パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 システムの効果音と起動音を消す設定

公開日

Windows11のシステム効果音と起動音を消す設定は、コントロールパネルの項目のハードウェアとサウンドのシステムサウンド、または設定のシステムのサウンドから操作できます。また、システムやアプリの警告音や通知音など個別に音を消すこともできます。  このページでは、全システム効果音または個別に音を消す方法と、起動音を消す設定方法を紹介しています。


Windows11のシステムの効果音をミュートする設定方法


Windows11のエラーや警告などのシステム音やアプリの通知音は「サウンドなし」を選択するだけで全てミュートできます。また個別にシステムやアプリの音を選択して消すこともできます。起動音はスタートアップ音の再生の選択を解除すると消せます。
システム音と起動音は「システム サウンドの変更」で設定します。設定の開き方は「コントロールパネル」または「Windows 設定」から行えます。  コントロールパネルのシステム サウンドの変更を開く
スタートメニューから スタートメニューから起動する方法は、「すべてのアプリ」をクリックして、一覧の「Windows ツール」をクリックするとエクスプローラーが開き、「コントロールパネル」をクリックします。
Windows11 スタートメニューからコントロールパネルを開く  検索から
  • キーボードの「Windows」キーを押した後に、「control」と押します。
  • 検索画面が表示されたら、「コントロールパネル」をクリックします。
※この操作は、検索で「control」と入力する操作と同じです。
Windows11 検索からコントロールパネルを起動  コントロールパネルが開いたら「ハードウェアとサウンド」をクリックします。
Windows11コントロールパネルのハードウェアとサウンドを開く  ハードウェアとサウンドが表示されたら「サウンド」の「システム サウンドの変更」をクリックすれば、システム音と起動音の設定画面が表示されます。
Windows11コントロールパネルのシステム サウンドの変更を開く  設定から「システム サウンドの変更」の 開き方
  • スタートメニューを表示して「設定」を開きます
  • 項目の「システム」を選択して「サウンド」をクリックします
  • 「サウンド」が表示されたら「サウンドの詳細設定」をクリックします
  • 「詳細設定」が表示されたら「サウンド」タブををクリックすれば、システム音と起動音の設定画面が表示されます

全てのシステムの効果音を消す


サウンド設定の選択ボックスの「Windows 標準」をクリックして「サウンドなし」を選択します。
Windows11サウンド設定をクリックしてサウンドなしを選択  サウンド設定の選択ボックスが「サウンドをなし」になっていることを確認して「適用」をクリックします。
Windows11コントロールパネルのシステム サウンドの変更を開く
これで、エラー音や警告音、通知音など全てのシステムの効果音が出ないようになります。

個別に選択して効果音を設定消す


プログラム イベント」ボックスで効果音を消したい内容をクリックして選択します。
Windows11効果音を消したい内容を選択  下部にある「サウンド」ボックスをクリックして、選択内容をスクロールし最上部にある「なし」をクリックします。
Windows11効果音を消したい内容の効果音をなしに選択  効果音をなしにした内容のスピーカーアイコンが黄色になっていることを確認して「適用」をクリックします。
Windows11効果音を消したい内容の効果音をなしに選択
これで、「なし」にした選択した内容の効果音が出ないようになります。

起動時の起動音を消す設定


Windows スタートアップのサウンドを再生する」をクリックしてチェックマークを外し、非選択状態にして「適用」をクリックします。
Windows11サウンド設定をクリックしてサウンドなしを選択
これで、Windows11の起動時の効果音が出ないようになります。
スポンサーリンク

システム サウンドの変更設定後に注意すること


システムの効果音や起動音を消す「システム サウンドの変更」の設定後に、デスクトップの壁紙などの「個人用設定」を変更すると、システムサウンドの設定が元に戻ることがあります。 また、バージョンアップデートなどでも、システムサウンドの設定が元に戻る場合もあります。  このような不具合は Windows ではとても多く、システムサウンドの設定が元に戻った場合は再設定が必要です。個別に効果音の設定そしている場合は再設定が大変です。対処法として、システムサウンドのレジストリをバックアップしておき、元に戻った時に復元することで再設定が素早くできる場合があります。 

システムサウンドの設定をバックアップ

1. レジストリエディタを開く
  • キーボードの「Windows」を押して「regedit」と入力して「Enter」キーを押す
  • スタートメニューの検索結果の「レジストリエディター」をダブルクリック
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリック
Windows11 レジストリエディタを開く width=
ファイル名を指定して実行から開く場合
  • キーボードの「Windows」と「R」押します。
  • 「ファイル名を指定して実行」が開いたら、テキストボックスに「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックします。
  2. システムサウンドの設定のレジストリをバックアップ
システムサウンドの管理場所 HKEY_CURRENT_USER\AppEvents\Schemes\Apps レジストリの移動はキー名の「〉」アイコンをクリックして展開していきます。
  • 〉HKEY_CURRENT_USER
  • 〉AppEvents
  • 〉Schemes
Windows11システムサウンドの設定のレジストリ  3.「Apps」を右クリックしたメニューの「エクスポート」をクリックすれば、システムサウンド設定のバックアップを作成できます。
Windows11システムサウンドの設定のレジストリ
レジストリのバックアップと復元方法は下記のページで詳しく紹介しているので参考にしてください。
Windows11 レジストリのバックアップと復元のやり方

サウンド Tips:

Windows11で勝手に音量が変わる場合は、アプリ毎の音量の設定またはアプリによる音量変更機能を無効化することで対処できます。
Windows11 アプリ毎に音量が変わるのを防ぐ2つの方法
スポンサーリンク
筆者 監修 Yukiko Mishima
著者/ Yukio Mishima
主に企業や組織のPCサポートとシステム構築のPCエンジニアリング。現場で経験した問題解決や設定など紹介しています。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト