パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows11 タスクバーの非表示/隠れない時の対処法

公開日

Windows11 の初期設定では、画面の下にタスクバーが常に表示されるようになっています。タスクバーには、アイコンやボタン、時計などが表示されいてます。「タスクバーを自動で隠す」機能は、「タスクバーの設定」の「タスクバー動作」にて、非表示にして必要な時だけ表示させる設定ができます。  このページでは、タスクバーを非表示にして、マウスポインターで必要なときだけ表示する方法と、隠れない時の対処法を紹介しています。
従来のようにタスクバーを左端にする方法は、下記の別ページをご覧ください。
Windows11 タスクバーとスタートメニューの表示を左端にする


スポンサーリンク


タスクバーを隠す

マウスポインターを画面下に合わせると、タスクバーが表示され、離れると隠れます。
タスクバーの表示/非表示の操作方法
タスクバーを非表示にするには、タスクバーの設定の「タスクバーの動作」で「タスクバーを自動的に隠す」を選択します。  タスクバーの設定を開く
タスクバーの設定は、主に二つの開き方があります。

1. タスクバーから開く
タスクバーの何もないところを右クリックすれば、「タスクバーの設定」が表示されるのでクリックします。
タスクバーを右クリックしてタスクバーの設定を開く  2. 個人用設定から開く
デスクトップの何もないところを右クリックしたメニューの、「個人用設定」をクリックして設定画面が表示されたら、「タスクバー」をクリックします。
デスクトップを右クリックし個人用設定からタスクバーの設定を開く  タスクバーの動作をクリックします。
タスクバーの設定の「動作」を開く  「タスクバーを自動的に隠す」をクリックして、選択状態にします。
タスクバーを非表示にする設定
選択すると直ぐに反映するので、タスクバーが非表示なったことが確認できます。
タスクバーが非表示になった状態


タスクバーが隠れなくなった時の対処法

タスクバーが突然隠れなくなった

タスクバーを自動で隠すように設定していても、パソコンを利用しているうちに、タスクバーが突然隠れなくなった場合は、 タスクバーの設定で「タスクバーを自動的に隠す」をクリックして、一度チェックマーク外して、再度マークを付け選択状態にして隠れたか確認します。  まだ隠れないようなら、次項の「エクスプローラー」の再起動を試してみます。

全画面表示でタスクバーが隠れなくなった

動画サイトなどで、全画面表示にしたときに、通常は設定をしなくともタスクバーが隠れるよになります。
YouTubeなど動画やゲームで全画面表示をしたときに、タスクバーが隠れず表示されてしまう場合は、「エクスプローラー」の再起動を試してみます。 

エクスプローラーの再起動のやり方

タスクバー内でアイコンなど何も無い場所で右クリックすると、メニューが表示されるので「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー 表示  タスクマネジャーが下図のように「簡易表示」されている場合は、左下にある「詳細(D)」をクリックして、詳細画面に切り替えます。
タスクマネージャー 簡易表示 
  • 「プロセス」画面で「エクスプローラー」をクリックして選択状態にします。
  • 画面右下の「再起動」をクリックして、エクスプローラーを再起動します。
    • エクスプローラーの再起動
      ※ エクスプローラーの再起動をすると、現在開いているエクスプローラーは自動的に閉じます。  「エクスプローラー」の再起動でも改善できない場合は、パソコンを再起動して対処します。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト