Windows XP モードのインストール 「セットアップ編」のRSS Windows XP モードのインストール 「セットアップ編」の説明を印刷する

Windows XP モードとは、Windows 7 Professional/Ultimate/Enterprise に提供される仮想デスクトップ機能です。仮想デスクトップとは、デスクトップ内に、新たにOSを立ち上げる事ができ、「Windows Virtual PC(仮想デスクトップ)」上で、他のオペレーションシステムWindows VistaやLinux系OS、またWindows XP modeでは、Windows 7では利用できないアプリケーションソフトが使えるようになります。
「Windows XP モード」の特徴は、仮想デスクトップのWindows XPにインストールされたソフトウェアを、仮想ウインド内ではなく、Windows 7のデスクトップ上で作業している状態をつくれるので、違和感が感じられない。ただし、作業やソフトによるが、少し動きがぎこちなく感じる場合もある。
Windows XP モードの利用にあたっては、パソコンのCPUがIntel VTやAMD-Vといった仮想化支援機能をサポートしている前提になる。また、Windows XP Modeのインストール用と仮想Windows環境用に17GBのHDD空き容量が必要とアナウンスされている。
パソコンのCPUが対応しているか非対応かわからない場合は、プログラムが準備されているので、簡単に調べられる。

XP mode の使い方「設定編」はこちらのページ〔XP モードの使い方「設定編」
XP モードの使い方「アプリ編」〔XP モードの使い方「Windows 7でXP用アプリを実行」

1.Windows XP Mode のダウンロード
Windows Virtual PC ホーム ページ」にアクセスして、「Windows XP Mode と Windows Virtual PCを今すぐ入手」をクリックして、「Windows XP Mode のダウンロード」ページを開きます。

Windows Virtual PC ホーム ページ

XPモードを使用するパソコンのCPUが対応しているかわからない場合は、診断ソフトをダウンロードしてチェックができます。
CPUがXPモードに対応していない場合、XPモードのインストールは完了されますが、XPモードは起動しません。
診断が必要な方はコチラをクリックして説明をご覧ください。

この説明を閉じる☒
XPモードに対応しているかチェックするソフト「havdetectiontool」の利用方法
診断ソフトダウンロードページ
1.「xp_mode_checkDlpage.exe」をダウンロードします
「xp_mode_checkDlpage.exe」をダウンロードページ
2.ダウンロードした「havdetectiontool.exe」をクリックして実行します。
havdetectiontool.exe
3.セキュリティの警告ウインドが出ますので「実行」をクリックします。
xp_mode_checkDlpage.exe実行、セキュリティの警告ウインド
4.英語の同意文がでますので「I accept the license terms」のチェックボックスにマークを付け「Next」ボタンをクリックします。

xp_mode_checkDlpage.exe実行、セキュリティの警告ウインド
5.暫くすると結果ウインドが現れますので、画像①のウインドが現れれば対応しています。画像②のウインドウは非対応になりますので、XPモードは利用できません。「OK」でウインドを閉じます。

xp_mode_checkDlpage.exe実行、セキュリティの警告ウインド
この説明を閉じる☒
「Windows XP Mode 」「Windows Virtual PC」「Winodows XP Mode update」をダウンロードします。
先に①「システムの選択」を選択し、次に②「言語の選択」をします。①②とも選択が完了すれば、ダウンロードボタンが現れます。
次に③「Windows XP Mode 」④「Windows Virtual PC」⑤「Winodows XP Mode update」をダウンロードします。
Windows XP Mode のダウンロードはファイル要領が約600MBあり、結構時間がかかります。

Windows Virtual PC ホーム ページ

2.Windows XP Mode のインストール
必ず「Windows XP Mode 」を先にインストールしてください。
ダウンロードした「WindowsXPMode_ja-jp.exe」をクリックして実行します。セキュリティウインドがでますので「実行」をクリックしてインストールを始めます。
インストールが始まりますので、全て「次へ」をクリックして進み、最後に「完了」ボタンをクリックします。
WindowsXPMode
WindowsXPMode インストール スタート
WindowsXPMode インストール STEP1
WindowsXPMode インストール STEP2
WindowsXPMode インストール STEP3
WindowsXPMode インストール STEP4

3.Windows Virtual PC のインストール
Windows XP Mode のインストールが完了しましたら、ダウンロードした「WindowsXPMode_ja-jp.exe」をクリックして実行します。インストーラーのウインドが開きます。
Windows Virtual PC
更新プログラムのインストール確認ウインドが出ますので「はい」をクリックします。
Windows Virtual PC インストール スタート
ライセンス条項ウィンドが出ますので「同意します」をクリックします。

Windows Virtual PC 同意
インストールが開始され、完了すると「今すぐ再起動」をするかどうかのボタンがありますので、ご自分の環境に合わせてせクリックしてください。

Windows Virtual PC インストール STEP1

Windows Virtual PC インストール STEP2

4.Windows XP Mode Updateの適用
Windows XP mode 及び Windows Virtual PC のインストールが完了し、再起動がなされていること。
「Windwos XP Mode update」の保存したファイル「Windows6.1-KB958559-x86.msu(32bit)」又は、「Windows6.1-KB958559-x64.msu(64bit)」をダブルクリックして、セットアップを開始します。
Windows XP Mode update セットアップ
「ライセンス条項をお読みください」と表示されるので、内容を確認し、内容に同意いただける場合は[同意します]をクリックします。
Windows XP Mode update のインストールが開始されます。

Windows XP Mode update インストール
「インストールの完了」と表示されるので、[今すぐ再起動]をクリックします。

Windows XP Mode update インストール完了

5.Windows XP Mode のセットアップ
Windows Virtual PC のインストール後に再起動が完了していること。
XPモードのセットアップを開始します。このセットアップは、Windows XP SP3 をインストールする作業になりますので、それなりの時間がかかります。
①「スタート」→②「すべてのプログラム」→③「Windows Virtual PC」→④「Windows XP mode」をクリックします。
Windows X PMode セットアップ
「ライセンス条項に同意する」にチェックマークを付け「次へ」をクリックします。

Windows X PMode セットアップ ライセンス
パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

Windows X PMode セットアップ 自動更新
自動更新の方法を選択して「次へ」をクリックします。

Windows X PMode セットアップ 自動更新
ドライブ共用オプションの設定はセットアップ後に行いますので、「セットアップの開始」をクリックして進みます。

Windows X PMode セットアップ 自動更新
セットアップが開始され、セットアップ進行ウインドには、「Virtual PC」「XP mode」の説明が次々と表示されます。時間が許すなら説明をみておきましょう。

Windows X PMode セットアップ 自動更新
セットアップが終了すると、デスクトップ内にVirtualウインドが現れ、自動的にWindows XPが起動します。起動が完了すれば「XP モード」のセットアップは完了です。
次にXPモードの基本的な設定をします。XPモードの基本設定と使い方
Windows X PMode セットアップ 自動更新
NOTES:
Windows XP モードを利用しないのであれば、パソコンのCPUがIntel(VT)やAMD(V)といった制限は気にしなくてよい。
XP モードは仮想ウインドを立ち上げなくても、デスクトップ上でXP対応のプログラムが実行できる便利さはあるが、「Virtual PC 2007」のインストールを行い、XP モードではなくWindows XP をVirtual PCにCDからセットアップすることもできるので、CPUが対応していないからといって諦める必要はない。
ただし、Windows XPの仮想ウインド内でインストールされたソフトは、仮想ウインド内のみ実行可能であり、XPモードのようにWindows 7のデスクトップ上では実行できない。
※上記でインストールした「Virtual PC」と今回説明した「Virtual PC 2007」まったく異なったものである。「Windows XP Mode」と「Virtual PC 2007」の組み合わせでは、XP モードは動かない。「Virtual PC 2007」はWindows VistaやWindows XPにも利用できる。