パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 画面の一部を切り取ってキャプチャする方法-スクリーンショット Snipping Tool

最終更新日

Windows11 はスクリーンショット アプリとして「Snipping Tool」を標準で搭載しています。Snipping Tool は「Windows」+「Shift」+「S」で起動し、マウス操作で選択した部分の画面のみを切り取ってキャプチャーすることができます。また Snipping Tool でスケッチ加工や、画像文字を認識してコピーすることもできます。  このページでは、スクリーンショットアプリ Snipping Tool で指定範囲を画面キャプチャする方法とスケッチ加工の使い方を紹介しています。 Snipping Tool で新しく追加された録画機能は、選択範囲を切り取って画面録画録音ができます。詳しい使い方は下記のページをご覧ください。
Windows11 画面の選択範囲だけを録画する方法


キーボードから Snipping Tool を起動する使い方

キーボードの操作で Snipping Tool が起動してキャプチャができ便利です。ただし画像編集でスケッチ加工するには、別途操作が必要です。

ショートカットキーで Snipping Tool を起動

キーボードの「Windows」+「Shift」+「S」キーを押せば、Snipping Tool を起動することができます。
Windows+Shift+Sキーで Snipping Tool を起動

Print Screen (PrtSc) キーで Snipping Tool の起動

キーボードで Snipping Tool を起動する方法は、他にも「Print Screen (PrtSc)」キーだけで起動させる設定方法もあります。下記のページは機能「オフ」で停止の方法ですが「オン」にすれば利用できます。
Windows 11 Print キーでの Snipping Tool の起動

キーボードの起動から画面キャプチャを実行

1. キーボードから Snipping Tool が起動したら、直ぐに画面全体にフィルターがかかり「切り取り形状の」アイコンが上部に表示されます。
Windows11 Snipping Tool 起動画面 ※ スクリーンショットをキャンセルする場合は、「Esc」キーを押します。 2. 切り取り形状のアイコンをクリックして、切り取る部分をマウスを左クリックしたままキャプチャする範囲を決めます。
Windows11 Snipping Tool 切り取る部分を選択してキャプチャ
クリックを離すとスクリーンショットの完了です  3.スクリーンショットが完了すれば、キャプチャした画面がクリップボードやフォルダに保存され、右下にダイアログボックスが表示されます。
Windows11 Snipping Tool 画面切り取キャプチャの完了 

Snipping Tool で画面を切取る形状の種類

  • Snipping Tool キャプチャする切り取り形状を四角形で四角形に切り取りして画面キャプチャ
  • Snipping Tool キャプチャする切り取り形状をフリーハンドでフリーハンドで切り取りして画面キャプチャ
  • Snipping Tool キャプチャする切り取りをアクティブウィンドウでアクティブ画面(最前面)のウィンドウだけを画面キャプチャ
  • Snipping Tool キャプチャを全画面で画面全てをキャプチャ ※このアイコンボタンをクリックすると直ぐに全画面のキャプチャが実行される

キーボードから Snipping Tool を起動した場合のキャプチャ画像の利用方法


スクリーンショット画像の保存場所
スクリーンショット画像が保存される場所は、このページの キャプチャ画像の保存場所 で紹介しています。

スクリーンショット画像のスケッチ加工するには

ショートカットキーで Snipping Tool 起動してキャプチャした場合、画像を編集する画面は自動で表示されません。以下の3つの方法で、スケッチ加工を開くことができます。 
  • 画面キャプチャのスケッチ加工をする場合、ダイアログボックスが表示されている間に「スクリーンショットをクリップボードにコビーして保存しました 画像をマークアッフして共有するには、ここを選択してください」をクリックすれば Snipping Tool のスケッチ加工の編集画面を表示することができます。
    Windows11 ダイアログからスクリーンショット画像の編集画面を表示
  • ダイアログボックスが消えた場合、画面の右に表示される「アクションセンター(通知)」から、スクリーンショット画像をクリックすれば Snipping Tool のスケッチ加工の編集画面を表示することができます。
    Windows11 通知からスクリーンショット画像の編集画面を表示
  • 他にも、アイコンから Snipping Tool を起動して、メニューの「ファイルを開く」でスクリーンショット画像のスケッチ加工の開くこともできます。
    Windows11 Snipping Tool スクリーンショット画像のスケッチ加工を開く
画像のスケッチ加工の詳しいやり方は、このページの 画面キャプチャ画像をスケッチ加工するやり方 で紹介しています。

アイコンから Snipping Tool を起動する使い方

ショートカットアイコンから Snipping Tool を起動すれば、遅延時間を指定してキャプチャの実行ができます。また、キャプチャ画像と編集画面が自動で表示され、引き続きスケッチ加工もできます。

ショートカットアイコンで Snipping Tool を起動

1. 「スタート」ボタンをクリックして、スタートメニューの「設定」をクリックします。
Windows11 の設定を開く  2. スタートメニューの「すべてのアプリ」をクリックします。
スタートのすべてのアプリを表示  3. 画面をスクロールして「Snipping Tool」アイコンをクリックして起動します。
スタートメニューから Snipping Tool を開く

ショートカットアイコンを作成して Snipping Tool を開く

■ スタートメニューに作成
毎回「すべてのアプリ」から起動するのは面倒なので、スタートメニューにアイコンをピン留めすると便利です。
Windows11 スタートメニューのピン留め アイコンの追加と削除 
■ デスクトップに作成
デスクトップ(ホーム)に直接アイコンを作成する場合は、「Snipping Tool」アイコンをクリックしたまま、ホーム画面に移動して「リンク」と表示されれば完了です。
スタートメニューから Snipping Tool を開く

アイコンの起動から画面キャプチャを実行

遅延キャプチャ時間の設定

切り取る範囲の選択後などすぐにスクリーンショットが実行されますが、「時計」アイコンをクリックし「1~10秒」の間を選択して実行を遅らせることができます。
Windows11 Snipping Tool 遅延キャプチャ時間の設定
1. Snipping Tool が起動したら「+新規」をクリックします。
Windows11 Snipping Tool ショートカットアイコンからの起動  2. 画面全体にフィルターがかかり「切り取り形状の」アイコンが上部に表示されます。
Windows11 Snipping Tool 起動画面 ※ スクリーンショットをキャンセルする場合は、「Esc」キーを押します。 3. 切り取り形状のアイコンをクリックして、切り取る部分をマウスを左クリックしたままキャプチャする範囲を指定します。
Windows11 Snipping Tool 切り取る部分を選択してキャプチャ
クリックを離すとスクリーンショットの完了です  4.スクリーンショットが完了すれば、キャプチャした画面がクリップボードやフォルダに保存され、画像編集画面が表示されます。
Windows11 Snipping Tool 画面切り取キャプチャの完了 

Snipping Tool で画面を切取る形状の種類

  • Snipping Tool キャプチャする切り取り形状を四角形で四角形に切り取りして画面キャプチャ
  • Snipping Tool キャプチャする切り取り形状をフリーハンドでフリーハンドで切り取りして画面キャプチャ
  • Snipping Tool キャプチャする切り取りをアクティブウィンドウでアクティブ画面(最前面)のウィンドウだけを画面キャプチャ
  • Snipping Tool キャプチャを全画面で画面全てをキャプチャ ※このアイコンボタンをクリックすると直ぐに全画面のキャプチャが実行される

アイコンから Snipping Tool を起動した場合のキャプチャ画像の利用方法


スクリーンショット画像の保存場所
スクリーンショット画像が保存される場所は、このページの キャプチャ画像の保存場所 で紹介しています。

キャプチャ画像をスケッチ加工するには

スクリーンショットを実行すれば、自動でスケッチ加工アプリが表示されるので、そのまま画像の編集ができます。
Windows11 Snipping Tool スクリーンショット画像のスケッチ加工画面 スケッチ加工アプリが表示されない場合は、タスクバーの Snipping Tool アイコンをクリックしてください。
Windows11 Snipping Tool ショートカットアイコンからの起動
後でアイコンから Snipping Tool を起動して、メニューの「ファイルを開く」でスクリーンショット画像のスケッチ加工の開くこともできます。
Windows11 Snipping Tool スクリーンショット画像のスケッチ加工を開く 画像のスケッチ加工の詳しいやり方は、このページの 画面キャプチャ画像をスケッチ加工するやり方 で紹介しています。

Snipping Tool 画面キャプチャ画像の保存場所

スポンサーリンク

スクリーンショット画像が保存されているフォルダの場所

スクリーンショット画像は、自動で「ピクチャ」フォルダ内の「スクリーンショット」フォルダに保存されています。
Windows11 通知からスクリーンショット画像の保存場所

スクリーンショット画像が保存されているクリップボードの場所

スクリーンショット画像のクリップボードの場所は、「Windows」+「V」キーを押せば表示されます。クリップボードからコピーをして貼付けることができます。 但し、クリップボードコピーが有効になっていないと利用できません。有効化は「Windows」+「V」キーを押してクリップボードを開き「オン」をクリックします。
クリップボードとは
スクリーンショットでキャプチャした画像やコピーした文章など、一時的にキャッシュ(保存)する機能です。また、クリップボードのキャッシュはパソコンの再起動などで削除されます。
Windows11 クリップボード

Snipping Tool 画面キャプチャ画像をスケッチ加工するやり方


News
Windows11 の Snipping Tool でスケッチ加工した画像をそのまま上書き保存すると、加工前に復元できる2022/03/21に微弱性が報告されましたがMicrosoft はアップデートすることで修正できると発表しています。アプリのアップデートを自動にしていない、または急ぐ場合は手動でアップデートができます。
Microsoft Store アプリの手動アップデートとインストール
Snipping Tool はなく、「切り取り領域とスケッチ」をアップデートします。

スケッチ加工アプリの基本操作


画像を開いてスケッチ加工する

スクリーンショット画像も、写真などの画像を開いてスケッチ加工することができます。  Windows11 Snipping Tool スケッチ加工する画像を開く  元に戻す/やり直し
ターン アイコンをクリックすると、元に戻す/やり直しができます。キーボードショートカット「Ctrl」+「(Z 戻す)(Y やり直し)」も同様に利用できます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工を元に戻すまたはやり直し 

描いたものを削除

「消しゴム」は描いたものを全て削除します。実行方法は「消しゴム」アイコンを右クリックして「全てのインクを消去」をクリックします。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工の消しゴム ※ 部分的な削除が必要な場合は「元に戻す/やり直し」で対処します。

スクリーンショット画像に描いたスケッチ加工も含めて保存する

「ディスク」アイコンをクリックすると、保存画面が開きます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工の保存 

スクリーンショット画像に描いたスケッチ加工も含めてクリップボードにコピーする

キャプチャの実行時の画像はクリップボードにコピーされますが、描いたものはコピーされません。描いたスケッチも含めて、クリップボードにコピーする場合は「コピー」アイコンをクリックします。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工をクリップボードにコピー クリップボードの詳細は、このページの スクリーンショット画像の保存場所 をご覧ください。

ペンツールでスケッチ加工する


ペンツールは「ボールペン」「蛍光ペン」が利用できます。ペンのアイコンをクリックすると使用できる状態になります。 Windows11 Snipping Tool スケッチ加工のペンツール  選択しているペンのアイコンを再度クリックすると、カラーや太さを設定できる画面が開きます。右クリックでも設定を表示できます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工のペンツールの設定  ペンの使い方は、ペンをアイコンを選択して、画像上で左クリックしたまま移動して線を描きます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工のペンツール

ペンツールでスケッチ加工する


ペンツールは「ボールペン」「蛍光ペン」が利用できます。ペンのアイコンをクリックすると使用できる状態になります。 Windows11 Snipping Tool スケッチ加工のペンツール  選択しているペンのアイコンを再度クリックすると、カラーや太さを設定できる画面が開きます。右クリックでも設定を表示できます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工のペンツールの設定  ペンの使い方は、ペンをアイコンを選択して、画像上で左クリックしたまま移動して線を描きます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工のペンツール

定規を使ってスケッチ加工する


「定規」アイコンを右クリックすると、メニューで「定規」または「分度器」の選択ができます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工の定規 定義や分度器の表示を消す
定義の表示は自動で消えません。「定規/分度器」アイコンを再度クリックして、表示されている種類をクリックして消します。

定規で直線を描く


線を描きたい場所に定規を移動します。
マウスポインターを定規の上または下に合わせ、左クリックしたまま移動すると直線が描けます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工の定規の使い方  定規で斜線を描く
定規にある角度表示にマウスカーソルを合わせて、スクロールボタンを回転させると定規の角度が変更できます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工の定規を回転させる 角度表示が見当たらない場合は、定規を向って左に水平移動すれば現れます。 斜線を描くときも直線と同様に、マウスポインターを定規の上または下に合わせ、左クリックしたまま移動して斜線を描きます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工の定規で斜線を描く 

分度器で円を描く


分度器の上にマウスポインターを合わせて、スクロールボタンを回転させると大きさが変更できます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工の分度器のサイズを変更  マウスポインターを分度器の端に合わせ、左クリックしたまま移動すると円が描けます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工の分度器で円を描く

Snipping Tool 画面キャプチャ画像内の文字を認識させコピーする


OCR機能は2023年10月の更新プログラムで追加されました。「テキスト アクション」ボタンが無い場合、Windows11 を最新の状態にアップデートすれば利用できるようになります。 1. スクリーンショット後の、スケッチ加工画面のメニューの「テキスト アクション」ボタンをクリックします。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工でOCR機能のテキストアクションを開始  2. 画像内の文字認識が始まり完了すれば、認識された文字以外がフィルターがかかった状態になり、「全ての文字をコピーする」と「クイック編集」メニューが表示されます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工でOCR機能の文字認識の終了
クイック編集は、メールアドレスと電話番号に関してのみに対応した操作です。 3. 「全ての文字をコピーする」をクリックすると、認識された画像文字がコピーされ、メモ帳などの文字編集アプリに貼り付けることができます。
Windows11 Snipping Tool スケッチ加工でOCR機能の認識された文字をコピーする
Tips Snipping Tool:
Windows11 の Snipping Tool は、Windows10 の切り取り&スケッチと Snipping Tool が一体化された、スクリーンショットアプリに仕上がっています。また、選択範囲の画面録画や、画像文字認識のOCR機能などが追加されより便利になるよう更新し続けています。
スポンサーリンク
この記事の著者
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
企業や組織のPCサポートをやっています。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト