パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 初期設定でロカールアカウントを作成する方法

公開日
最新更新日

Windows11 のセットアップの初期設定で、Ver.21H2なら Home版でもローカルアカウントの作成はできます。現時点ならメーカー制の販売されている Windows11 PC は21H2です。 Home版ではロカールアカウントの選択がありませんが、ネットの接続操作で対処すれば作成できます。また、Pro版は選択操作で作成が可能です。  このページでは、Windows11のセットアップでローカルアカウントを作成する方法を紹介しています。Home版 Ver.22H2での対処法も記載しています。

スポンサーリンク

Windows11 インストールの初期設定でロカールアカウントを作成する

Windows11 のセットアップの初期設定で、ロカールアカウントを作成するには、Ver.21H2の Home版ならネット接続の操作で対処し、Pro版なら通常の選択操作で作成できます。Ver.22H2 の Home版はセットアップ完了後に対処します。

Windows11 Home 版のインストールでロカールアカウントを作成

  1. Ver.21H1 Home 版のセットアップでローカルアカウントを作成する
  2. Ver.22H2 Home 版でローカルアカウントを作成する対処法


Ver.21H1 Home 版のセットアップでローカルアカウントを作成する

操作のポイント動画
Windows11 をインストールする前に、ネットを切断するとインストールが途中できなくなります。ポイントは、アカウントの作成画面でネットを切断することです。
windows11 初期設定でローカルアカウントを作成する動画
 

1. ロカールアカウントを作成する対処法

Microsoft アカウントの作成画面で、ネットワークの接続を切断します。切断方法は、ネットワークケーブルを抜く、Wi-Fiなら無線が届かないところにいくか、本体の操作で Wi-Fi をオフにします。ネットの切断が分からない場合は、下記のコマンドプロンプトでネットの切断と接続をみてください。
windows11 ローカルアカウントの作成 

コマンドプロンプトでネットの切断と接続

ネットの切断方法がわからないなど、コマンドプロンプトでネットの切断と接続ができます。  Microsoft アカウントの作成画面で、キーボードの「Shift」+「F10」を押して、コマンドプロンプトを起動します。
windows11 アカウントの作成時にコマンドプロンプトを起動  コマンドプロンプトに「ipconfig /release」と入力して、「Enter」を押して切断します。
windows11 ローカルアカウントの作成の為にコマンドプロンプトでネット切断  ローカルアカウントの作成が完了したら、コマンドプロンプトを起動して「ipconfig /renew」と入力して、「Enter」を押してネットに接続します。
windows11 ローカルアカウントの作成後にコマンドプロンプトでネット接続
ネットワークの接続の切断が完了してから、画面左上の「←」戻るボタンをクリックすると、ローカルアカウントの作成画面が表示されます。
windows11 ローカルアカウントの作成 

2. ユーザーアカウント名の設定

ロカールアカウントの、「名前」のボックスに「ユーザーアカウント名」を入力して「次へ」をクリックします。
windows11 のインストールの初期設定でローカルアカウントの名前を設定
※ユーザー名は 「PCの名前」でも触れましたが、半角英数字を推奨します。日本語では外国制のアプリが使えないなど、問題が起こることがあります。 

3. パスワードの設定

  • パスワードのボックスに、「パスワード」を入力して「次へ」をクリックします。
  • 「パスワードの確認」画面が表示されるので、もう一度同じパスワードをボックスに入力して「次へ」をクリックします。
  • indows11 のインストールの初期設定でローカルアカウントのパスワードを設定 

    4. パスワードを忘れた時の設定


    • パスワードを忘れた場合に、質問に答えると解決できるようになります。
    • 質問の内容を選択して「答え」を入力して「次へ」をクリックします。
    • 質問と回答は、3種類の設定をする必要があります。(必須)
    • 一度選択した質問の内容は使用できません。
    windows11 のインストールの初期設定でローカルアカウントのパスワードのヒントを設定
    これで、Ver.21H2 Home版のインストールの初期設定での、ローカルアカウントの作成は完了です。
    切断したネットを、再接続してください。接続してないと初期設定が完了しません。


Ver.22H2 Home 版でローカルアカウントを作成する対処法

2022年9月21日に提供が開始された Ver.22H2の Home版 では、ネット切断による操作ができなくなりました。

Ver.22H2での対処法は、セットアップでは Microsoftアカウントでユーザーを作成して、OneDriveの設定で「PCに保存」にする。セットアップ完了後にロカールアカウントを追加して、管理者に変更します。また Microsoftアカウントが不必要なら削除もできます。 

Pro 版のインストールでロカールアカウントを作成

1. ロカールアカウントを作成する選択操作

Microsoft アカウントの作成画面で、「サインイン オプション」をクリックします。
windows11 Pro ローカルアカウントの作成  オプション画面が表示されたら、「オフライン アカウント」をクリックします。
windows11 Pro ローカルアカウントの選択  Ver.21H2の場合
「Microsoft アカウントについて」が表示されたら、「今はスキップ」をクリックすると、ロカールアカウントの作成画面が表示されます。
windows11 Pro ローカルアカウントの選択を決定
Ver.22H2の場合
Ver.22H2の場合は、「今はスキップ」でなく「代わりにドメインに参加する」に変更されています。
「サインイン オプション」表示されたら、「代わりにドメインに参加する」をクリックします。 windows11 Pro Ver.22H2 以降のローカルアカウントの作成 

2. このデバイスを使うのはだれですか?

ロカールアカウントの、「名前」のボックスに「ユーザーアカウント名」を入力して「次へ」をクリックします。
windows11 のインストールの初期設定でローカルアカウントの名前を設定
※ユーザー名は 「PCの名前」でも触れましたが、半角英数字を推奨します。日本語では外国制のアプリが使えないなど、問題が起こることがあります。 

3. 確実に覚えやすいパスワードを作成します

  • パスワードのボックスに、「パスワード」を入力して「次へ」をクリックします。
  • 「パスワードの確認」画面が表示されるので、もう一度同じパスワードをボックスに入力して「次へ」をクリックします。
  • windows11 のインストールの初期設定でローカルアカウントのパスワードを設定 

    4. このアカウントのセキュリティの質問を作成します

    ※この設定は必須項目です。
    • パスワードを忘れた場合に、質問に答えると解決できるようになります。
    • 質問の内容を選択して「答え」を入力して「次へ」をクリックします。
    • 質問と回答は、3種類の内容を設定する必要があります。
    • 一度選択した質問の内容は使用できません。
    windows11 のインストールの初期設定でローカルアカウントのパスワードのヒントを設定
    これで、Pro版のインストールの初期設定での、ローカルアカウントの作成は完了です。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報
スポンサーリンク
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト