PCサポート  


Windows10 のロック画面は見た目は以前スクリーンセーバーと似ていますが異なるの機能なので、ロック画面とスクリーンセーバーの設定は個々に行う必要があります。
また、ロック画面とスリープ(パソコンの休止状態)もおなじものではありません。

スクリーンセーバーなら、マウスカーソルを動せばデスクトップまたはサインイン画面を表示できますが、
ロック画面はサインインする前に表示される画面で、サインインするにはロック画面をクリックする必要があります。

  • ロック画面はサインイン前に表示されるもの
  • スクリーンセーバーはデスクトップに表示されるもの

Tips:
もともとスクリーンセーバーの役割は、ディスプレイに長時間おなじ画面を表示していると、画面の焼き付けが起こるの防止するためです。 今のディスプレイではその問題もなく、そのうちスクリーンセーバーの設定もなくなることでしょう。

このカテゴリでは、ロック画面とスクリーンセーバー、スリープに関する設定や問題の対処方を紹介しています。




ロック画面とスクリーンセーバーに関する設定


ロック画面の画像の変更やスライドショーに設定する方法

Windows10 のロック画面は、背景を好きな画像に変更、背景をスライドショーにする、自動で画像をダウンロードして表示してくれる Windows スポットライト に変更することができます。このページではロック画面の変更方法を紹介しています。

ロック画面になるまでの時間や無効/有効化などの設定

Windows10 のロック画面になるまでの待ち時間は、スクリーンセーバーの設定から操作することができます。他にも、ロック画面の有効/無効、スクリーンセーバーの有効/無効、どちらも無効にして常にデスクトップを表示させることもできます。

ロック画面を無効にして、すばやくサインイン

Windows10 ではサインインの前にロック画面が表示されるため、1ステップ余分に操作が必要になります。ロック画面を無効にして素早くサインイン画面を表示する方法は、Home/Pro 板ともレジストリの編集で無効にすることができます。

ロック画面がフリーズしたときの対処方法

Windows10 でロック画面がフリーズして先に進めないときは、キーボード操作や再起動、自動修復から対処できることがあります。ロック画面がフリーズした場合は、さまざまな原因が考えられるので簡単な対処法から順に紹介していきます。

スクリーンセーバーの設定

Windows 10 に移行した後にスクリーンセーバーの設定ができない、設定の場所が分からない。 Windows 10 でも「ロック画面」の設定から、スクリーンセーバーを使うことができます。

マウスやキーボードでサスペンドから復帰できない

Windows 10 のサスペンドからの復帰を、マウスまたはキーボードの操作で解除できない解決方法。 マウスやキーボードがUSB、ワイヤレスも含めて接続されいる場合、機種によっては初期設定でサスペンドの解除ができません。

ログイン画面の設定

Windows 10 のサインイン画面を変更する方法、サインイン画面の背景を写真にする、単色にする設定方法は、ロック画面の設定から、サインイン画面の変更が可能です。


スリープに関する設定


スリープの設定と使い方

Windows 10 のスリープの設定は、「電源とスリープ」及び「電源オプション」から操作します。スリープの設定に、パソコンがスリープするまでの時間や、スリープからの復帰時にパスワードを要求する、スリープ機能を無効にするなど、様々な設定ができます。スリープとは、設定した時間内にマウスなどのパソコンの操作がない場合、開いているアプリやファイルをメモリ上に保存し、電源の供給を止め節電する機能です。

スリープの復帰が勝手に実行される原因

Windows 10 でスリープが勝手に復帰するのを防ぐには、通常なら「電源オプション」の「スリープ解除タイマー」の設定すれば解決します。他にも自動で実行するタスクのスケージュールや自動更新や自動メンテナンスが原因な場合もあります。

スリープでマウスやキーボードが反応しない

Windows10 がスリープ状態から復帰の際に、キーボードのキーを押しても、マウスを動かしても反応がないときの解決の方法は、スリープ状態でも「USB接続機器」の電源供給ができるように設定を変更します。