パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 22H2以降のセットアップでローカルアカウントを作成

公開日

Windows11 Home のセットアップの初期設定でレジストリの編集、またはコマンドを実行すれば、バージョン 22H2以降でもローカルアカウントユーザの作成ができます。Pro版は選択操作のみで、ローカルアカウントを作成することができます。  このぺーじでは、Windows11 22H2以降のセットアップの初期設定でローカルアカウント作成する方法を紹介しています。
Windows11 のクリーンインストールでセットアップする方法は、下記のページをご覧ください。
Windows11 クリーンインストールのやり方



Windows11 のセットアップの初期設定でローカルアカウントを作成する方法


バージョン 21H2 ではネット切断だけでローカルアカウントが作成できましたが、バージョン 22H2 で仕様が変わり Microsoftアカウントがスキップできません。対処法は、レジストリの編集で Microsoftアカウントをスキップして「ローカルアカウントユーザ」の作成ができます。

初期設定画面でネット接続を切断

ここでの操作は、初期設定画面でインターネット接続を切断する操作をします。また、説明はケーブル接続と Wi-Fiの接続に分けています。  ネットを切断する操作は、初期設定の最初から Microsoftアカウント作成までのどの画面で行っても問題ありません。 

インターネット接続を切断

■ ネットワークケーブルでネットに接続している場合
ネットワークケーブル接続なら、ケーブルを抜いてインターネット接続を切断します。ネット接続が切れたら、次項のローカルアカウント作成する操作に進んでください
■ Wi-Fi でネットに接続している場合
  • PC本体の操作で Wi-Fi を「オン/オフ」できるなら「OFF」にしてインターネット接続を切断します。ネット接続が切れたら、次項のローカルアカウント作成する操作に進んでください
  • Wi-Fi が接続されない場所まで移動できるなら、移動してネットの接続を切ります。接続が切れたら、次項のローカルアカウント作成する操作に進んでください。
  • PC本体で Wi-Fi の操作ができない、または移動もできない場合は、下記の「初期設定で Wi-Fi の接続を切断」の方法で、ネットの接続を切ってください。
初期設定で Wi-Fi の接続を切断
1. 初期設定の画面上で、キーボードの「Shift」と「F10」を押して、コマンドプロンプトを起動します。
Windows11 セットアップの初期設定でコマンドプロンプトを開く この操作は、アカウントの作成前ならどの初期設定の画面上でも問題ありません。   2. コマンドプロンプトに start ms-settings: と入力して「Enter」キーを押して、Windows の設定を開きます。
> start ms-settings:
Windows11 セットアップの初期設定でWindowsの設定を開く  3. 設定が開いたら項目の「ネットワークとインターネット」をクリックします。
Windows11 セットアップの初期設定でWindowsの設定を開きネットワークの設定  4.「Wi-Fi」にあるスイッチボタンをクリックして、「オフ」に変更します。
Windows11 セットアップの初期設定でWindowsの設定でWi-Fiをオフにする  5. 設定画面の上部に「未接続」と表示されれば、Wi-Fi のネット切断は完了です。「X」ボタンで設定を閉じます。 Windows11 セットアップの初期設定でWindowsの設定でWi-Fiの切断完了
コマンドプロンプトは開いたままでOKです。次項のローカルアカウント作成する操作に進んでください


初期設定でローカルアカウントを作成する設定

ここでの操作は、レジストリエディターを起動してレジストリの編集で設定した後に、パソコンを再起動する2つの操作を行います。

また、レジストリエディターを起動しなくても、入力する文字は長いですが、コマンドの入力実行でレジストリを自動で編集することも可能です。結果は同じなので、好きな方法で操作してください。 

ローカルアカウントを作成する操作




■ レジストリエディターで編集
次で紹介しているコマンドでもできますが、入力文字が長いので間違えやすく、また入力が不便な場合はレジストリエディターでの編集が確実です。  1. キーボードの「Shift」と「F10」を押して、コマンドプロンプトを起動します。
Windows11 セットアップの初期設定でコマンドプロンプトを開く  2. コマンドプロンプトに regedit と入力して「Enter」キーを押します。
> regedit
Windows11 コマンドでレジストリエディタを起動  3. レジストリエディターが起動したら、キー名の横の「」アイコンをクリックして、下記の順に展開して「OOBE」をクリックし選択状態にします。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE
  • SOFTWARE
  • Microsoft
  • Windows
  • CurrentVersion
  • OOBE
レジストリの編集でローカルアカウントを作成するレジストリキー  4. 新規に「値」を作成します。
OOBE」を右クリックしたメニューの「新規」にマウス合わせ、表示されたサブメニューの「DWORD(32ビット)」をクリックして、新規に「DWORD値」を作成します。
レジストリの編集でローカルアカウントを作成する為の値の追加  5. 値の名前を変更します。
新規に作成した「DWORD値」の名前を「BypassNRO」に変更します。
レジストリの編集でローカルアカウントを作成する為の値の名前をBypassNROに変更 名前の変更は後からでも、値を右クリックしたメニューの「名前の変更」でもできます。
6. 名前を変更した「BypassNRO」をダブルクリックして「値の編集」を開いて、値のデーター「0」を「1」に変更します。
レジストリの編集でローカルアカウントを作成する為のBypassNROの値を編集
これでローカルアカウントを作成するレジストリの編集操作は完了です。「X」ボタンでレジストリエディターを閉じます。次のパソコンの再起動に進んでください。

■ コマンドの入力でレジストリの自動編集
下記のコマンドを、コマンドプロンプトに入力して「Enter」キーを押せば、上記の「レジストリの編集」と同じ操作が自動で実行され完了できます。
> reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\OOBE /v BypassNRO /t REG_DWORD /d 1 /f
コマンドの入力でローカルアカウントを作成するレジストリの自動編集
「この操作を正しく終了しました」と表示されれば、レジストリの自動編集は完了です。次のパソコンの再起動に進んでください。

初期設定からパソコンの再起動

レジストリの編集が完了したら、下記のコマンドを、コマンドプロンプトに入力して「Enter」キーを押せば、パソコンが再起動します。
> shutdown /r /t 0
コマンドでパソコンを再起動
後で初期設定するなら、シャットダウンでも問題ありません。シャットダウンは「/r」を「/s」に変更します。   shutdown コマンド Tips;
コマンドの再起動は「/r」オプションだけでもできますが、ダイアログが表示され待ち時間が必要になります。「/t」タイムオプションと「0」秒を追加すると直ぐに再起動することができます。
/r」を「/s」オプションに変えると、再起動ではなくシャットダウンができます。

初期設定でローカルアカウントユーザの作成

ここでは、ネットワークの接続要求を回避してローカルアカウントユーザの作成方法を説明しています。  1. 初期設定が始まると「お住まいの地域はこちらでよろしいですか?」と表示されるので、国名を確認し「はい」をクリックします。
windows11 セットアップ住まいの地域  2. 「これは正しいキーボードレイアウトまたは入力方式でうすか?」と表示されたら、「はい」をクリックします。
windows11 セットアップキーボードレイアウト  3. 「二つ目のキーボードレイアウトを追加しますか?」これは、日本語以外のキーボードレイアウトを追加するかの設定です。
必要が無ければ「スキップ」をクリックします。キーボードの追加は、インストール後でも設定ができます。
windows11 セットアップ キーボードレイアウトを追加  4.「ネットワークに接続しましょう」と表示されたら「インターネットに接続していません」をクリックします。
windows11 セットアップでローカルアカウント作成のためネットワークを切断  5.「今すぐ接続して、デバイスをすぐに使い始めましょう」と表示されたら「制限された設定で続行」をクリックします。
windows11 セットアップでローカルアカウント作成のためネットワークの接続拒否  6. ここからローカルアカウントユーザの作成
「このデバイスを使うのはだれですか?」と表示されたら、「名前」のボックスに「ユーザーアカウント名」を入力して「次へ」をクリックします。
windows11 セットアップ ローカルアアカウント名
※ユーザー名は 「PCの名前」でも触れましたが、半角英数字を推奨します。日本語では国外制のアプリが使えないなど、問題が起こることがあります。  7. パスワードを設定します
  • パスワードのボックスに、「パスワード」を入力して「次へ」をクリックします。
  • 「パスワードの確認」画面が表示されるので、もう一度同じパスワードをボックスに入力して「次へ」をクリックします。
windows11 セットアップ パスワードの入力  8. このアカウントのセキュリティの質問を作成します
※この設定は必須項目です。
  • パスワードを忘れた場合に、質問に答えると処理できるようになります。
  • 質問の内容を選択して「答え」を入力して「次へ」をクリックします。
  • 質問と回答は、3種類の内容を設定する必要があります。
  • 一度選択した質問の内容は使用できません。
windows11 セットアップ パスワードのヒントを設定
9. デバイスのプライバシーの設定の選択
  • 位置情報や、Windows11 の利用状況などをMicrosoft社に送信するなどの設定かできます。スイッチボタンをクリックして無効(いいえ)、有効(はい)の設定ができます。
  • 設定が終われば「次へ」をクリックすれば、更に設定が表示されるので設定して「次へ」をクリックします。
  • 同意」ボタンが表示されたらクリックします。クリックすると再起動して最終設定が開始されます。
windows11 セットアップ プライバシーの設定 ※この設定はセットアップ後でも、「設定」の「プライバシーとセキュリティ」でより詳細な設定ができます。  10. Windows11 ローカルアカウントの作成でセットアップの最終構成
  • 「これには数分かかる場合があります。」と表示され、別のメッセージが表示された後に、「もう少しで完了です」と表示さるので暫くそのまま待ちます。
  • 環境により自動で再起動する場合もあります。また、なかなか進まないからと言って、強制終了するようなことはやめてください。
クリーンインストールの完了  11.Windows11のホーム画面が表示されたら、ローカルアカウントユーザでのセットアップは完了です。
Windows11 のセットアップの完了 Wi-Fi のネットワークを切断を、設定から実行している場合は「オン」に戻してください。


Pro 版のセットアップの初期設定でローカルアカウントを作成する選択操作方法


Windows11 22H2 Pro版なら、ネットワーク切断やレジストリの編集は必要ありません。  「Microsoftアカウントを追加しましょう」の画面で「サインイン オプション」→「オフラインアカウント」と進み、次に「代わりにドメインに参加する」を選択するのがポイントです。 
  • 「サインイン オプション」をクリックして、表示された画面の「オフライン アカウント」をクリックします。
  • 「サインイン オプション」表示されたら、「代わりにドメインに参加する」をクリックします。
windows11 Pro Ver.22H2 以降のローカルアカウントの作成
その他の操作は上述の、初期設定でローカルアカウントユーザの作成 の「二回あるネットワークの接続要求」以外は同じなので、そちらをご覧ください。
スポンサーリンク
この記事の著者
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
企業や組織のPCサポートをやっています。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト