パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows11 Defender ウイルス対策を一時的に停止する

公開日

Windows11 の標準搭載のセキュリティソフト Defender 「ウイルスと脅威の防止」の誤検知が原因で、ファイルが開けない、アプリの実行やインストールできないことがあります。この場合、Defender を一時停的に止めれば操作できるようになります。  Defender の一時停止は、アプリやファイルなどがウイルスに感染していないことが明らかである場合のみ、実行するようにしてください。  このページでは、Windows11 Defender を一時的に止める方法を紹介しています。
Defender のウイルス対策を完全に無効化する方法は下記の別ページをご覧ください。
Windows11 Defender を完全に無効化する

スポンサーリンク


Windows11 Defender の無効/有効の切換え


Defender の誤検知で、ファイルが開けない、アプリのインストールや実行できないときは、ウイルスと脅威の防止の「リアルタイム保護」を一時的に「オフ」にします。

Defender ウイルス対策の設定を開く

Windows11 Defender の無効/有効の切換えは、設定アプリの「プライバシーとセキュリティ」の 「Windows のセキュリティ」で操作をします。  1.「スタート」ボタンをクリックして、スタートの「設定」をクリックします。 スタートから設定アプリを開く  2.「プライバシーとセキュリティ」をクリックして、設定画面が表示されたら「Windows セキュリティ」をクリックします。
プライバシーとセキュリティの Windows セキュリティ  3.「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。
Windows セキュリティのウイルス対策の設定  4. ウイルスと脅威の防止の画面が表示されたら、「設定の管理」をクリックします。
Windows セキュリティのウイルス対策の管理設定
表示された「ウイルスと脅威の防止の設定」でウイルス対策の動作を設定します。

Defender の停止/始動の切換え


ウイルスと脅威の防止の停止

リアルタイム保護のスイッチボタンをクリックして、ユーザーアカウント制御が表示された「はい」をクリックします。
スイッチボタンが「オフ」になっていれば停止している状態です。
ウイルスリアルタイム保護の停止
Defender が停止したら、「リアルタイム保護がオフになっており、お使いのデバイスは微弱な状況です。」と表示されます。
ウイルスリアルタイム保護の停止 
この設定で、ウイルス対策を止めても無効にしても、パソコンの再起動やスリープから復帰すると自動的に有効になります。
 

ウイルスと脅威の防止の始動

リアルタイム保護のスイッチボタンをクリックして、「オン」にすれば始動します。
ウイルスリアルタイム保護の始動
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト