パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 をセーフモードで起動させる4つの方法

公開日

Windows11 をセーフモードを起動する操作方法は、起動している状態または起動しない状況ともに、修復オプションを立上げて、オプション設定した後にセーフモードが起動できるようになります。また、セーフモードの起動には幾つかのやり方があります。

このページでは、セーフモード起動の主な4つの方法を紹介しています。
セーフモードで不具合を修復する方法は、下記のページをご覧ください。
Windows11 セーフモードで修復する5つの方法

スポンサーリンク


スタートの再起動ボタンからセーフモードを起動


  • スタートメニューを開きます。
  • スタートが表示されたら電源ボタンをクリックします。
  • キーボードの「Shift」キーを押したままにします。
  • 電源メニューの「再起動」をクリックすれば、修復オプションを立ち上げることができます。
スタートメニューからオプションを起動してセーフモード  オプションが表示されたら、「セーフモードのオプション設定と起動」へ進んでください。


システム設定の回復からセーフモードを起動


1.「スタートボタン」をクリックして、スタートメニューの「設定」をクリックします。
Windows11 の設定を開く  2.「設定」が表示されたら、システムが表示されているので「回復」をクリックします。
Windows11 の設定の回復  3. 「PC の起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動」をクリックすれば、修復オプションを立ち上げることができます。 Windows11 の回復設定のPC の起動をカスタマイズするで再起動  オプションが表示されたら、「セーフモードのオプション設定と起動」へ進んでください。


サインイン画面からセーフモードを起動


  • サインイン画面で「電源ボタン」をクリックします。
  • キーボードの『Shift』キーを押したままにします。
  • 電源メニューの「再起動」をクリックします。
Windows11 のサインイン画面からセーフモードの起動準備  「お待ちください」表示され再起動後に、「オプションの選択」画面が表示されます。
Windows11 セーフモードの起動準備の再起動  オプションが表示されたら、「セーフモードのオプション設定と起動」へ進んでください。


Windows11 が起動できない状態からセーフモードを起動


Windows11 が起動しない状況からセーフモードで起動するには、電源ボタンによる強制終了で修復オプションを立ち上げた後に、選択設定した後にセーフモードで起動するこごができます。
起動できない状態でセーフモードを起動する方法は、下記の別ページでも詳しく紹介しています。
Windows11 が起動しない時にセーフモードで起動する方法
  • パソコンの電源スイッチを入れ、起動画面(くるくる回る)が表示されたら電源ボタンをシャットダウンするまで、押し続けて「強制終了」します。
    ※強制終了は二回以上続けて行う必要があります。
    強制終了の電源ボタンの押すタイミングは、起動画面または「くるくる回る」画面が表示されたら、電源ボタンんの長押で電源をきります。
    ※ パソコンによっては、Windows のロゴが表示されず、メーカのロゴや何も表示されない場合もあります。
    ※ パソコン本体は起動しているけど、Windows の起動画面すら表示されない場合も「強制終了」を試してみてください。

    Windows11 修復機能の起動
    強制終了を二回以上続けて行い、「自動修復を準備しています」または「お待ちください」と表示されれば、そのまま待ちます。  バージョンや環境により、「お待ちください」と表示され、下記の自動修復が実行されず、直ぐに「回復」画面が表示される場合がありますが、問題ありません。 自動修復が起動された場合は、起動画面に「自動修復を準備しています」と表示され、次に「PCを診断中」と表示されます。「回復」が表示されたなら、次の(2)へ進んでください。
    診断中は、かなり時間がかかる場合もありますが、そのまま待ちます。
    Windows11 自動修復実行中 
  • 「自動修復」の画面が表示されたら「詳細オプション」をクリックします。
    Windows11 修復の詳細オプション
    ※ PC の環境により、「回復」画面が表示される場合がありますが、「詳しい詳細オプションを表示する」をクリックしてください。
    Windows11 回復の詳細オプション  
  • 「トラブルシューティング」をクリックして、次の画面で「詳細オプション」をクリックします。
    修復機能のオプション表示 
詳細オプションが表示されたら、「セーフモードのオプション設定と起動」へ進んでください。


セーフモードのオプション設定と起動


1.「オプションの選択」が表示されたら「トラブルシューティング」をクリックし、次の画面で「詳細オプション」をクリックします。
Windows11 修復オプションのトラブルシューティングを選択  2. 詳細オプションで「スタートアップ設定」をクリックします。
Windows11 修復オプションのトラブルシューティングのオプションのスタートアップ設定を選択  3. スタートアップ設定が表示されたら「再起動」をクリックします。
Windows11 修復機能のトラブルシューティングのスタートアップ設定で再起動  4. 再起動後にセーフモードで起動させるオプションが表示されるので、キーボードでオプションの番号を押せば、セーフモードが起動します。
Windows11 修復機能でセーフモードの起動オプションを指定して起動
スポンサーリンク
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト