パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows11 タスクバーを上に表示する方法

公開日

Windows11 は、タスクバーの位置の変更ができない仕様になっているので、従来の方法では表示場所の変更はできませんが、レジストリの編集でタスクバーを上に表示することが可能です。  このページでは、タスクバーを画面トップに表示する方法を紹介しています。
タスクバーのボタンアイコンを、従来のように左詰めに表示する方法は、下記の別ページをご覧ください。
Windows11 タスクバーとスタートメニューの表示を左端にする

スポンサーリンク

Windows11 のタスクバーを上に表示する

タスクバーの位置の変更は、レジストリの編集を操作後にエクスプローラーの再起動で反映させます。

タスクバーの表示位置をレジストリで操作

レジストリエディターを開く
  • キーボードの「Windows」と「R」押します。
  • 「ファイル名を指定して実行」が開いたら、テキストボックスに「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックします。
Windows11 レジストリエディタを開く
「ファイル名を指定して実行」はスタートからも開けます。
Windows11 スタートからファイル名を指定実行
  表示位置のレジストリ キーを開く
HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥Explorer¥StuckRects3
レジストリエディタの、キー名の「〉」アイコンをクリックして展開していきます。
  • HKEY_CURRENT_USER
  • Software
  • Microsoft
  • Windows
  • CurrentVersion
  • Explorer
と順に展開していき「StuckRects3」をクリックします。
タスクバーの位置変更のレジストリキー
タスクバーの位置の変更は、「StuckRects3」にある「Settings」を編集します。

レジストリでタスクバーの位置を変更

編集を誤ると修正が困難なデータなので、レジストリの修正の前に「StuckRects3」の「Setting」の、バックアップを作成しておいてください。
レジストリの編集を誤ると Windows11 が正常に動作しないことががあります。
操作に自信がなければ、編集前にバックアップを作成してからレジストリの操作を行ってださい。
windows11 レジストリのバックアップと復元のやり方
タスクバーを上に表示する
ここは、修正箇所が分からなくなったり誤りを防ぐためにも、連続で操作するようにしてください。 
  • Settings」右クリックして「修正」をクリックすると、編集画面が表示されます。
    タスクバーの位置変更の編集画面を開く 
  • 下記説明図と同じ場所の、「03」の前をクリックします。
    タスクバーの位置変更の値を修正 
  • マウスカーソルが表示されたら、キーボードの「Delete」キーを押して削除します。
    タスクバーの位置の値を削除 
  • 引き続き、キーボードで「01」と入力します。
    タスクバーの位置変更の値を変更 
  • 「01」になっていることを確認して、「OK」をクリックして編集は完了です。
    タスクバーの位置変更の値の修正完了
  • 次は、次項のエクスプローラーの再起動で、変更を反映します。
Tips:タスクバーの表示位置の値
Setting 値の修正で、以下の数字に変更することで、タスクバーの位置が変更できます。
  • 03 下に表示
  • 01 上に表示
  • 00 左に縦表示
  • 02 右端に縦表示
タスクバーを縦表示にできますが、環境によりタスクバーが正常に表示されず、タスクバーの操作ができなくなる場合があるので、非推奨です。
もし、縦にしてしまいタスクバー操作ができなくなった場合は、キーボードの「Windows」と「R」を押し「regedit」の実行で、レジストリを修正します。

タスクバーの位置の変更を反映

タスクバーの位置の変更を反映するために、エクスプローラーを再起動します。  タスクマネージャーを開く
スタートボタンを右クリックして、「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャーを開く
下図のように「簡易表示」になっている場合は、「詳細」をクリックします。
タスクマネージャーを開く  エクスプローラーの再起動
「プロセス」の「エクスプローラー」を探して、右クリックしたメニューの「再起動」をクリックします。
タスクマネージャーでエクスプローラーを再起動  タスクバーの上表示の完成
タスクバーを上に表示させる操作の完了
タスクバーを、デフォルトの下に戻す場合は、レジストリキー「Setting」の修正で「03」にします。
Tips
Windows11 は「タスクバーの固定化」以外にも、ボタンのサイズ、ボタン結合の無効化、右クリックメニューの廃止など、利用できなくなったものがあります。
Windows11 のタスクバーで利用できなくなった設定と機能
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト