パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 のアップグレードを完全に拒否する方法

公開日
最新更新日

Windows11 へのアップグレードの要件を満たしている Windows10 PC で、Windows11のアップグレードを完全に拒否したい場合は、UEFI BIOS の TPM 機能を無効にすることで可能です。   このページでは、Windows11 にアップグレードをさせない方法を紹介しています。
アップグレードの催促の通知を消す方法は、下記のページをご覧ください。
Windows10 の Windows11 へのアップグレードの通知を消す

スポンサーリンク


Windows10 を Windows11 にアップグレードさせない方法


Windows11 のアップグレードを拒否する仕組みと注意事項

Windows11 の要件の一つで「TPM(暗号化)」の搭載が必須です。なので TPM を無効化にすることで、要件を満たさないパソコンにし、Windows11 のアップグレードを完全に拒否する仕組みです。  TPM を無効化したら要件のチェックで、下図のように「Windows11システム要件を満たしていません」と表示され、アップグレードを拒否することができます。
Windows11 に対応しているか要件をチェックする方法
Windows11 の要件 TPM を満たしていない結果  Windows11 にアップグレード、またはクリーンインストールする場合は、TPM の設定を「Enable(有効)」にするだけです。 
注意事項:
BitLocker(ディスクの暗号化) が有効化されている場合、TPM の無効化により回復キーの入力が必要になることがあります。回復キーが分からない場合は、TPM の無効化はしないでください。最もよい方法は TPM の無効化前に BitLocker を解除しておくことです。  BitLocker の有効無効の確認や、暗号化の解除方法は下記のページでも詳しく紹介しています。
BitLocker ドライブ暗号化の有効無効の確認と解除方法  BitLocker の有効/無効の確認
  • 「スタート」→「設定」→「システム」→「詳細情報」の順に進み、「BitLocker の設定」をクリックします。
  • BitLocker の設定が表示されたら、BitLocker の 有効/無効の確認ができます。
  • Home版で BitLocker の設定が表示されず、Pro版の購入画面が表示される場合は、BitLockerは有効になっていません。
BitLocker の有効または無効の確認

UEFI BIOSの起動

ここでは、Intel 制の CPU 搭載の ASUS UEFI BIOS 日本語にて説明していますが、他のPCでも似たような設定のものが多いです。  ご利用のPCの TPM の無効化を詳しく知りたい方は、メーカのサポートに問合せをするか、Web検索にて「機種名 TPM」で検索してください。
  • パソコンの電源ボタンを押して電源投入後、直ぐにキーボードの「F2」または「Delete」キーを押します。この操作は PC の再起動でも可能です。
  • キーの押すタイミングがズレると BIOS が起動しないので、 BIOS 画面が表示されるまでキーを連打する方が確実です。
UEFI BIOSの起動 

AUSU の UEFI BIOSが起動した画面

UEFI BIOSの起動画面

TPM 機能の無効化

1. UEFI BIOSが起動画面の「Advanced Mode」をクリックします。
UEFI BIOS の設定を Advanced Mode に切り替える
※Advanced Mode とは詳細な設定ができるモードです。  2. 上部メニューの「詳細」または「Advanced」をクリックします。
UEFI BIOS の詳細設定を表示  3. 設定項目の「PCH-FW Configuration」 をクリックします。
UEFI BIOS のTPMの設定を開く  4. 「Intel Platform Trust Technology」のボックスをクリックして「Disable(無効)」を選択します。
UEFI BIOS のTPMの無効化 
CPUにより設定の名前が違います。
現在 Windows で使用される CPU での、TPM の設定は下記のように二種類の名称があります。
  • Intel だと「 PTT(Platform Trust Technology)」
  • AMD だと「 fTPM(firmware TPM)」
5. BitLocker に対しての警告が表示されるので「OK」をクリックします。
UEFI BIOS のTPMの無効化の警告表示  ここで「OK」をクリックしても、まだ設定は確定していません。  6. メニューの「終了」をクリックします。
UEFI BIOS の終了をリクエスト  7. 終了方法が表示されるので、「変更を保存しリセット」をクリックします。
UEFI BIOS TPM 無効化完了  ※TPM の無効化をキャンセルする場合は、「保存せずに退出」をクリックします。  8. PC が再起動した後に Windows が起動すれば TPM の無効化は完了です。
UEFI BIOS TPM 無効化完了後のWindowsの起動

TPM 無効化の確認

1. スタートボタンをを右クリックした、メニューにある「デバイスマネージャー」をクリックします。 デバイスマネージャーを開く  2. デバイスマネージャに「セキュリティ デバイス」が表示されていいなければ、TPM の無効化が成功しています。
デバイスマネージャーでTPMの状態を確認 
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報
スポンサーリンク
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト