パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 自動起動のレジストリの場所と起動設定

公開日

Windows11 の自動起動のレジストリは、全ユーザーとユーザー固有の別々の場所で管理されています。レジストリキ-名は「Run」で同じです。どちらとも、レジストリの値を削除することで自動起動を停止、値を追加することでアプリなどを自動起動させることができます。  このぺーじでは、自動起動のレジストリの場所と自動起動の設定方法を紹介しています。
スターアップの設定で自動起動するアプリの設定方法は、下記のページをご覧ください。
Windows11 スタートアップの設定で自動起動するアプリの停止/起動

スポンサーリンク

自動起動のレジストリの場所


レジストリの自動起動は、全てのユーザーとユーザー固有があり別の場所で登録されいるので、自動起動の停止ならそれぞれチェックする必要があります。
レジストリエディターの開きかた
  • キーボードの「Windows」と「R」押します。
  • 「ファイル名を指定して実行」が開いたら、テキストボックスに「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックします。
Windows11 レジストリエディタを開く
「ファイル名を指定して実行」はスタートからも開けます。
Windows11 スタートからファイル名を指定実行
 

「全ユーザー」の自動起動のレジストリ

全てのユーザーの自動起動のレジストリの場所を開く

レジストリキ-の展開は、「〉」アイコンをクリックします
  • HKEY_LOCAL_MACHINE
  • 〉SOFTWARE
  • 〉Microsoft
  • 〉Windows
  • 〉CurrentVersion
と、順に展開していき Runが、全てのユーザーの自動起動のレジストリキーです。
Windows11 全てのユーザーの自動起動レジストリ 
アドレスボックスで展開する
下記の場所をアドレスボックスに貼付けて、キーボードの「Enter」を押します。
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥Run
Windows11 全ユーザーの自動起動のレジストリキーをアドレスボックスから開く

「ユーザー固有」の自動起動のレジストリ

ユーザー固有の自動起動のレジストリの場所を開く

レジストリキ-の展開は、「〉」アイコンをクリックします
  • HKEY_CURRENT_USER
  • 〉SOFTWARE
  • 〉Microsoft
  • 〉Windows
  • 〉CurrentVersion
と、順に展開していき Runが、ユーザー固有の自動起動のレジストリキーです。
Windows11 ユーザー固有の自動起動レジストリ 
アドレスボックスで展開する
下記の場所をアドレスボックスに貼付けて、キーボードの「Enter」を押します。
HKEY_CURRENT_USER¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥Run
Windows11 ユーザー固有の自動起動のレジストリキーをアドレスボックスから開く

自動起動のレジストリの起動設定


自動起動のレジストリは全ユーザーとユーザー固有がありますが、自動起動の設定方法は同じです。また、誤操作による問題が出た時のために、レジストリキ-「Run」の、バックアップを作成しておきましょう。
windows11 レジストリのバックアップと復元のやり方

レジストリに登録している自動起動を停止する

自動起動の停止は、レジストリの Run キー内に登録している値を削除します。  目的のアプリを右クリックしたメニューの、「削除」をクリックします。
Windows11 レジストリに登録されている自動起動を停止  値の削除の確認が表示されるので、間違いがなければ「はい」をクリックします。
Windows11 レジストリの自動起動の値の削除による停止の確認  これで、自動起動を停止するレジストリの操作は完了です。次回のサインインまたは起動で、削除した値のアプリなどは、自動起動されなくなります。

レジストリに登録して自動起動させる

自動起動の登録は、レジストリの Run キー内に値を追加します。ユーザー固有のレジストリに登録すると、他のユーザーでは自動起動はしません。
ここでは、例として「Google Chrome ブラウザ」をサインイン後に、自動起動させる方法で説明しています。
1.「Run」を右クリックしたメニューの「新規」にポインタを合わせて、サブメニューの「文字列値」をクリックします。
Windows11 自動起動のレジストリキーに文字列値を追加  2.「新しい値」が追加されるので、好きな名前(英数字)に変更します。ここでは「Chrome」としています。
Windows11 自動起動のレジストリキーに値の名前を変更  3. 変更した名前の値をダブルクリックして、文字列の編集を開きます。
Windows11 自動起動のレジストリの値の編集を開く  4. 「値のデータ」に自動起動させる、実行ファイルのパス(場所)を入力します。
「値のデータ」の、パスの入力には十分気をつけて行ってください。
  • パス(場所)が間違っていないことを確認して入力してください。
  • パスの最初と最後に、半角のダブルクォーテーション「"」の入力を忘れないでください。

パスが間違っていたり入力形式にミスがあると、サインイン後に自動起動しません。最悪 Windows11に問題が発生する可能性もあります。
Windows11 自動起動のレジストリーの値に起動ファイルのパスを入力

自動起動させる実行ファイルのパスを調べる


パス(場所)の簡単な確認方法は、ショートカットアイコンを右クリックしたメニューの「プロパティ」をクリックします。
Windows11 自動起動させるアプリのプロパティを開く  プロパティのタブ「ショートカット」の「リンク先」で、パスの確認ができます。
C:¥Program Files¥Google¥Chrome¥Application¥chrome.exe」が、Chrome の実行ファイルのパスです。
Windows11 自動起動させるアプリのパスを確認
5. 値のデータ「パス」の入力に間違いがないことを確認して「OK」をクリックします。
Windows11 自動起動のレジストリの値の登録完了  これで、レジストリに登録して自動起動させる操作は完了です。次回のサインインまたは起動で、追加した値のアプリなどが自動起動します。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報
スポンサーリンク
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト