パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 のタスクバーで利用できなくなった設定と機能

公開日

Windows11 のタスクバーではボタンのサイズ、グループ化の無効、移動、右クリックメニューの廃止など、利用できなくなった機能や設定があり、カスタマイズの自由度も低くなっています。  このぺーじでは、Windows11 で利用できなくなった、タスクバーの主な設定や機能を紹介しています。


Windows11 のタスクバーで無効になった機能とできなくなったこと

Windows11 のタスクバーで、利用できなくなったものが多くあります。Windows10 でタスクバーをカスタマイズして利用していた場合は、使い勝手や不便なことも多いので、アップグレードする前に確認しておきましょう。

タスクバーの右クリックのメニュー機能が無効

タスクバーを右クリックして、検索などの表示設定やタスクマネージャーの起動などができる、右クリックメニューの機能が無くなりました。  Windows11 ではタスクバーの右クリックで表示されるものは、「タスクバーの設定」ボタンのみです。
Windows11 タスクバーを右クリックした時の状態

タスクバーを縦や上に移動できない

Windows11では、タスクバーを左は右の端に縦表示、または上に表示することがドラッグ操作や設定で、できなくなりました。
Windows11 タスクバーの移動ができない

タスクバーのアイコンボタンのサイズの変更が設定できない

Windows11では、タスクバーのアイコンボタンのサイズを変更することが、できなくなっています。  Windows11 アイコンボタンのサイズを小さくできない

タスクバーのボタンの結合を無効に設定できない

Windows11では、アプリを開いた数だけボタンを表示することができません。同じアプリのウインドを複数ひらいても、常にボタンの表示はひとつで結合されます。  Windows11 タスクバーのボタンの結合設定ができない

タスクバーのボタンにファイルを移動して合わせても開けない

Windows11では、タスクバーのアプリのボタンにファイルをマウスでドラッグして、ファイルを開く機能が無くなりました。  Windows11 タスクバーにボタンのドラッグしても開けない

タスクバーのロック設定が無効

Windows 11では、タスクバーの表示をロックする設定がありません。タスクバーのボタンアイコンの操作ミスなどで、ボタンの位置が変更されないようにsることが無効になっています。
スポンサーリンク
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト