パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 ネットワークアダプタのDNSを手動で設定する方法

公開日

Windows11 でネットワークアダプタのIPアドレスを自動設定(DHCP)していても、DNSのIPアドレスだけを手動で設定することができます。また、通常は2つDNSの設定ですが、それ以上の複数のDNSを設定することも可能です    このページでは、Windows11 ネットワークアダプタにDNSのIPアドレスを設定する方法を紹介しています。 ネットワークアダプタの固定IPアドレスの設定方法は下記のページをご覧ください。
Windows11 固定IPアドレスを設定する方法


Windows11 ネットワークアダプタにDNSを設定する手順


1.DNSを設定する編集画面を開く

1-1.「スタート」ボタンをクリックして、スタートの「設定」をクリックします。
スタートから設定アプリを開く  1-2. 設定が開いたら項目の「ネットワークとインターネット」をクリックします。
Windows11 設定のネットワークとインターネットを開く  1-3. ネットワークとインターネットが表示されたら「ネットワークの詳細設定」をクリックすれば、IPアドレスが設定できるネットワークアダプタが表示されます。 Windows11 ネットワークとインターネットのネットワークの詳細設定  1-4. DNSを設定する「イーサネット/Wi-Fi」のネットワークアダプタの「∨」ボタンをクリックして内容を展開します。
Windows11 DNSを設定するネットワークアダプタの内容展開  1-5. 内容が展開されたら「追加のプロパティを表示」をクリックします。
Windows11 DNSを設定するネットワークアダプタのプロパティを開く  1-6.「DNS」の「編集」をクリックすれば、DNSの編集の選択画面が表示されます。
Windows11 DNSを設定する編集画面を開く

2. DNSを自動から手動に変更

2-1.「DNS 設定の編集」の選択ボックスを「自動(DHCP)」から、「手動」に変更します。
Windows11 DNSの手動設定を選択  2-2. DNSの設定が表示されたら「IPv4」スイッチボタンをクリックします。「IPv6」はDNSの設定画面でも追加可能
Windows11 DNSの手動設定でIPv4を選択 IPv4 IPv6 について
IPv4は32ビットのアドレスで配給される数も限られて将来的には不足します。IPv6は128ビットを使用して、ほぼ無限に近い数のIPアドレスが作成できます。また、IPv6はIPv4に比べてセキュリティが強化されて、将来的にはIPv4の代替として普及していくことが予想されています。現在はまだIPv4が主流です。

3. DNSを手動で設定する

3-1.「DNS 設定の編集」が表示されたら、DNSのIPアドレスを入力します。
Windows11 DNSの編集画面が表示されるたらDNSのIPアドレスを入力設定

DNS 設定内容の説明

  • 優先 DNS
    DNSサーバのIPアドレスを入力します。分からなければ Google が無償提供している、DNSサーバ「8.8.8.8」と入力しても使用できます。
  • HTTPS 経由の DNS
    ほとんどの場合「オフ」にします。HTTPSの使用が定められている場合は「オン」
  • 代替 DNS
    優先DNSに障害が発生している場合に、使用するDNSサーバのIPアドレスを入力します。分からなければ入力しなくても問題ありません。任意設定
  • HTTPS 経由の DNS
    上記も同じ設定がありますが、ここでは「代替 DNS」に対しての設定です。
  • IPv6「オフ」
    IPv6のDNSを追加する場合は「オン」にして、IPv6のDNSアドレスを入力していきます。
3-2. DNS の設定が終われば「保存」をクリックして完了です。
Windows11 DNSの手動設定の完了
次は、最後にPCに保存されているDNSのキャッシュをクリアしておきます。

4. DNSのキャッシュをクリア

4-1. デスクトップを右クリックしたメニューの「ターミナル」をクリックします。
Windows11 デスクトップからターミナルを開く  4-2. ターミナルが表示されたら「ipconfig /flushdns」と入力して「Enter」キーを押します
Windows11 DNSキャッシュのクリアコマンドを実行
「DNSリゾルバーキャッシュは正常にフラッシュされました」と表示されれば、DNSのキャッシュのクリアは完了です。
DNSを更に追加する場合は、事項の「DNSを複数設定する方法」で紹介しています。

DNSを複数設定する方法


1. コントロールパネルからネットワーク接続を開く

1-1. コントロールパネルを開く スタートメニューから スタートメニューから起動する方法は、「すべてのアプリ」をクリックして、一覧の「Windows ツール」をクリックするとエクスプローラーが開き、「コントロールパネル」をクリックします。
Windows11 スタートメニューからコントロールパネルを開く  検索から
  • キーボードの「Windows」キーを押した後に、「control」と押します。
  • 検索画面が表示されたら、「コントロールパネル」をクリックします。
※この操作は、検索で「control」と入力する操作と同じです。
Windows11 検索からコントロールパネルを起動  1-2. コントロールパネルが開いたら「ネットワークとインターネット」の「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルのネットワークの状態とタスクの表示を開く  1-3.「アダプターの設定と変更」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルのアダプターの設定と変更を開く

2. DNSを複数追加するアダプターの詳細設定を開く

2-1. ネットワーク接続画面で、DNSを複数追加するネットワークアダプタをダブルクリックします。
Windows11 IPアドレスを追加するネットワークアダプタの詳細を開く  2-2. 全般画面が表示されたら「プロパティ」をクリックします。
Windows11 IPアドレスを追加するネットワークアダプタのプロパティを開く  2-3.「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択して「プロパティ」をクリックします。
Windows11 DNSを追加するネットワークアダプタの詳細プロパティを開く  2-4. プロパティが表示されたら「詳細設定」をクリックします。
Windows11 ネットワークアダプタのDNSの追加設定を開く
スポンサーリンク

3. ネットワークアダプタにDNSを複数追加

3-1.「DNS」タブをクリックして、「DNS サーバアドレス」ボックスの下の「追加」をクリックします。
Windows11 ネットワークアダプタのDNSの複数追加の設定を開く  3-2. 追加する「DNS のアドレス」を入力して「追加」をクリックします。
Windows11 ネットワークアダプタに複数追加するDNSを入力  3-3. DNSの追加が完了したら「OK」をクリックします。
Windows11 ネットワークアダプタにDNSの複数追加の実行 これで、DNSの追加は完了です。更に追加する場合は、上記の操作を繰り返せば複数のDNSを追加することができます。

ネットワークアダプタに設定するDNSの役割


DNSは、インターネットで「Webサイト」や「メール」などの、インターネット接続時の道案内的な役割を果たします。  例えば、ドメイン名 pasoble.jp にアクセスするには、ドメイン名ではなく接続先のサーバのIPアドレスにアクセスする必要があります。 DNSサーバは、pasoble.jp のドメイン名を「IPアドレスに変換して」サーバにアクセスできるようにする役割を担っています。  DNSの使用は、使用プロバイダや Google が無償提供しているものがあります。接続先のDNSに不具合が出れば、ネットサービスにアクセスできなくなります。またDNSの反応速度が遅ければ、表示速度にも影響が出ることがあります。  Tips :
このページの説明図にも使用しているDNSは、Google が無償で提供している「Google パブリック DNS」という名前で、誰でも使用できる(オープンリゾルバ)形式です。  Google パブリック DNS のIPアドレスは、優先「8.8.8.8」代替「8.8.4.4」で評判がよいDNSサーバです。
IP Tips:
Windows11 の IPアドレスの設定や変更、DNSの設定や複数のIPの追加方法など、下記のページでまとめて紹介しています。
Windows 11 IPアドレスの設定と変更
スポンサーリンク
筆者 監修 Yukiko Mishima
著者/ Yukio Mishima
主に企業や組織のPCサポートとシステム構築のPCエンジニアリング。現場で経験した問題解決や設定など紹介しています。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト