パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 画面の電源を切る使用停止時間の設定方法

公開日

Windows11 の使用停止からディスプレイの電源が切れるまでの時間の設定は、システム設定の電源の画面とスリープとコントロールパネルの電源オプションの二つの場所で設定が可能です。  このページでは、Windows11 使用停止から画面の電源を切る時間の設定方法紹介しています。


Windows11 使用停止からディスプレイの電源を切る待機時間設定の3つの方法

Windows11 のマウスやキーボード、動画再生などのアプリの使用停止から、画面の切れるまで時間の設定は、システムのまたはコントロールパネルの電源から操作することができます。

画面の電源を切る時間をシステムの電源で設定

1.「スタート」ボタンをクリックして、スタートの「設定」をクリックします。
Windows11 スタートから設定アプリを開く  2.「システム」の項目の「電源」クリックします。
Windows11 設定、システムの電源を開く  3.「電源接続時に、次の時間が経過した後に画面の電源を切る」の選択ボックスをクリックして、Windows11 の使用停止から画面の切れるまで時間を選択します。
Windows11 システムの電源から画面の電源を切る時間の設定 「なし」を選択して、スリープ状態にする時間の設定も「なし」を選択している場合、ずっと画面がついたままになります。  使用停止から設定時間になった時に画面の電源を切らずに、スクリーンセーバー機能でロック画面を表示することもできます。
Windows11 操作停止後にロック画面に切替える方法と待機時間の設定
これで、画面の電源を切る時間の設定は完了する。直ぐにシステムに反映され実行されるようになります。

画面の電源を切る時間をコントロールパネルの電源で設定

1. コントロールパネルを開く
スタートメニューから スタートメニューから起動する方法は、「すべてのアプリ」をクリックして、一覧の「Windows ツール」をクリックするとエクスプローラーが開き、「コントロールパネル」をクリックします。
Windows11 スタートメニューからコントロールパネルを開く  検索から
  • キーボードの「Windows」キーを押した後に、「control」と押します。
  • 検索画面が表示されたら、「コントロールパネル」をクリックします。
※この操作は、検索で「control」と入力する操作と同じです。
Windows11 検索からコントロールパネルを起動  2.「システムとセキュリティ」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルのシステムとセキュリティを開く  3.「電源オプション」にある「コンビューターがスリープ状になる時問を変更」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルの電源オプションの時間設定を開く  4.「ディスプレイの電源を切る」の選択ボタンをクリックして、画面の電源が切れる時間を選択します。
Windows11 コントロールパネルで画面の電源が切れる時間を設定  5.「変更の保存」をクリックして、画面の電源が切れる時間の設定は完了です。設定は直ぐに反映されます。
Windows11 コントロールパネルで画面の電源が切れる時間を設定

画面の電源を切る時間を分刻みで設定

設定やコントロールパネルのディスプレイの電源設定から、画面の電源を切る時間の指定は5分以降は分刻みで選択きません。  画面の電源を切る時間を分刻みで設定する場合は、上記のコントロールパネルの「ディスプレイの電源を切る」設定画面にある「詳細な電源設定の変更」より可能です。  1. 上述のコントロールパネルの「ディスプレイの電源を切る」画面に表示されている、「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルの電源の詳細な電源オプションを開く  2.「電源オプション」が表示されたら「ディスプレイ」の[+]クリックし展開して、「次の時問が経過後ディスプレイの電源を切る」の[+]クリックします。
Windows11 電源オプションでディスプレイの電源を切るを選択  3.「設定」をクリックすれば時間の変更が可能になるので、「▲▼」ボタンをクリックして分刻みに画面の電源を切る時間を設定して「OK」をクリックします。 Windows11 電源オプションでディスプレイの電源を切る時間を設定  4.「電源オプション」に戻り、再度「コンビューターがスリープ状になる時問を変更」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルのディスプレイの電源を切る設定の再読み込み  5.「ディスプレイの電源を切る」時間が、変更されていれば完了です。
Windows11 電源オプションでディスプレイの電源を切る時間の確認
Tips:
PCの機種や環境にもよりますが、画面の電源が切れてから復帰した時の規定値は直ぐにデスクトップ画面が表示されます。  この状態で会社など他の人が直ぐに操作できる状況での使用は、安全性に問題があります。復帰後にサインイン画面を表示する方法は下記ので紹介しています。
Windows11 復帰後にサインイン画面を表示する方法

画面の電源が設定時間に切れない場合


コマンドの実行で画面が切れる待機時間を設定

設定やコントロールパネルからでは画面が切れない場合は、コマンドプロンプト、またはターミナルを起動して、ディスプレイの電源を切る待機時間をコマンドで設定すると改善できる場合があります。  ここでは、コマンドプロンプトを使用して説明しています
  • キーボードの「Windows」キーを押した後に、「cmd」と押します。
  • 検索画面が表示されたら、コマンドプロンプトの「管理者として実行」をクリックします。
※この操作は、検索で「cmd」と入力する操作と同じです。
Windows11 検索から管理者でコマンドプロンプトを起動 
スタートメニューから
スタートメニューから起動する方法は、「すべてのアプリ」をクリックして、一覧の「Windows ツール」をクリックするとエクスプローラーが開き、「コマンドプロンプト」を右クリックしたメニューの、「管理者として実行」をクリックします。
Windows11 スタートメニューから管理者でコマンドプロンプトを起動 
> powercfg /x /monitor-timeout-ac 300
上記が画面の電源を切る待機時間の設定コマンドです。最後尾の数字「300」が時間で、秒で指定します。  コマンドの実行後、設定時間にディスプレイの電源が切れるか確認します。  まだ、設定時間にディスプレイの電源が切れない場合は、システムファイルに不具合が発生している場合があるので、コマンドプロンプトでまたはターミナルで、システムファイルのチェックを実行してみます。

画面が切れない問題をシステムチェックで修復

コマンドプロンプト、またはターミナルに以下のコマンドを入力して実行します。 sfc /scannow」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
Windows11 システムファイルの修復コマンド開始 システムファイルのチェックと修復が開始します。時間がかかることもありますが終了するまでそのまま待ちます。 「…整合性違反を検出しませんでした。」または「...正常に修復されました。」と表示されれば、システムチェックは完了です。
Windows11 システムファイルの修復コマンドで修復が完了 画面に「…修復されませんでした」または「…操作を実行できませんでした」と表示されている場合は、さらに修復操作が必要になります。コマンドでの修復法の詳しい説明は、下記のページをご覧ください。
Windows11 コマンドプロンプトでシステムを修復する方法
システムチェックが正常に完了したらパソコンを再起動し、もう一度ディスプレイが切れる時間の設定をして動作の確認します。
スポンサーリンク
筆者 監修 Yukiko Mishima
著者/ Yukio Mishima
主に企業や組織のPCサポートとシステム構築のPCエンジニアリング。現場で経験した問題解決や設定など紹介しています。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト