パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Edge のIEモードで登録サイトを日数制限なしで自動で開く

Writing
最新更新日

Microsoft Edge ブラウザの設定の IEモードは、登録したサイトは最大30日しか継続してIEモードで開くことしかできません。  IEモード開く特定のサイトデータの作成とレジストリの編集で、日数制限なしで登録したサイトを常に自動で IEモードで開く事ができます。また、IEモードで上部に表示されるメッセージも非表示になります。   このぺーじでは Microsoft Edge で、日数制限なしで登録したサイトを常に自動で、IEモードで開く方法を紹介しています。


Microsoft Edge 特定のサイトを日数制限なしで常に自動でIEモードで開く設定方法



IEモードで開く特定のサイトの登録データを作成


特定の(サイト/URL)ドメインを常にIEモードで開くように、IEモード用のサイト/URLのデータファイルを作成します。

IEモードの登録データの説明

最初に作成するデータの内容をみてから、データの作成をしてください。 
IEモードで開くサイトの登録データ入力例
<site-list version="20220129.0">
<site url="pasoble.jp"><open-in>IE11</open-in></site>
<site url="google.com”><open-in>IE11</open-in></site>
</site-list>
データの更新(version)の数字
<site-list version="20220129.0">
サイトを追加したらり、削除してデータを更新した場合は、「version」の数字を増やします。  例では日付を使用し、一日何回か更新しても問題ないように「.0」設けていいます。
一日に三回更新した場合は「20220129.3」と数字を足していきます。
IEモードで開くサイトを追加する
下記の部分を増やす事で、サイトを追加することができます。
<site url="ドメインやホスト名"><open-in>IE11</open-in></site>
  • サイト(ドメイン名)の登録は、単に「google.com」と登録すると、news.google.com など、ニュースや gMail など全てIEモードで開きます。
  • ニュースのみ IEモードで開く場合は、「news.google.com」と登録します。 
■サイトの追加や削除をした場合は、「version」を今より大きい数字に変更します。

IEモードで開くサイトデータの作成

ここでは、Windows 標準搭載のメモ帳で、IEモードのサイトデータを作成する方法で説明しています。  1. メモ帳を開き、IEモードのサイトデータを入力します。
Microsoft Edge IEモードで開くサイトデータをメモ帳に入力  2. データの入力が終われば、「ファイル」をクリックしたメニューの、「名前を付けて保存」をクリックします。
Microsoft Edge IEモードで開くサイトデータの保存準備  3.「ファイルの種類」の選択ボックスをクリックして、「すべてのファイル」を選択します。
Microsoft Edge IEモードで開くサイトデータの拡張子の選択  4. ここでは、保存先フォルダは「ドキュメント(Documents)」、名前は「ieMode.xml」にしています。
Microsoft Edge IEモードで開くサイトデータの保存準備
保存先や、データのファイル名について
  • 保存先は、ユーザーが利用できる権限のある場所なら何処でもOKです。
  • ファイル名は、半角英数字なら好きな名前でOKです。但し、ファイル名の最後の拡張子は、「.xml」でなければ動作しません。
また、今回紹介した保存先は、ユーザーのドキュメントフォルダで、名前は ieMode.xml なので、後でレジストリに登録する場所は以下のようになります。
file:///C:/user/ユーザー名/Documents/ieMode.xml

IEモードのレジストリの編集


ここでは、Windows11 のレジストリエディターで紹介していますが、見た目が少し違うだけで Windows10 も全く同じです。 

レジストリを開く


レジストリの展開は、レジストリキ-の「〉」アイコンをクリックします。
Point
ここでは、現在利用しているユーザーのみ適用するレジストリ「HKEY_CURRENT_USER」で説明していますが、全てのユーザーに適用させる場合は、「HKEY_CURRENT_USER」を「HKEY_LOCAL_MACHINE」に置き換えて操作を進めてください。

IEモードを有効化


  • HKEY_CURRENT_USER
  • 〉SOFTWARE
  • 〉Policies
  • 〉Microsoft
と、順に展開していき「Edge」キーが無いか確認します。
レジストリのポリシーに Edgeキーがあるか確認   1. Edge キ-が無ければ、先に作成します。
1-1.「Microsoft キー」を右クリックしたメニューの、「新規」にマウスポインターを合わせてサブメニューの「キー」をクリックします。
レジストリのポリシーに新規にキーを作成  1-2.「新しいキー #1」が作成されるので、名前を「Edge」に変更します。
レジストリのポリシーに新規にキーをEdgeに変更  2. IEモードを有効にする値を作成する
2-1. 作成した「Edge」キーを右クリックしたメニューの、「新規」にマウスポインターを合わせてサブメニューの「DWORD32(32ビット)値」をクリックします。
作成したレジストリのEdgeキーに値を作成  2-2.「新しい値 #1」が作成されるので、名前を「InternetExplorerIntegrationLevel」に変更します。
作成したEdgeキーの値の名前を変更  2-3. 作成した値「InternetExplorerIntegrationLevel」をダブルクリックして、値の編集を開きます。
作成したEdgeキーの値を変更  2-4. 値の編集が表示されたら、ボックスの数字を「1」に変更して「OK」をクリックします。
作成したEdgeキーの値を1に変更して完了  これで、IEモードを有効化のレジストリの編集は終わりです。次にデータの場所を指定します。

サイト登録データの場所を指定

上記で作成した、Edge キーに、更に値を作成します。  1.「Edge」キーを右クリックしたメニューの、「新規」にマウスポインターを合わせてサブメニューの「文字列値」をクリックします。
Edgeキーに文字列値を作成  2.「新しい値 #1」が作成されるので、名前を「InternetExplorerIntegrationSiteList」に変更します。
Edgeキーに作成した文字列値の名前を変更  3. 作成した値「InternetExplorerIntegrationLevel」をダブルクリックして、文字列の編集を開きます。
作成したInternetExplorerIntegrationSiteListキーの文字列を変更  4. ここに入力する文字列は、上述で作成した「サイトを登録したファイル」の場所とファイル名(パス)です。
例:file:///C:/user/ユーザー名/Documents/ieMode.xml
作成したサイト登録データの場所を指定して完了  これで、IEモードで自動で開くサイトリストデータの、レジストリへの登録は完了です。IEモードの実行確認に進んでください。

IEモードの実行確認と備考

Edge ブラウザが実行中なら全てのウインドを閉じて、Edge を再起動します。 
  • IEモードのサイト登録データたサイトは、自動でIEモードで開く事ができます。但し、最初は結構反映が遅れて、直ぐにIEモードで開かない場合が多くあります。 
  • サイト登録データやレジストリの編集に誤りが無ければ、再度 Edge を再起動して、目的のサイトを開いてIEモードになっているか確認します。なかなか反映されない場合は、PCの再起動をしてみます。 
IEモードになっていれば、アドレスボックスの左端に「インターネットエクスプローラー」のアイコンが表示されます。
IEモードならインターネットエクスプローラーのアイコンが表示される 

IEモードのオプション設定

IEモードの設定は、Internet Explorer で利用していた、インターネットオプションから設定します。Edgeの設定にはないIE専用の設定ができます。 
Windows10 のIEモードのオプション設定
Windows10 の場合は、Internet Explorer 11 がまだ利用できるので、IE11のインターネットオプションの設定が、IEモードで開いたときに適用されます。
Windows10 Edge IEモードの設定と利用方法 
Windows11 のIEモードのオプション設定
Windows11 の場合は、基本的に Internet Explorer 11 が削除されているので、コントロールパネルからインターネットオプションを開き、IEモードで開いたときに適用されます。
Windows11 IEモードのインターネットオプションの設定 

「Internet Explorer モードになっています」の表示は非表示になる

レジストリの編集で、自動でIEモードで開くサイトには、煩わしい上部に表示されるメッセージが非表示になるので、作業効率がよくなります。
IEモードの上部のメッセージ 

Edge のIEモード設定の登録サイトの30日の日数制限は無し

Edge ブラウザでのIEモードの設定で、自動でIEモードにするサイト登録は、最大で30日間のみ有効で再度登録する必要があります。IEモードをレジストリで設定すれば制限はなくなります。
ブラウザでの自動IEモードの設定は最大で30日間のみ有効  インターネットエクスプローラーにしか対応していない、業務用のWebシステムやウエブサイトを、レジストリの編集でサイト登録すれば作業効率が上がります。
また、現段階では IEモードのサポートも長く、少なくとも 2029年までサポートされると報告されています。
ライフサイクルに関する FAQ - Internet Explorer および Microsoft Edge
Edge の関連ページ
一時的にIEモードで開く方法は下記のページをご覧ください。
その他の関連
Edge でパスワードが記憶できない問題を修復する
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を開始それに伴いPCサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら