パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 11 スタートアップの設定で自動起動アプリを停止

公開日

Windows11 の起動時に自動で起動するアプリを停止する場所は、アプリの設定またはタスクマネージャーのスターアップにあり、アプリ毎にスタートアップの設定を、無効またはオフにすることで自動起動を停止できます。  このぺーじでは、起動時に自動起動するスターアップ アプリの停止方法を紹介しています。
スターアップの設定で自動起動するアプリが見つからない場合は、レジストリのスターアップに登録されている可能性があります。詳しくは下記のページをご覧ください。
Windows11 自動起動のレジストリの場所と設定

スポンサーリンク

スタートアップの設定で自動起動するアプリの停止/起動


スタートアップは、ログイン後に自動起動するアプリを管理しています。

アプリの設定からスタートアップの停止/起動の設定


アプリのスタートアップの設定を開く

「スタート」ボタンをクリックして、スタートの「設定」をクリックします。
スタートから設定アプリを開く  「アプリ」をクリックすると、アプリの設定画面が表示されます。
アプリのスタートアップの設定を開く  「スタートアップ」をクリックします。
Windows11 設定のアプリのスタートアップを開く 

自動起動するスタートアップ アプリの停止

スターアップの一覧にある、アプリ名のスイッチボタンをクリックすることで操作します。  アプリ名のスイッチボタンをクリックして、「オフ」にすることで選択したアプリの自動起動を停止し、スタートアップを無効化できます。
Windows11 スタートアップ アプリのの自動起動の停止完了 

自動起動するスタートアップ アプリの起動

スターアップの設定で、目的のアプリのスイッチボタンを「オン」にすれば、起動サインイン後に自動起動します  ■スタートアップの自動起動の停止/起動の設定は、次回の起動サインイン後に反映されます。

タスクマネージャーからスタートアップの停止/起動の設定


タスクマネージャーのスタートアップの設定を開く

スタートボタンを右クリックしたメニューの、「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャーを開く
タスクマネージャーが、簡易表示になっている場合は「詳細」をクリックします。
タスクマネージャーを詳細表示に変更   タスクマネージャーが表示されたら、「スターアップ」タブをクリックします。
Windows11 タスクマネージャーのスターアップ設定を表示 

タスクマネージャーでスタートアップ アプリの停止

「状態」の表示が「無効」になっていれば、スターアップ アプリの自動起動は停止しています。  スターアップを停止するアプリのクリックして、選択状態します。
Windows11 タスクマネージャーでスターアップを停止するアプリを選択  「無効にする」ボタンがアクティブになるのでクリックすれば、アプリの自動起動を停止し、スタートアップを無効化できます。
Windows11 タスクマネージャーでアプリのスターアップを無効  「無効にする」をクリックすると、「状態」の表示が「無効」になり、「無効にする」ボタンが「有効にする」に変わります。
Windows11 タスクマネージャーでアプリのスターアップの自動起動の停止完了

タスクマネージャーでスタートアップ アプリの起動

スターアップの自動起動を有効化する場合は、無効になっているアプリを選択して「有効にする」をクリックすれば、起動サインイン後に自動起動します。  ■スタートアップの自動起動の停止/起動の設定は、次回の起動サインイン後に反映されます。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報
スポンサーリンク
問題や設定など Windows11 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows11 サポートコンテンツのリスト