パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows11 上書きインストールで現状を全て保持して修復

公開日

Windows11 の調子が悪く PC の状態を全て保持したまま再インストールするなら、アプリやデータを全て引継ことができる、上書きインストールで修復することができます。  上書きインストールは、Windows11 のISOファイルをダウンロードして、ファイル内の Setup を実行するだけの簡単な操作でできます。  このぺーじでは、Windows11 のアプリやデータを全て引継ぐ、上書きインストールのやり方を紹介しています。
アプリなどを削除して、Windows11 の初期化機能で修復する方法は、下記のページをご覧ください。
Windows11 初期化機能「このPCをリセット」の利用方法

目次
スポンサーリンク

アプリやデータを全て保持したまま Windows11 を上書き再インストール


上書き再インストールは、アプリやデータを全て保持し、現状のPCの状況のまま、再インストールすることができます。 

Windows11 が正常に起動している状態

パソコンが不調で修復もできないなど、簡単でよい方法なのですが、上書きインストールは Windows11 が正常に起動した状態でないと実行できません。
※ セーフモードの起動、インストールメディアの起動からは実行することができません。 

Windows11 のバージョンに関する注意

現在使用している Windows11 が最新バージョンでない場合は、ダウンロードする ISOファイルは常に最新バージョンなので、バージョンアップデートと同じ状況での、上書きインストールになります。上書きインストール後は最新バージョンに更新されます。  現在使用しているバージョンより Windows11 のISOファイルが古いバージョンなら、上書きインストールはできません。また、パソコンの環境や状況によっては、上書きインストールが失敗することもあります。

Windows11 上書きインストールのやり方



Windows11 のISOファイルの準備


Windows11 ダウンロードページの「Windows 11 ディスク イメージ (ISO) をダウンロードする」選択ボックスをクリックし「Windows11」選択して、「ダウンロード」をクリックします。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11
Windows11 のIOSファイルのダウンロードを選択  「製品の言語の選択」が表示されるので、「1 つ選択」をクリックして言語選択して、「確認」をクリックします。
Windows11 のIOSファイルの言語を選択  「ダウンロード」が表示されるので、「64-bit ダウンロード」をクリックすればダウンロードができます。 Windows11 のIOSファイルのダウンロードを実行

上書きインストールの実行


上書きインストールの前に!
パソコンに接続されているキーボードとマウス以外で、上書きインストールに必要としない周辺機器は、上書きインストールの失敗の要因になる可能性があるので、接続を外しておくようにしてください。

1. Windows11 のインストールファイルの実行


上書きインストールは、ISOファイルから行うことができます。インストールメディアでも実行は可能なので、2つの方法を紹介しています。 
ISOファイルで上書きインストールを実行

  • ISOファイルをダブルクリックします。
  • ダブルクリックすると、Windows11 の仮想DVDが作成されファイルの中身が開きます。
  • ファイルが表示されたら「Setup」をダブルクリックして実行します。
ISOファイルで上書きインストール
インストールメディアで上書きインストールを実行

  • USBメモリなど、インストールメディアのデバイスをパソコンに接続します。
  • エクスプローラーで、インストールメディアのデバイスを右クリックして、メニューの「開く」クリックします。
  • ファイルが表示されたら「Setup」をダブルクリックして実行します。
インストールメディアで上書きインストール
■ ここからは、インストールメディア、ISOファイルどちらも同じ操作です。  「ユーザーアカウント制御」警告が表示されたら「はい」をクリックします。 ユーザーアカウント制御の警告の確認  準備中の表示の後に、
「Windows セットアップでの更新プログラムのダウンロード方法の変更」をクリックします。 Windows11 の上書きインストールの更新に関する設定  「更新プログラム、ドライバー、オプション機能の入手」が表示されたら、
修復する目的なので「今は実行しない」を選択し、「次へ」をクリックします。
上書きインストールで他の更新をしない  「PCをチェックしています」の表示の後に、
「ライセンス条項」が表示されるので「同意する」をクリックします。
ライセンス条項、同意するをクリック  「インストールに必要な作業を確認しています」と表示されたら、そのまま待ちます。
インストールに必要な作業の確認 

2. 上書きインストールの設定


Point!
上書きインストールの確認をするため、この時点では、まだ「インストール」をクリックしないでください。

  • 「個人用ファイルとアプリを引継ぐ」が表示されていて、チェックマークが付いている事を確認します。
  • 「個人用ファイルとアプリを引継ぐ」が表示されていない場合は、「引き継ぐものを変更」をクリックします。
個人用ファイルとアプリを引継ぎの確認
「引き継ぐものを変更」をクリックした場合
個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」をクリックし選択して「次へ」をクリックします。
個人用ファイルとアプリを引き継ぐを選択
必要な作業の確認画面が表示されるので、そのまま待ちます。
「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」と表示されていることをが確認できたら、「インストール」をクリックします。
上書きインストールの開始 

3. 上書きインストールの開始


「Windows 11 をインストールしています」と表示されるので、環境により時間がかかる事もありますが、そのまま待ちます。
上書きインストールの最終準備
上書き再インストールのキャンセル
「インストールしています」の画面では、最終の準備段階です。キャンセルはこの画面が終了するとできなくなります。

最終の準備が終了すると、「間もなくPCが再起動されます」とメッセージが表示され、暫くすると再起動します。
上書きインストールの最終準備の終了  再起動後、起動画面の後に「更新プログラムを構成しています」と表示されるので、そのまま待ちます。
  • パソコンの環境によって、かなり時間がかかる場合もあります。
  • インストールの進行状況や、メッセージが表示され、
  • 数回自動で再起動する場合もあります。
  • 画面で止まっているように感じても、明らかに問題がある以外は「強制終了」しないでください。
上書きインストールのプログラムの構成 上書き再インストールが問題なく進めば、サインイン画面が表示されるのでログインします。
上書きインストール後のサインイン 

4. 上書き再インストールの完了


  • 「これには数分かかる場合があります。」と表示され、別のメッセージが表示された後に、「もう少しで完了です」と表示さるので暫くそのまま待ちます。
  • 環境により自動で再起動する場合もあります。また、なかなか進まないからと言って、強制終了するようなことはやめてください。
  • ホーム画面が表示されれば、上書き再インストールの完了です。
上書き再インストールの完了

上書き再インストール後の備考


  • Windows11 の設定やカスタイマイズしているものを確認して、初期値に戻っている場合ば再設定します。 
  • 上書きインストールを実行すると、Windows11 インストール日は、上書き再インストールを実行した日付に変更されます。
    インストール日の確認は、設定を開き「システム」にある「バージョン情報」で確認できます。
    上書き再インストール後の日付の確認 
  • 上書きインストールをすると「Windows.old」という、名前のフォルダーが作成されます。これは、バージョンアップデートで作成されるのものと同じです。
    上書き再インストールで作成された Windows.old
    このフォルダーは、上書きインストール前のパソコンのデータを保存(バックアップ)しています。この「Windows.old」フォルダーは時間が経てば、自動で削除されます。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト