パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 スリープの設定ができる3つの場所と設定方法

最終更新日

Windows11 スリープの設定は、Windows 設定,コントロールパネル,電源オプションの3つの場所で設定ができます。また、ノートパソコンのカバーを閉じた時のスリープの設定は、コントロールパネルから可能です。  このページでは、Windows11 のスリープに関する設定方法を紹介しています。


Windows11 スリープの設定


Windows11 のスリープは、通常「設定」から行いますが、他にもコントロールパネルなどでも設定できます。

Windows の設定でスリープを設定


1.「スタート」ボタンをクリックして、スタートの「設定」をクリックします。
Windows11 スタートから設定アプリを開く  2.「システム」の項目の「電源」クリックします。
Windows11 設定、システムの電源を開く  3.「電源」が表示されたら「電源とスリープ」をクリックします。
Windows11 設定、電源とスリープを開く  4.「…デバイスをスリープ状態にする」の選択ボックスをクリックして、スリープする時間を設定します。
Windows11 設定、スリープする時間を設定 ノートパソコンなどのバッテリー搭載 PC では、バッテリー使用時のスリープする時間が表示されるので設定します。 これで、Windows の設定がらの、スリープの設定は完了です。
スリープの設定にある「…画面の電源を切る」時間の、詳しい内容や設定方法は下記のページで紹介しています。
Windows11 画面の電源を切る使用停止時間の設定方法
スポンサーリンク

コントロールパネルでスリープを設定


1. コントロールパネルを開く
スタートメニューから スタートメニューから起動する方法は、「すべてのアプリ」をクリックして、一覧の「Windows ツール」をクリックするとエクスプローラーが開き、「コントロールパネル」をクリックします。
Windows11 スタートメニューからコントロールパネルを開く  検索から
  • キーボードの「Windows」キーを押した後に、「control」と押します。
  • 検索画面が表示されたら、「コントロールパネル」をクリックします。
※この操作は、検索で「control」と入力する操作と同じです。
Windows11 検索からコントロールパネルを起動  2.「システムとセキュリティ」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルのシステムとセキュリティを開く  3.「電源オプション」にある「コンビューターがスリープ状になる時問を変更」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルの電源オプションの時間設定を開く  4.「コンピューターをスリープ状態にする」の選択ボックスをクリックして、スリープする時間を設定して、「変更の保存」をクリックします。
Windows11 設定、スリープする時間を設定 ノートパソコンなどのバッテリー搭載 PC では、バッテリー駆動時にスリープする時間の設定が表示されるので個別に設定します。
Windows11 設定、バッテリー駆動でスリープする時間を設定

電源オプションでスリープを設定


電源オプションからのスリープする時間を設定する特徴は、分刻みでの設定が可能です。  1. コントロールパネルのスリープの設定画面の「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルの電源の詳細な電源オプションを開く  2. [+]クリックしツリーを展開します。「電源オプション」が表示されたら「スリープ」→「次の時問が経過後スリープする」と展開して「設定」をクリックします。
Windows11 電源オプションでスリープを選択  3. 「▲▼」ボタンをクリックしてスリープする時間を分刻みで設定して、「OK」をクリックします。
Windows11 電源オプションでスリープする時間を選択

ノートパソコンでカバーを閉じた時のスリープの設定


ノートパソコンでカバーを閉じた時のスリープの設定は、コントロールパネルの「電源ボタンの動作の変更」で設定します。 1. コントロールパネルを開く
スタートメニューから スタートメニューから起動する方法は、「すべてのアプリ」をクリックして、一覧の「Windows ツール」をクリックするとエクスプローラーが開き、「コントロールパネル」をクリックします。
Windows11 スタートメニューからコントロールパネルを開く  検索から
  • キーボードの「Windows」キーを押した後に、「control」と押します。
  • 検索画面が表示されたら、「コントロールパネル」をクリックします。
※この操作は、検索で「control」と入力する操作と同じです。
Windows11 検索からコントロールパネルを起動  2.「システムとセキュリティ」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルのシステムとセキュリティを開く  3.「電源オプション」にある「電源ボタンの動作の変更」をクリックします。
Windows11 コントロールパネルの電源オプションの電源ボタンの動作の変更を開く  4.「カバーを閉じた時の動作」の選択ボックスをクリックして、「スリープ」や「何もしない」など選択します。完了したら「変更の保存」をクリックします。
Windows11 ノートパソコンのカバーの動作時のスリープの設定

カバーを閉じた時のスリープなどの設定

  • 何もしない:カバーを閉じても画面の電源を切らずスリープもしない。ただし、設定している時間になるとスリープします。
  • スリープ:カバーを閉じたら直ぐにスリープ状態になります。
  • 休止状態:カバーを閉じたら直ぐに休止状態になります。休止状態の説明は下記をみてください。
  • シャットダウン:カバーを閉じたら自動でシャットダウンが実行されます。

PCのスリープと休止の違い

■ スリープとは
スリープは、PCの電源は切れていない状態で低消費電力状態になります。 スリープでは、画面とハードウェアの一部はオフになりますが、メモリーは電力供給されているので、開いているアプリや作業中のデータは保たれままで、スリープから復帰すれば引き続き使用できます。  
■ 休止状態とは
休止状態は、パソコンの電源が完全に切れませんが、基本的に電源がオフになる状態なので、休止前にメモリーのデータをディスクドライブに保存します。 休止状態に入ると、ディスクドライブに保存されたメモリーのデータを復元できるように、一部のメモリは電力供給を保持しています。休止状態から復帰した場合、以前の状態を復元するためスリープモードより復帰時間が遅くなります。

その他スリープの設定と問題の対処法


スリープ復帰時のパスワードの有無

スリープから復帰した時に、サインイン画面を表示してパスワードの入力を要求するか、直ぐにデスクトップ(ホーム)画面を表示するかの設定ができます。詳しくは下記のページをご覧ください。
Windows11 スリープ復帰時のパスワード入力を解除する方法 

スリープの復帰ができない

スリープから復帰できない場合は、電源管理のリセットや電源のトラブルシューティング、改善しない場合はシステムファイルチェッカーを実行。復帰できない時の緊急対応は強制終了します。
Windows11 スリープの復帰ができない時の設定と対処法 

スリープが勝手に解除され復帰する

スリープしても勝手に解除され復帰される場合は、ネットワークアダプタのスタンバイ状態の解除と、電源オプションのスリープ解除タイマーの設定を確認して無効化することで解決できる場合があります。
Windows11 スリープが勝手に解除される時に確認する設定  無効化の設定で改善できない場合は、イベントビューア Windows のシステムログで問題を特定し、それに対応する方法で対処します。
Windows11 スリープトラブル勝手に起動する問題への対処
スポンサーリンク
筆者 監修 Yukiko Mishima
著者/ Yukio Mishima
主に企業や組織のPCサポートとシステム構築のPCエンジニアリング。現場で経験した問題解決や設定など紹介しています。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト