パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows11 タスクバーの既定のアイコンボタンを消す

公開日

Windows11 のタスクバーに、最初から表示されている既定のアイコンボタンは、タスクバーの設定から「オン/オフ」で表示を操作できます。設定にないものは、アイコンボタンを直接右クリックして、メニューのピン留めを外すで消すことができます。  このページでは、規定値で表示されているタスクバーの、アイコンボタンを消す方法を紹介しています。
タスクバーのアイコンボタンの位置を変更する方法は、下記の別ページをご覧ください。
Windows11 タスクバーとスタートメニューの表示を左端にする

スポンサーリンク

タスクバーの既定のアイコンボタンの表示設定

タスクバーの既定のアイコンボタンは、検索やタスクビューなど一部のボタンはタスクバーの設定から表示のオン/オフの設定ができます。Edge や Microsoft store など、タスクバーの設定で操作できないものは、ピン留で操作で直接設定します。

タスクバーの設定で表示の設定

タスクバーのアイコンボタンは、通常「ピン留め」で操作しますが、一部のアイコンボタンは既定になっているので、タスクバーの設定から操作する必要があります。  タスクバーの設定を開く
タスクバーの設定は、主に二つの開き方があります。

1. タスクバーから開く
タスクバーの何もないところを右クリックすれば、「タスクバーの設定」が表示されるのでクリックします。
タスクバーを右クリックしてタスクバーの設定を開く  2. 個人用設定から開く
デスクトップの何もないところを右クリックしたメニューの、「個人用設定」をクリックして設定画面が表示されたら、「タスクバー」をクリックします。
デスクトップを右クリックし個人用設定からタスクバーの設定を開く 

既定のアイコンボタンの表示設定

タスクバーの設定で、既定のアイコンボタンは、「オン」で表示、「オフ」で非表示の設定ができます。
アカウント設定の家族とその他のユーザー
スイッチボタンの「オン/オフ」クリックすれば、直ぐにタスクバーの表示に反映されるので確認ができます。  タスクバーの設定で表示を消す、タスクバーの既定アイコンボタン
  • 検索
  • タスクビュー
  • ウイジェット
  • チャット

ピン留め操作で消すアイコンボタン

タスクバーの設定で、管理されていないアイコンボタンは、直接ピン留めの操作で非表示にします。  目的のアイコンボタンを右クリックした、メニューの「タスクバーにピン留めを外す」をクリックすると、アイコンボタンは消えます。
スタートメニューのすべてのアプリを表示  ピン留め操作で消す、タスクバーの既定アイコンボタン
  • エクスプローラー
  • Microsoft Edge
  • Microsoft store

タスクバーから消したアイコンボタンを再度表示させる

スタートメニューの「すべてのアプリ」をクリックします。
スタートメニューのすべてのアプリを表示  アプリの一覧から、目的のアイコンを右クリックしたメニューの、「詳細」にマウスポインターを合わせ「タスクバーにピン留めする」をクリックすれば、タスクバーにアイコンボタンが表示できます。
目的のアイコンを右クリックしてタスクバーに表示させる 
Point
「タスクバーにピン留めする」操作を覚えておくと、よく使うアプリなど自由にタスクバーにアイコンボタンを表示させ、素早く起動することができます。
必要がなくなったら「タスクバーにピン留めを外す」で、アイコンボタン消します。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト