションを作成する方法は、次項の「パーティションの作成と分割」で紹介しています。

新規ディスクの初期化

新規のディスクの場合は、パーティションが作成されていない状態なので、パーティションを作成してからフォーマットを実行します。
※パーティションがまだ作成されていないため、「フォーマット」はクリックできない状態になっています。
パーティション未作成はフォーマットできない  先に次項の「パーティションの作成と分割」で、パーティションを作成します。作成が完了した後にフォーマットができます。

パーティションの作成と分割

ここでは、ディスクにパーティションが作成されていない状態からの、パーティションの作成方法を紹介しています。  パーティションを作成するドライブを選択して「新規」をクリックします。
※パーティションがまだ作成されていないため、「フォーマット」はクリックできなくなっています。 Windows11 のパーティションを作成  最初に Windows11 をインストールするパーティションを作成します。
  • サイズは、最低でも「120000(120GB)」を推奨します。セットアップ後に追加するアプリが、多いならそれより大きなサイズを設定してください。
  • サイズのボックス内の容量を変更して「適用」をクリックします。単位は MB で「1000」は「1GB」です。。
    サイズの変更方法は、直接数字を入力するか、ボックスの右端にポインターを合わせると表示されるボタンで行います。
  • 変更せずに「適用」をクリックすると、ディスクは分割されません。エクスプローラーで「C:」のみの表示になります。
Windows11 のパーティションのサイズの設定
確認画面が表示されたら「OK」をクリックします。
メッセージの内容は、修復する場合などに使う回復環境の領域を、作成することがあるという内容です。「システムで予約済み」や「回復」の名前で作成されます。
Windows11 のパーティション作成の確認画面  「適用」をクリックして、暫く待つとパーティションの作成が完了します。指定したサイズと少し違うことがありますが問題ありません。
最初にあるパーティションが、確認画面の説明にあった回復領域「システムで予約済み」のパーティションが作成されています。
Windows11 のパーティションの作成完了 
作成したパーティションの下にある「割り当てられていない領域」は、未だパーティションが作成されていない状態です。このままだとセットアップ後に、この領域が利用できず表示もされません。  セットアップ後でも、この領域にパーティションを作成することもできますが、ここで分割とフォーマットをしたほうが簡単なので、実行しておきましょう。

パーティションの追加(分割)
「割り当てられていない領域」クリックして選択状態にして、「新規」をクリックします。
Windows11 のパーティションの追加作成  最初に作成したパーティションと同様に、サイズを指定して「適用」をクリックします。
  • そのままのサイズで「適用」すると、「C: D:」の2つのディスクが作成されます。
  • 分割ドライブを「C: D: E: F:」のように、もっと増やしたい場合は、サイズを少なく変更して繰り返し同じ操作で、パーティションを作成分割していきます。
Windows11 のパーティションの追加作成するサイズの設定 
パーティションの作成のやり直し
パーティションの作成をやり直したい場合は、やり直すパーティションを選択状態にして「削除」をクリックします。
Windows11 のパーティション作成のやり直し
パーティションを削除すると、ファイルやデータが削除される内容の確認画面が表示されるので「OK」をクリック。
Windows11 のパーティション削除のメッセージ
この操作は何回でもできるので、安心してパーティションの設定操作を行うことができます。

パーティションの作成が完了したら、分割したディスクのフォーマットをします。
分割したパーティションを選択状態にして「フォーマット」をクリックします。「システムで予約済み」以外のパーティションは、全てフォーマットします。
Windows11 の分割したパーティションのフォーマット
フォーマットすると、ファイルやデータが削除される内容の確認画面が表示されるので「OK」をクリック。
Windows11 のパーティション削除のメッセージ ※パーティションの作成から、Windows11 をインストールする場合は、フォーマットする必要ありませんが、念のためフォーマットの実行を推奨します。 これで、パーティションの作成と分割の操作は完了です。  クリーンインストールを続けるには、最初に作成したパーティションを選択状態にして「次へ」をクリックしてください。
Windows11 セットアップの続行
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト