PCサポート  

米Microsoft社は4月27日(米国時間)「Windows 10 April 2018 Update(バージョン 1803)」4月30日(現地時間)から提供開始すると発表しました。
Windows 10 April 2018 Update は、一部の条件でブルースクリーンが発生してしまったりなど、バグが幾つか報告され提供は遅れたが、アップデートの名前にあるように何とか4月中に提供できるようになった。
それとも、アップデート名(April 2018 Update)のために無理やり4月中に提供を開始するはめになったのか、Windows 10 の大型アップデートは何かと問題が多いので、少し不安に思うところも正直あります。
アップデートの自動更新を止める方法はこちらをご覧ください。
April 2018 Update のダウンロードと手動アップデートはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

April 2018 Update の大きな更新内容


Windows 10 April Update「タイムライン」

Windows 10 April 2018 Update の更新で、新機能の「タイムライン」が追加されます。タイムラインは、今日や先週など30日前までさかのぼって、Windows 10 で行なった作業や操作を簡単に検索がすることができ、データーを作成したのにいくら探しても見つからない、以前に見た写真や動画をどこに保存したのか覚えていないなど簡単に見つけることができます。また、マイクロソフトアカウントでサインインしていれば、iphone(ios) や Android のデバイスから、Edge や Office 365 で行った作業を Windows 10 パソコンに切り替えて、引継ぎ再開することもできるようです。

Windows 10 タイムラインの使い方

Windows 10 April 2018 Update「集中モード」

アクションセンターに「集中モード」と呼ばれるボタンが追加され、この機能により通知を完全に非表示にしたり、特定の通知だけを表示させたりできるようになり、作業に集中できるようにすることができます。
設定には、通知をオンにする時間帯を指定したり、ゲームプレイ中や自宅(コルタナで住所を設定)にいるときのみ自動的に通知をオンにしたりすることもできるようです。

Windows 10 集中モードの使い方

Windows 10 April 2018 Update「Edgeブラウザの強化」

Edgeブラウザにオーディオアイコンが追加され、音声が再生されているタブをミュートしたり、ミュート解除に設定できるようになっている。
また、書籍やPDF、読み取りビューのページを全画面表示したり、ネットでの支払いフォームに自動入力させたり、不要な部分を排除してウエブページを印刷したりできるようになるそうです。

その他の主だった更新内容

  • Bluetoothと無線LANで、PC間でデータの共有が簡単できる「近接共有」
  • Microsoftに送る診断データの中身を確認できる
  • スタートメニューの改良
  • Cortanaの強化
  • ハードウェアとゲームに関する改良
  • マイ連絡先の改良


スポンサーリンク