パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 スリープがすぐに解除される時に確認する設定

公開日

Windows11 でスリープしてもすぐに解除され復帰する場合は「ネットワークアダプタのスタンバ解除」と「電源オプションのスリープ解除タイマー」の設定を確認して、有効なら無効化することでスリープが勝手に解除される問題が解決する場合があります。  このページでは、スリープがすぐに復帰する時の対処法を紹介しています。 スリープの設定方法は、下記のページで詳しく説明しています。
Windows11 スリープの設定ができる3つの場所と設定方法


スリープしてもすぐに解除され復帰する時の対処法


スリープしてもすぐに解除され復帰される場合は、ネットワークアダプタのスタンバイ状態の解除と、電源オプションのスリープ解除タイマーの設定を確認して無効化することで解決できる場合があります。

ネットワークアダプタの電源管理の設定でスリープ解除を無効化する


ネットワークアダプタのスタンバイ解除が有効化されていると、ネットワークの信号によってはスリープが解除されるので無効化する。スリープが再起動のようにすぐ復帰するならこの原因が考えられます。
ネットワークアダプタの電源管理の、スタンバイ(スリープ)解除の設定は通常では無効になっていますが、更新プログラムなどでドライバーがアップデートされた場合など有効になる場合があります。 1.「スタート」ボタンを右クリックしたメニューの「デバイスマネージャー」をクリックします。
Windows11 デバイスマネージャーを開く  2. デバイスマネージャーの「ネットワークアダプタ」の「〉」アイコンをクリックして展開します。
Windows11 デバイスマネージャーのネットワークアダプタを展開する  3. 使用している「ネットワークアダプタ名」をダブルクリックしてプロパティを開きます。
Windows11 デバイスマネージャーのネットワークアダプタのプロパティを開く
ネットワークアダプタが有線や無線を複数ある場合は、全てのネットワークアダプタに対して繰り返し、次の「スタンバイ解除の無効化」の設定を行います。

スタンバイ解除の無効化の設定

4. ネットワークアダプタのプロパティが表示されたら「電源の管理」タブをクリックします。
Windows11 ネットワークアダプタのプロパティの電源の管理を開く  5. 「このデバイスで、コンピューターのスタンパイ状態を解除できるようにする」をクリックして選択を解除します。
Windows11 ネットワークアダプタのスタンパイ状態の解除設定を無効化  6.「スタンパイ状態の解除」が選択されて居ない状態で「OK」をクリックして完了です。
Windows11 ネットワークアダプタのスタンパイ状態の解除設定の無効化の完了
ポイント:
上述「3.」でも説明していますが、有線のみの接続やWi-Fiでしか接続しないと決めていない場合や、よくわからないなら全てのネットワークアダプタの「スタンバイ解除」の設定確認してください。
スポンサーリンク

電源オプションの設定でスリープ解除タイマーを無効にする

「スリープ解除タイマー」とは、Windows のシステムやアプリなどがスリープ中でも更新やデータの最適化などができる機能です。この機能によりスリープが勝手に解除され復帰することがあります。  1. コントロールパネルを開く
スタートメニューから スタートメニューから起動する方法は、「すべてのアプリ」をクリックして、一覧の「Windows ツール」をクリックするとエクスプローラーが開き、「コントロールパネル」をクリックします。
Windows11 スタートメニューからコントロールパネルを開く  検索から
  • キーボードの「Windows」キーを押した後に、「control」と押します。
  • 検索画面が表示されたら、「コントロールパネル」をクリックします。
※この操作は、検索で「control」と入力する操作と同じです。
Windows11 検索からコントロールパネルを起動  2.「システムとセキュリティ」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルのシステムとセキュリティを開く  3.「電源オプション」にある「コンビューターがスリープ状になる時問を変更」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルの電源オプションの時間設定を開く  4. スリープの設定画面の「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルの電源の詳細な電源オプションを開く  5.「電源オプション」が表示されたら「スリープ」の「+」をクリックして展開します。
Windows11 電源オプションのスリープの項目を展開する  6.「スリープ解除タイマーの許可」の「+」をクリックします。
Windows11 電源オプションのスリープ解除タイマーの許可設定を展開する  7.「設定」をクリックすると選択ボックスが表示されるので、ボックスをクリックし「無効」をクリックします。
Windows11 スリープ解除タイマーの許可設定を無効にする  8. スリープ解除タイマーの許可の選択ボックスが「無効」になっていることを確認して「OK」をクリックすれば完了です。
Windows11 スリープ解除タイマーの許可の無効化完了
ネットワークアダプタのスタンバイ状態の解除の無効化と、電源オプションのスリープ解除タイマーの無効化の設定が完了してもスリープがすぐに解除されるようなら、パソコンを再起動してスリープがすぐに復帰しないか確認します。  このページの設定でスリープ解除の問題が解決しない場合は、下記のページを参考にしてください。
Windows11 スリープトラブル勝手に起動する問題への対処
スポンサーリンク
筆者 監修 Yukiko Mishima
著者/ Yukio Mishima
主に企業や組織のPCサポートとシステム構築のPCエンジニアリング。現場で経験した問題解決や設定など紹介しています。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト