パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows11 コマンドプロンプトでシステムを修復する方法

公開日

Windows11 のシステムを修復する方法は、コマンドプロンプトにて[sfc /scannow]と[Dism]コマンドで、システムファイルとシステムイメージのチェックと修復を、実行することができます。  このページでは、Windows11 が起動している状態と、起動していない状態の「修復機能」から、コマンドプロンプトでシステムを修復する方法を分けて紹介しています。

スポンサーリンク


コマンドプロンプトでシステムを修復


コマンドプロンプトのシステム修復は、先にシステムファイルを修復して、必要であればシステムイメージの修復を行います。また、修復ではないですが無駄なシステムデータを削除することで、より安定させることが期待できます。
コピーした文字を、コマンドプロンプトの画面上で右クリックすれば貼付けができます。また、コマンドの実行でエラーが出たら、コマンドの「空白」の入力に誤りが無いか、確認してください。

1. コマンドプロンプトの起動

  • キーボードの「Windows」キーを押した後に、「cmd」と押します。
  • 検索画面が表示されたら、コマンドプロンプトの「管理者として実行」をクリックします。
※この操作は、検索で「cmd」と入力する操作と同じです。
Windows11 検索から管理者でコマンドプロンプトを起動 
スタートメニューから
スタートメニューから起動する方法は、「すべてのアプリ」をクリックして、一覧の「Windows ツール」をクリックするとエクスプローラーが開き、「コマンドプロンプト」を右クリックしたメニューの、「管理者として実行」をクリックします。
Windows11 スタートメニューから管理者でコマンドプロンプトを起動 

2. システムファイルの修復

sfc /scannow」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
Windows11 システムファイルの修復コマンド開始
システムファイルのチェックと修復が開始します。環境により時間がかかることもありますが、終了するまでそのまま待ちます。  コマンドの終了
  • 正常に終了している:画面に「(…、整合性違反を検出しませんでした。)破損したシステムファイルが検出されなかった」または「...正常に修復されました。」と表示されます。
  • 正常に終了していない:画面に「…修復されませんでした」または「…操作を実行できませんでした」と表示されます。
※下図は、問題が検出されなかった場合の画面です
Windows11 システムファイルの修復コマンドの終了
  • 修復が正常に終了しなかった場合は、次項の「システムイメージの修復」を実行します。 
  • 正常に終了したけど、まだ問題が改善しないなら、再度コマンドプロンプトを起動し、次項の「 システムイメージの修復」を実行をします。

3. システムイメージの修復

クラウド(インターネット)のデーターを利用して、システムイメージを修復できるのが「Dism Online」コマンドです。  

システムイメージのチェック

Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
この作業は、かなり時間がかかる場合もありますが、終了するまでそのまま待ちます。
Windows11 システムイメージのスキャンコマンドの実行 空白を忘れずに。
Dism(空白)Online(空白)/Cleanup-Image(空白)/ScanHealth
空白に誤りがあると、エラーが出て実行できません。
チェックが完了したら「…修復できます」「…壊れていることは検出されませんでした」などのメッセージが表示されたら、次に修復を実行します。
Windows11 システムイメージのスキャンコマンドの終了 

システムイメージをクラウドから取得して修復

Dism /Online /Cleanup-Image /Restorehealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
Windows11 システムイメージの修復コマンドの実行  「復元操作は正常に完了されました」と表示されたら修復は完了です。
Windows11 システムイメージの修復コマンドの終了
エラーが出て修復できない場合は、「Dism」コマンドをもう一度最初から実行して修復を試してみます。
これで、システムイメージの修復操作は完了ですが、最後にもう一度システムファイルのチェックをします。  再度システムファイルのチェックを実行
もう一度「システムファイルのチェック」を実行すれば、コマンドプロンプトでのシステムの修復は完了です。
Windows 11 システムファイルのチェックコマンドを実行
次は、不要なシステムデータを削除します。これは必須ではないですが、削除することを推奨します。

4. システムデータのクリーンアップ

システムデータのクリーンアップは、更新プログラムなどにより、不要になったデータやファイル、ドライバなどを削除します。 Dism /online /cleanup-image /startcomponentcleanup」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。  この操作は時間がかかりますが、終了するまでそのまま待ちます。
Windows11 システムデータのクリーンアップのコマンドを実行  「操作は正常に完了されました」と表示されたら、クリーンアップは完了です。
Windows11 システムデータのクリーンアップの完了


修復機能のコマンドプロンプトでシステムを修復


Windows11 修復機能のコマンドプロンプトを起動する画面
Windows11 が起動していない状態で、コマンドプロンプトでシステム修復するには、前準備でドライブ文字(ディスク)の確認をして、システムの修復を行います。

1. (修復機能)修復前の確認操作

修復機能からコマンドプロンプトを実行すると、場所(パス)が通常とは異なる場合があるので、先に Windows11 がインストールされているドライブ文字の確認が必要です。  ドライブ文字の確認
コマンドプロンプトに「notepad」と入力して、キーボードの「Enter」を押します。 修復機能のコマンドプロンプトでメモ帳開く  メモ帳が開いたらメニューの「ファイル」をクリックし、メニューの「開く」をクリックします。
修復機能のコマンドプロンプトでメモ帳からエクスプローラーを開く  エクスプローラーが開いたら、「PC」をクリックします。
修復機能のコマンドプロンプトでPCを開く
  • 「システムで予約済み(C:)」「ローカルディスク(D:)」と表示されていれば、Windows11 がインストールされている、ドライブ文字は「D:」です。
  • 「システムで予約済み」が表示されていなければ、ドライブ文字は「「C:」です。 
念のため、ディスクの中身を確認します。
確認するディスクをダブルクリックして、中に「Windows」や「ユーザー」フォルダがあるなら間違いありません。
修復機能のコマンドプロンプトでドライブ文字の確認
確認が終わったら「×」閉じるボタンをクリックして、エクスプローラーとメモ帳を閉じます。 
ここでは「ローカルディスク(D:)」で修復の説明をしていきますが、ドライブ文字が異なる場合は置き換えてください。

2.(修復機能)システムファイルの修復

sfc /scannow /offbootdir=C:¥ /offwindir=D:¥windows」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。 sfc(空白)/scannow(空白)/offbootdir=C:¥(空白)/offwindir=D:¥windows
空白文字があることを注意して入力してください
スキャン及び修復が始まります。かなり時間がかかりますがそのまま待ちます。
修復機能のコマンドプロンプトでシステムファイルのチェックを実行
システムファイルのチェックを修復の終了
  • 「検出できませんでした」と表示されたら、問題を検知できなかった状況です。
  • 「修復できませんでした」と表示されたら、問題は見つかったが修復できなかった状況です。
  • 「修復されました」と表示されたら、問題が検知されシステムファイルの修復は完了した状況です。
「修復されました」と表示されいても、次項の「 システムイメージの修復」を実行をしておきます。

3.(修復機能)システムイメージの修復


システムイメージのスキャン

Dism /image:D:¥ /cleanup-image /scanhealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。  「空白文字に注意」この作業はかなり時間がかかりますが終わるまでそのまま待ちます。
修復機能のコマンドプロンプトでシステムイメージをスキャン
スキャンが完了したら「…修復できます」「…壊れていることは検出されませんでした」などが表示されます。
メッセージの内容に関係なく、次にシステムイメージの修復を実行します。 

システムイメージの修復

Dism /image:D:¥ /cleanup-image /restorehealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。  この作業はかなり時間がかかる場合がありますが、終了するまでそのまま待ちます。
修復機能のコマンドプロンプトでシステムイメージを修復
「復元操作は正常に完了されました」と表示されれば、修復は完了です。
エラーが出て修復できない場合は、もう一度最初に戻り「システムファイルの修復」のコマンドから実行して修復を試してみます。 これで、システムイメージの修復操作は完了ですが、最後にもう一度システムファイルのチェックを実行します。 
最後にシステムファイルのチェックを再度実行
最初に行った「システムファイルのチェック」を実行すれば、修復機能のコマンドプロンプトでのシステムの修復は完了です。
修復機能のコマンドプロンプトでシステムファイルのチェックを実行
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト